障碍のある方に対する、SharePoint サイトのアクセシビリティを高める

障碍のある方に対する、SharePoint サイトのアクセシビリティを高める

このため、自分のチームが SharePoint 2016 を使用できるようになりました。 障碍のある方を含め、すべてのユーザーがサイトを作成して使用できるようにする必要がある場合。

新しい SharePoint のサイトをカスタマイズするタイルが表示されているスクリーンショット

その場合、SharePoint 2016 をお勧めします。 色のコントラストを適切に変更し、代替テキストを追加するなど、多くのアクセシビリティ チェックリストに掲載されているようなすべての項目を簡単に設定できます。 また、SharePoint は、既定の設定でも、マウスなしでサイトを使用できるように徹底的にテストされています。 キーボードのみで、任意の SharePoint ページに移動し、任意のボタンやコマンドを使用できます。

この記事では、コラボレーションやドキュメント ライブラリなどの通常の作業に SharePoint を使用するユーザーを対象にしています。 特殊なスキルを持った方向けではなく、コンピューターに関する一般的な知識を持った方向けの記事です。

アクセシビリティの高い SharePoint サイトを作成するには では、始めましょう。

目的に合ったトピックをクリックしてください

最初の手順 - 新しいサイトを作成する

タイトル、説明、ロゴを指定してサイトのブランドを設定する

アクセシビリティの高いテーマを使用してサイトの外観を改善する

アクセシビリティの高い組み込みテーマを使用する

独自の色の組み合わせをカスタマイズする

選択内容のアクセシビリティを確認する

次のステップ

最初の手順 - 新しいサイトを作成する

サイトを作成するには、次の手順を実行します。

  1. ページの上部にあるナビゲーション バーで、[サイト] をクリックします。

  2. [サイト] ページで、[新しいサイト] をクリックします。

SharePoint Online の [サイト] ページの [新しいサイト] ボタン

  1. [新しいサイトの作成] ダイアログ ボックスで、サイトの名前を入力して [作成] をクリックします。

    ヒント: 

    • [サイト] を初めてクリックしたときに、個人用サイトをセットアップしているときに、いくつかのサイトのセットアップ画面と手順が表示されます。 次の手順に進む前に、しばらく待ってから [サイト] をもう一度クリックしなければならない場合があります。

    • サイトのセットアップ方法によっては、サイトを管理し、コンテンツのセキュリティ保護方法を指定することができる別のユーザーを指定する必要があります。

サイトは管理者が事前に定義した場所に作成され、フォローしているサイト一覧に表示されます。 サイトは、他のサイトからアクセス許可やナビゲーション設定を継承することはありません。 サイトを作成したら、ドキュメントと画像の追加、サイトの他のユーザーとの共有、外観の変更、全ユーザー向けのアクセシビリティ対応を行うことができます。

タイトル、説明、ロゴを指定してサイトのブランドを設定する

SharePoint サイトを作成するときの最初の手順の 1 つは、タイトル、説明、ロゴを指定することです。 ロゴに使用する画像の代替テキストを追加することになるので、これはアクセシビリティを高めるための第一歩です。 代替テキストは、Web サイトのアクセシビリティを高めるためにできる最も重要なことの 1 つです。 スクリーン リーダーなどの支援テクノロジでは、画面を見ることができないユーザー向けに代替テキストが読み上げられます。

ロゴ画像をアクセシビリティ対応にするには、画像の説明を設定します。 SharePoint では、説明を使用して HTML の代替テキストが作成されます。

  1. [設定] Office 365 の [設定] ボタン 、[サイトの設定] の順にクリックします。

  2. [外観] で、[タイトル、説明、ロゴ] を選びます。

  3. タイトルと説明を入力します。

SharePoint Online の新しいサイトのタイトルのダイアログ ボックス

  1. ロゴ画像ファイルの場所を入力し、説明を作成します。

    SharePoint Online の新しい [サイトのタイトルとロゴ] ダイアログ ボックスに、ロゴ画像の代替テキストの作成方法が表示されている

  2. [OK] をクリックします。

    サイトのホーム ページに戻ると、結果が表示されます。

アクセシビリティの高いテーマを使用してサイトの外観を改善する

アクセシビリティに向かう次の手順は、色とコントラストです。 アクセシビリティのために色とコントラストは重要です。 黄斑変性症を持つ方など、視覚に障碍を持つユーザーが画面の内容を見えるようにするには、一定のコントラストが必要です。 また、色覚障碍を持つユーザーは特定の色を区別できないことがあるため、色の選択にも注意する必要があります。 たとえば、赤と緑の色覚障碍を持つユーザーは、赤と緑が同じ色に見えます。

この対応手順を簡単にするために、SharePoint には、すぐに使える複数のテーマが用意されています。 テーマとは、色の選択、ページ レイアウト、フォントなどのコレクションです。

アクセシビリティの高い組み込みテーマを使用する

  1. 新しく作成したサイトで、[使用するスタイル] をクリックします。

SharePoint Online で新しく作成されたサイト - 表示されているタイルをクリックするとさらにサイトをカスタマイズできる

  1. [外観の変更] ページで、使用できるテンプレート一覧を確認します。

SharePoint Online のページにサイト テンプレートの画像が表示されている

  1. 完全にアクセシビリティ対応で、色とコントラストがテストされたテーマを選ぶには、[Office] テーマを選びます。
    Officeテーマを選択した場合は、色をテストする必要はありません。 別のテーマを使う場合は、アクセシビリティの高い色の組み合わせを作成する方法について、次のセクションの「独自の色の組み合わせをカスタマイズする」を参照してください。

  2. 選んだテーマが次のテーマに表示されます。 詳細を確認するには、[プレビュー] をクリックします。 別のテーマを選ぶには、[最初からやり直す] をクリックします。

独自の色の組み合わせをカスタマイズする

別のテーマを使う場合、アクセシビリティの高い別の色の組み合わせを選ぶことができます。 アクセシビリティが高いことをテストする必要がありますが、テスト ツールは簡単に使用できます。

テーマを選んだ後に色をカスタマイズするには、テーマを表示するページで [] メニューを確認します。

  1. [色] ボックスの下矢印をクリックすると、組み込みのオプションが表示されます。

新しい SharePoint サイトの色選択メニューのスクリーン ショット

  1. いずれかを選び、[プレビュー] をクリックすると、選んだ色で画像が表示されます。

  2. 気に入ったら、[はい、確定します] をクリックします。 変更する場合は、[いいえ、まだ完成ではありません] をクリックして戻ります。

選択内容のアクセシビリティを確認する

選択内容のアクセシビリティが高いことを確認する必要があります。 コントラストを確認するには、次の信頼できる Web サイトに掲載された無料ツールを使用することをお勧めします。 ここでは、使用できる選択肢をいくつか紹介します。

次の手順

アクセシビリティに関するその他のリソースについては、「Get ready - Build an accessible SharePoint site」を参照してください

新しいサイトへの追加の詳細については、「SharePoint Online サイトにアクセスビリティの高いコンテンツとリンクを追加する」を参照してください

Microsoft SharePoint の新しい操作環境では、さまざまな能力を持つユーザーを含む、すべてのユーザーが使用できるサイトを簡単に作成およびビルドすることができます。

SharePoint モダンなエクスペリエンスを利用すると、最適な色のコントラストを選択したり、代替テキストを追加したり、さまざまなアクセシビリティチェックリストのすべての項目を追加したりすることが簡単になります。 マウスを使わずに、またはナレーターのスクリーンリーダーを使用して、 SharePoint ボックスを使います。 SharePoint ページの間を移動し、キーボードのみを使用して任意のボタンまたはコマンドを使用します。

この記事は、コラボレーションやドキュメント ライブラリの整理などの通常の作業に SharePoint を使用するユーザーを対象にしています。 管理者ガイドではないので、特別なスキルは必要ありません。

目的に合ったトピックをクリックしてください

新しいサイトを作成する

サイトを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Microsoft 365 にサインインします。

  2. 使用可能なアプリケーションのリストから SharePoint を選択します。

  3. サイトのページで、[サイトの作成] をクリックします。

    SharePoint の [サイトの作成] ボタンを示すスクリーンショット

  4. [サイトの作成] ウィンドウで、[チーム サイト] または [コミュニケーション サイト] のいずれかを使用します。

  5. サイト名とサイトの説明を入力します。 (通信サイトを作成している場合は、手順9に進んでください)。

  6. サイトのプライバシー設定を選択し、[次へ] をクリックします。

  7. サイトに所有者を追加するには、[その他の所有者の追加] ボックスに所有者の名前またはメール アドレスを入力します。

  8. サイトにメンバーを追加するには、[メンバーの追加] ボックスに所有者の名前またはメール アドレスを入力します。

  9. [完了] をクリックします。

ヒント: 

  • SharePoint では、そのサイト名が既に使用されているかどうかを確認します。 既に使用されている場合は、[利用できません] というメッセージが表示されます。

  • サイトの設定によっては、2 番目のサイト管理者が識別される必要があります。 また、コンテンツのセキュリティ レベルを指定する必要もあります。

  • 代替テキストは、SharePoint サイトをアクセシビリティ対応にする上で最も重要なツールの 1 つです。 明確に記述された代替テキストは、画像やグラフィックスの詳細な説明を、ナレーターやその他のスクリーン リーダーのような支援技術に提供します。 視覚に障碍があるユーザーは、視覚の代わりにスクリーン リーダーを使用して SharePoint サイトとやり取りします。

サイトは管理者が事前に定義した場所に作成され、フォローしているサイト一覧に表示されます。 サイトは、他のサイトからアクセス許可やナビゲーション設定を継承することはありません。 サイトを作成したら、ドキュメントと画像の追加、サイトの他のユーザーとの共有、外観の変更、全ユーザー向けのアクセシビリティ対応を行うことができます。

ロゴでサイトをブランド化する

チーム サイトでは、サイトに関連付けられている Microsoft 365 グループと同じロゴが使用されます。 SharePoint グループに接続されたチームサイトのロゴを変更すると、対応する Microsoft 365 グループのロゴも変更されます。

  1. サイトに移動します。

  2. 右上隅の [設定] を選択します。

  3. [サイトの情報] を選択します。

    SharePoint の [サイトの情報] メニュー オプション示すスクリーン​​ショット

  4. サイトのロゴで、[変更] を選択します。

    サイトのロゴを変更するための SharePoint ダイアログ ボックスを示すスクリーン ショット

  5. 新しいロゴを選択し、[開く] をクリックして、[保存] を選択します。

アクセシビリティ対応の外観を選択する

アクセシビリティ機能にとって色とコントラストは重要です。 黄斑変性などの視覚障碍を持つユーザーは、ハイ コントラスト設定で画面を表示する必要があります。 SharePoint には外観のコレクションが付属しています。 SharePoint サイトをアクセシビリティ対応にするには、ハイコントラストの外観を選択します。

  1. サイトで、[設定] をクリックし、[外観の変更] をクリックします。

    SharePoint の [外観の変更] メニュー オプション示すスクリーン​​ショット

  2. 希望する外観を選択し、[保存] を選択します。表示されている外観が気に入らず、元の設定に戻したい場合は、[キャンセル] を選択します。

    サイトの外観を変更するための SharePoint の色のオプションを示すスクリーンショット

注: [外観の変更] が [設定] メニューに表示されない場合は、このオプションを管理する権限がない可能性があります。 詳細については、「SharePoint のアクセス許可レベルについて」を参照するか、管理者に問い合わせてください。

次のステップ

アクセシビリティに関するその他のリソースについては、Office 365 でのアクセシビリティに関するページを参照してください。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×