条件付き書式は、色、フォント、およびスタイルを使用して、定義した条件を満たすメッセージをメッセージ一覧で目立たせる手段です。 送信者の名前や電子メール アドレスなど、受信メッセージが満たす必要がある条件を指定すると、条件を満たすメッセージだけに条件付き書式が適用されます。

たとえば、条件付きルールでは、上司から送信されたすべてのメッセージがメッセージ一覧に赤いテキストで表示されるよう指定できます。

メール メッセージの既定のフォントまたはテキストの色を変更して、メール メッセージの本文をさらに変更できます。

注:  Microsoft Outlook 2007 では、メール メッセージのテキストの条件付き書式ルールの作成に、[整理] 機能を使用していました。 Microsoft Outlook 2010 以降では、テキストの条件付き書式には [ビューの詳細設定] ダイアログ ボックスからアクセスするようになりました。

条件付き書式ルールを作成する

  1. [表示] タブの [現在のビュー] で [ビューの設定] を選択します。

    表示設定

  2. [ビューの詳細設定] ダイアログ ボックスで、[条件付き書式] を選択します。

    詳細表示設定

一連の既定のルールが表示されます。 [未開封メッセージ] ルールが表示されます。 このルールを使用すると、未読メッセージがメッセージ一覧で太字で表示されます。 また、以前のバージョンの Outlook を使用して[整理] ウィンドウで作成した条件付き書式ルールがすべて表示されます。

  1. 次のいずれかの操作を実行します。

    • ルールを削除するには、ルールを選択し、[削除] を選択 します

    • ルールを一時的に無効にするには、そのルールのチェック ボックスをオフにします。

    • ルールの条件を変更するには、ルールを選択し、[条件] を選択 します

    • テキストの書式設定を変更するには、ルールを選択し、[フォント] を選択 します

    • 新しい条件付き書式ルールを追加するには、[追加]を選択し、[名前] ボックスに名前を入力し、[フォント] を選択して書式を指定し、[条件] を選択してこのルールの条件を指定します。

条件付き書式ルールの例

Outlook 2010 で作成できる条件付き書式ルールの例を次に示します。

前のセクションの手順 1、2 を実行後、次の操作を行います。

すべてのメッセージを作成する John Kane 赤で表示する

  1. [追加] を選択します。

  2. ルールの名前を入力します。

  3. [フォント] を選びます。

  4. [色 ] で[赤] を 選択します

  5. [OK] を選択します。

  6. [条件 ] を選択します

  7. [From]ボックスに「John Kane」と入力します

注:  名前は、受信したメッセージに表示されている完全な名前と完全に一致する必要があります。

  1. [フィルター ]、[条件付き書式]、および[ビューの詳細設定] ダイアログ ボックスで、[OK] を選択します

単語を含むすべてのメッセージを作成する Contoso が緑色で表示される

  1. [追加] を選択します。

  2. ルールの名前を入力します。

  3. [フォント] を選びます。

  4. [色 ] で[緑] を 選択します

  5. [OK] を選択します。

  6. [条件 ] を選択します

  7. [単語 の検索] ボックスに、「Contoso」入力します

  8. [フィルター ]、[条件付き書式]、および[ビューの詳細設定] ダイアログ ボックスで、[OK] を選択します

単語を含むすべてのメッセージを作成する 休日 件名またはメッセージ本文に青で表示される

  1. [追加] を選択します。

  2. ルールの名前を入力します。

  3. [フォント] を選びます。

  4. [色 ] で[青] を 選択します

  5. [OK] を選択します。

  6. [条件 ] を選択します

  7. [単語 の検索] ボックスに「holiday」入力します

  8. [フィルター ]、[条件付き書式]、および[ビューの詳細設定] ダイアログ ボックスで、[OK] を選択します

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×