電話回線を代理人と共有する

電話回線を代理人と共有する

Teams では、自分の代理として通話を受発信する代理人を選択できます。 代理人を追加するということは、自分の電話回線を代理人と共有することと等しく、代理人は自分のすべての通話を表示したり共有したりできるようになります。

代理人を追加する

  1. アプリの上部にあるプロフィール画像に移動し、[設定]、[一般] の順にクリックします。

    プロファイル画像のメニュー
  2. [委任] の下で、[代理人を管理] を選択します。

    全般設定

    注: 委任のためのオプションが設定に表示されない場合、エンタープライズ VoIP または Business Voice のライセンスがない可能性があります。 また、ライセンスに関する変更が有効になるまで、最大で 24 時間かかります。

  3. [代理人] をクリックし、[代理人を追加] ボックスにユーザーの名前を入力します。

  4. 代理人を追加すると、アクセス許可に関する設定が表示されます。 新しい代理人には、自分の代理として通話の受発信を行うことを許可できる他、自分の代理として通話と委任の設定を変更することも許可できます。 代理人に付与するアクセス許可を選択し、[保存] をクリックします。 

  5. 新しいステータスを伝えるための通知が代理人に届きます。

新しい代理人は、ユーザーの代理人一覧に表示されます。この一覧は、通話転送と同時呼び出しに関するオプションで、既定の選択元となります。

  • [設定]、[通話] の順に移動します。 [通話を転送] の下で、既定の [転送先] オプションとして [代理人] が表示されます。

  • もう一度、[設定]、[通話] の順に移動します。 [通話を自分に着信する] の下で、[同時呼び出し] メニューの選択肢として [代理人] が表示されます。

    注: 

    • 代理人は、ユーザーが通話中であることおよび通話相手を常に確認できます。

    • ユーザーが受発信した通話とユーザーのために受発信された通話はいずれも、ユーザーまたは代理人が保留または再開できます。

代理人として通話の発信と受信を行う

代理人として追加されたユーザーは、別のユーザーの代理として通話を受発信できます。

  1. 通話を行う相手との 1 対 1 のチャットに移動するかチャットを開始します。または、ダイヤル パッドで番号をダイヤルします。

  2. [通話] ボタン [通話] を選択します。

    代理人は、自分、Babak Shammas、Hilary Reyes、または Reta Taylor として電話をかけるユーザーを選択します。

注: 代理人は、ユーザーが発信する通話を表示でき、ユーザーの代理として通話を受信することができます。

代理人の通話に対する代理人のビュー

代理人として通話を保留にする

代理人は、通話を保留にすることもできます。 通話ウィンドウで [その他の操作] [その他のオプション] ボタン を選択し、[保留] を選択します。 保留されたことが通話のすべての参加者に通知され、代理人または代理人が代理するユーザーは、[再開] をクリックして通話を継続できます。

Tom からの通話が 12 秒間保留され、再開オプションが指定された通知

上司の通話と代理人の設定を変更する

代理人は、他のユーザーの代理として、通話と代理人に関する設定の表示と編集を行うことができます。 

  1. Teams の上部にあるプロフィール画像をクリックし、[設定]、[一般] の順に選択します。

  2. [委任] の下にある [代理人を管理] を選択します。

  3. [サポートするユーザー] をクリックします。 自分が代理を務めるユーザーの一覧が表示されます。 一覧内のいずれかの名前にカーソルを合わせ、[その他のオプション] [その他のオプション] ボタン をクリックすると、次の選択肢が表示されます:[アクセス許可の表示]、[代理人の変更]、[通話設定の変更]。

  4. 上司の代理人のアクセス許可を編集するには、[アクセス許可の表示] を選択します。上司の代理人を追加または削除する場合は、[代理人の変更] を選択します。代理人のために通話設定を調整するには、[通話設定の変更] を選択します。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×