メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

受け取った郵便物の処理を秘書や部下に任せるのと同じように、自分の代わりに他のユーザーが電子メール メッセージや会議出席依頼を受信して返信を送信できるようにする委任と呼ばれる機能があります。 また、Outlookメールボックス内のアイテムの読み取り、作成、変更に対する追加のアクセス許可を委任に付与することもできます。

注: 代理人アクセスは、Microsoft 365 または Exchange Online で職場または学校アカウントを使用している場合にのみ使用できます。

代理人アクセスについて

委任アクセスは、フォルダーへのアクセスを共有するだけではありません。 代理人には、メール メッセージの作成や会議出席依頼への返信など、追加のアクセス許可が付与されます。 

アクセス許可を付与するユーザーとして、代理人が予定表またはメール フォルダーに対して持つアクセスのレベルを決定します。 フォルダー内のアイテムを読み取る権限、またはアイテムの読み取り、作成、変更、削除を行う権限を代理人に付与できます。

代理人は、代わりに会議出席依頼に応答することもできます。または、送信をアクセス許可として付与する必要がある場合は、IT 管理者に連絡して要求できます。 [Send as permissions]\(アクセス許可として送信\) は、組織の管理者のみが設定できます。 管理者の場合は、「別の Microsoft 365 ユーザーにメールボックスのアクセス許可を付与する - 管理者ヘルプ」を参照してください。

代理人のアクセス権のレベルとは

デリゲートのアクセス許可は、次の方法で設定できます。

  • レビュー担当者: このアクセス許可を使用すると、代理人はフォルダー内のアイテムを読み取ることができます。

  • 作成者: このアクセス許可を使用すると、デリゲートはアイテムの読み取りと作成を行い、作成したアイテムを変更および削除できます。 たとえば、代理人は 、メール フォルダーまたは予定表 フォルダーに直接会議出席依頼を作成し、代わりにアイテムを送信できます。

  • エディター: このアクセス許可を使用すると、代理人は Author に対するアクセス許可を持つすべての操作を実行できます。また、作成したアイテムを変更および削除することもできます。

代理人がアクセス許可のないアクションを実行しようとすると、そのタスクを実行できないことを知らせるエラー メッセージが表示されます。

関連記事

Outlook で編集または委任のアクセス許可を持つ予定表を共有してアクセスする

フォルダーまたはメールボックスを共有するときに、メッセージの送信を許可する

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×