詳細図面を対象ユーザーに表示する

1人のユーザーに対して表示したいサイズの大きな図面がある場合はVisio、次のようにして、簡単に読み取り可能なサイズで詳細を強調する機能を使用することで、このような操作を行うことができます。

  • 図面を拡大または縮小することができます。

  • 1つの領域から別の領域にすばやく簡単にパンできます。

Visio では、キーボードショートカットまたは表示されているオンスクリーンツールを使って、パンとズームを行うことができます。 この80秒のデモをご覧ください。

お知らせで大きなインパクトを与える

お試しください    ダイアグラムをVisioで開いた状態で、[>作業ウィンドウ>パン & ズームを使って始める] を選択します。

ヒント: プレゼンテーション中に画面に図面の領域を広げるには、Ctrl キーを押しながら F1 キーを押してツールバーリボンを折りたたみます。

別のオプション: 一連のページを "スライドショー" として表示する

[Visio でのプレゼンテーションモード Visio ウィンドウの下部にあるステータスバーの [プレゼンテーションモード] ボタン。 を使うと、複数ページの図面を全画面表示で表示できます。このビューでは、ツールバーやその他の余分な要素はウィンドウ内に表示されません。

  • スライドショーのように、一度に1つずつ図面のページを参照できます。

  • 右クリックメニューでは、特定のページに簡単に移動することもできます。

プレゼンテーションモードのズームイン機能は非常に限定されているため、対象ユーザーが図面の詳細を表示している場合に適しています。 

お試しください    図面を Visioで開いた状態で、F5 キーを押して [プレゼンテーションモード] に切り替えます。 右方向キーまたは左方向キーを押して、図面のページ間を前後に移動します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×