電子メールを [標準]、[個人用]、[親展]、[社外秘] としてマークする

メッセージの [感度] レベルを設定すると、メッセージを送信するときに受信者が意図を知る助けになります。

ただし、[感度] レベルでは、受信者がメッセージに対してアクションを実行できないわけではありません。 メールを受信したユーザーは、他のユーザーに機密メッセージを転送するなどの、必要なメッセージに対して任意のアクションを実行できます。 受信者が送信するメッセージに対して実行できる操作を制限するには、組織内で使用できる場合は、Office 365 Message Encryption または Information Rights Management (IRM) を使用することをお勧めします。

注: [感度] レベルは、[感度] ラベルとは異なります。 感度ラベルは、Microsoft 365のセキュリティ ポリシーに準拠するために、電子メールまたはファイルにラベルを適用できる一般的な機能です。 感度ラベルの詳細については、「ファイルとメールに感度ラベルを適用する」を参照Office。 

メッセージの感度レベルを設定する

  1. 下書きのメール メッセージで、[ファイル]をクリックし、[ プロパティ> クリックします

  2. [設定]の [秘密度] ボックスの一覧で、[標準]、[個人]、[プライベート]、または [機密] を選択します
    既定値は Normal です

  3. [閉じる]を選択します。 メッセージの作成が完了したら、[送信] を選択します

[秘密度] のオプション

受信者には、[感度] 設定に応じて 情報バー メッセージの一覧に次のテキスト が表示 されます。

  • [標準] の場合、メッセージに秘密度レベルは割り当てられません。 このため、情報バーにはテキストが表示されません。

  • [ プライベート]の場合、受信者はInfoBar でこれをプライベートとして 扱う必要があります。

  • [ 個人用]の場合、受信者はInfoBar でこれを個人用として扱う必要があります。

  • [Confidential]の場合、受信者はInfoBarでこれを Confidential として扱う必要があります。

    [社外秘] としてマークされたメール

注: [非公開] の感度レベルのメッセージは、受信者の受信トレイ ルールによって転送またはリダイレクトされません。 

すべての新しいメッセージの既定の感度レベルを設定する

  1. [ファイル]、[オプション]、[メール] の順にクリックします。

  2. [メッセージの送信] で、[既定の秘密度レベル] の一覧で [標準]、[個人]、[プライベート]、または[機密] を選択します。

IRM を使用してメッセージへのアクセス許可を制限する

送信するメッセージで受信者が実行できる操作を制限するには、Information Rights Management (IRM) を使用する必要があります。 メール メッセージに制限を適用するには、システム管理者が IRM をインストールする必要があります。 [オプション] タブに [アクセス許可]ボタンが表示されていない場合は、IRM が設定されていない可能性があります。

重要: IRM で保護されたメールは、2013 RT Outlookして表示できます。 ただし、メールを送信できない。 使用している Office のバージョンを確認する場合は、こちらを参照してください。

メール メッセージで、[オプション] タブの [アクセス許可] を選択 します。

[オプション] タブの [権限] をクリックします

Outlook [転送しない]アクセス許可を設定し (印刷も妨げる)、メッセージの上部に次のテキストを追加します。

[転送不可] メッセージが電子メールに追加されます。

重要: IRM では、悪意のあるプログラムやコンピューター ウイルスによるコンテンツの消去、盗難、破損、またはキャプチャおよび転送を防止することはできません。 また、ユーザーが手書きでコンテンツを書き出したり、再入力したり、メッセージのデジタル写真やスクリーン キャプチャを撮影したりするのも止めかねない。

ヒント: 

  • Outlookには、その他のさまざまなアクセス許可設定があります。 一覧を表示するには、[アクセス許可] ボタンの下にある下向き矢印 を選択 します。

  • [オプション] タブの [権限] 設定

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×