インターネット 予定表は、インターネット サイトに発行する予定表で、他のユーザーが表示したり購読したりすることができます。 インターネットカレンダーでは、iCalendar 形式と .ics ファイル名の拡張子が使用されます。

1 回限り静的な予定表 (予定表スナップショットと呼ばれる) をメール メッセージで共有できます。 または、iCalendar 形式で予定表をホストするように設計された特別な Web サーバーに予定表を発行することもできます。 後者の利点は、Outlook で予定表を変更すると、変更が Web サーバーに同期される点です。 これにより、インターネット予定表サブスクリプションを使用するユーザーは、最新の情報を自動的に表示できます。

ヒント: 新しい 予定表を追加するには、「追加の予定表を 作成する」を参照してください。

インターネット予定表を公開する理由

インターネットカレンダーを使用すると、予定表や空き時間情報を他のユーザーと共有できます。 たとえば、サッカー チームの練習スケジュールを公開できます。 各プレイヤーは、公開された予定表を購読し、予定表に対して行った更新を表示できます。 他のユーザーは、Web ブラウザー、アプリケーション、または別のアプリケーションでインターネット予定表Outlook表示することもできます。

インターネット予定表を発行する方法

他のユーザーとOutlook予定表を共有するには、Web 上のOutlook発行します。

Outlook.com で Outlook 予定表を共有するには、まず iCalendar (.ics ファイル) として保存し、Outlook.com にインポートして、それを見る必要があるユーザーと共有します。

Web 上の [Outlook] の [予定表と共有予定表] >移動します。公開する予定表と、他のユーザーに表示する詳細レベルを選択します。

: 公開済み予定表は、予定表へのリンクを持つすべてのユーザーが表示できます。

Outlook.com アカウントをお持ちではないでしょうか。 Outlook.com で作成する方法について学習します

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×