Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。
高忠実度の音楽モードを使用して Teams で音楽を再生する

高忠実度の音楽モードで Teams で音楽エクスペリエンスを平準化します。 この設定では、Teams の会議または通話でリスナーに音楽を送信するときに、より充実したサウンド エクスペリエンスを作成できます。

この設定は、オンライン音楽レッスン、音楽パフォーマンスの送信、およびオンラインの視聴者に高品質の音楽を送信するその他の時間に適しています。

このモードでは、ネットワーク帯域幅で許可されている場合、Teams は 128 kbps で 32kHz のサンプリング レートをサポートします。 内部オーディオ処理は、高忠実度で音楽を再生するために最適化されています。 ネットワーク帯域幅が不十分な場合は、ビットレートを 48 kbps まで下げることが可能で、Teams は高品質のオーディオを生成します。

また、環境が専門的に管理されている場合は、エコーキャンセル、ノイズ抑制、ゲイン制御をオフにするオプションも用意されています。たとえば、高品質のヘッドフォンをオーディオ フィードバックなしで使用し、環境のバックグラウンド ノイズが低く、マイク入力が最適なレベルで管理されます。

この音楽モードを最大限に活用するには、Bluetooth デバイスを使用しないことをお勧めします。 代わりに、高品質の外部スピーカーまたはプロのマイクとヘッドセットを選択します。 Surface Bookなどのノート PC の高品質の組み込みマイクとスピーカーも、優れたサウンド エクスペリエンスを提供します。

注:  現在、Microsoft Teams のライブ イベント中は、音楽モードを使用できません。

高忠実度の音楽モードを有効にする方法

  1. 会議や通話に参加する前に、[ 設定] > [デバイス > 高忠実度の音楽モード] に移動し、トグルをオンに切り替えます。 既定で有効になっているエコー取り消し用のチェック ボックスが下に表示されます。

  2. 会議に参加したら、会議ウィンドウの上部にある音楽ノートを選択します。 これで、音楽を送信する準備が整いました。

  3. 完了したら、もう一度ミュージック ノートを選択して、忠実度の高い音楽モードを無効にします。

Microsoft Teams 会議の上部にある会議コントロールのスクリーンショット。 音楽ノート アイコンが赤で囲まれ、忠実度の高い音楽モードをオンにするボタンが強調表示されます。

この設定は、音声ではなく、音楽コンテンツの共有に最適です。 通常の通話や会議では、より多くの帯域幅を使用し、バックグラウンド ノイズも抑制されないため、高忠実度の音楽モードを有効にしないことをお勧めします。

重要: 

  • お客様は、Microsoft Teams サービスで音楽またはオーディオ ファイルを使用するために必要なすべての権利とアクセス許可を個別にクリアし、セキュリティで保護する責任があります。

  • これには、すべての関連する権利保有者から Teams で使用するオーディオの音楽、サウンド エフェクト、オーディオ、ブランド、名前、およびその他のコンテンツに関する知的財産権およびその他の権利が含まれる場合があります。

  • 権利保有者には、アーティスト、アクター、パフォーマー、音楽家、音楽ライター、作曲家、レコード ラベル、音楽パブリッシャー、ユニオン、ギルド、権利団体、共同管理組織、音楽著作権、サウンド エフェクト、オーディオ、その他の知的財産権を所有、管理、またはライセンス付与するその他の当事者が含まれる場合があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×