配列定数を配列数式の中で使う

配列数式を入力する場合、ほとんどの場合、ワークシート内のセル範囲を使用しますが、指定する必要はありません。 配列定数は、中かっこ ({}) 内に数式バーで入力した値を使用することもできます。 これにより、 定数に名前 を指定して簡単に使用できるようになります。

定数は、配列数式の中でも単独でも使うことができます。

  1. 配列数式で、左中かっこ、必要な値、右中かっこを入力します。 例: = SUM (A1: E1 * {1, 2, 3, 4, 5})

    定数は中かっこ ({)} の中にありますが、実際には、その中かっこを手動で入力する必要があります。

  2. 数式の残りの部分を入力し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。

    数式は {= SUM (A1: E1 * {1, 2, 3, 4, 5})}となり、結果は次のようになります。


    SUM 数式の中に入れ子にした配列

    この数式は、A1 x 1 と B1 を2で乗算したもので、1、2、3、4、5をワークシートのセルに入力する必要はありません。

定数を使用して列に値を入力する

列 C の3つのセルなど、1つの列に値を入力するには、次の操作を行います。

  1. 使用するセルをすべて選択します。

  2. 等号と定数を入力します。 定数の値をカンマではなくセミコロンで区切ります。テキストを入力する場合は二重引用符で囲みます。 例: = {"Quarter 1"; "Quarter2";"第3四半期

  3. Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。 定数は次のようになります。

    テキストを使う垂直配列定数

    専門用語では、これは 1 次元の垂直 定数です。

定数を使用して行に値を入力する

セル F1、G1、H1 などの1つの行に値をすばやく入力するには、次の操作を行います。

  1. 使用するセルをすべて選択します。

  2. 等号と定数を入力しますが、今回はセミコロンではなくコンマで値を区切ります。 例: = {1, 2, 3, 4, 5}

  3. Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。定数は次のようになります。

    1 次元水平配列定数

    専門用語では、これは 1 次元の水平 定数です。

定数を使用して複数の列と行に値を入力する

  1. 目的のセルを選択します。

    選択する行と列の数が定数の値の数と一致していることを確認してください。 たとえば、定数で4列と3行にデータを書き込む場合は、その数の列と行を選択します。

  2. 等号と定数を入力します。 この場合は、各行の値をコンマで区切り、各行の末尾にセミコロンを使用します。 例えば:

    ={1,2,3,4;5,6,7,8;9,10,11,12}

  3. Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押し、次の操作を行います。

    2 次元配列定数

    専門用語では、これは列と行に入力されるため、 2 次元 定数になります。 ご参考までに、3次元定数を作成することはできません。つまり、定数を別の定数の内側にネストすることはできません。

数式で定数を使用する

配列定数について理解したので、次の操作を行います。

  • 空のセルで、この数式を入力するか (またはコピーして貼り付け)、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。

    =SUM(A1:E1*{1,2,3,4,5}) を使用した場合と同じ結果が表示されます。

    セル A3 に値 85 が表示されます。

    メモ A1 の値を1に、セル B2 の値を2で乗算します。その後、SUM 関数によって結果が追加されました。 また、 = SUM (A1 * 1、B1 * 2、C1 * 3、D1 * 4、E1 * 5)として数式を入力することもできます。

必要に応じて、両方の値セットを配列定数として入力できます。

=SUM({3,4,5,6,7}*{1,2,3,4,5})

この操作を行うには、数式をコピーして、空白のセルを選び、数式を数式バーに貼り付けて、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。 同じ結果が表示されます。

注: 定数が機能しない場合は、次の問題を探してください。

  • 値が適切な文字で区切られていることを確認してください。 カンマまたはセミコロンを省略した場合、または正しく配置されていない場合は、配列定数が正しく表示されないか、警告メッセージが表示されることがあります。

  • 選択したセルの範囲と、定数の要素の数が一致していない可能性があります。 たとえば、5つのセル定数で使用する6つのセルの列を選択すると、空のセルに #N/A エラーが表示されます。 十分なセルを選択しないと、対応するセルのない値は省略されます。

  • 配列数式の詳細については、以下をご覧ください。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×