クラッシュが発生します。 電源が切れ。 また、保存せずに誤ってファイルを閉じる場合があります。

ドキュメント クロージャが既に発生しており、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウが表示された場合は、「Office ファイルの回復機能」を参照してください。

一方、アプリが突然動作を停止した場合に作業が失われたことを回避する方法がいくつかあります。

予期しない状況が発生した場合に作業を失うのを避けるために、OneDrive または SharePoint にファイルを 保存し、自動保存を使用して変更を継続的に保存します。

重要: 自動保存を使用していない場合、またはファイルが OneDrive または SharePoint に保存されていない場合、[保存] ボタンは引き続き親友です。 最新の作業が失われるのを確実にしない場合は、[ファイルの保存]ボタンの画像 (または Ctrl キーを押しながら S キーを押す) を頻繁に選択します。

追加の保護手段として、アプリで自動回復を設定できます。

  1. [保存] の [ ファイル> オプション] > 移動します

  2. [X 分間隔で自動回復用データを保存する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  3. [保存せずに閉 じる場合は 、最後に自動回復されたバージョンを保持する] チェック ボックスがオンにしてください。

  1. [保存] の [ ファイル> オプション] > 移動します

  2. [X 分間隔で自動回復用データを保存する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  3. [保存せずに閉 じる場合は 、最後に自動回復されたバージョンを保持する] チェック ボックスがオンにしてください。

    重要: 自動回復を設定した場合でも、[保存] ボタン は引 き続き親友です。 最新の作業が失われるのを確実にしない場合は、[ファイルの保存]ボタンの画像 (または Ctrl キーを押しながら S キーを押す) を頻繁に選択します。

ヒント

回復されたファイルに含まれる新しい情報の量は、復旧プログラムが復旧ファイルを保存Office頻度によって異なります。 たとえば、回復ファイルが 15 分ごとにしか保存されない場合、回復されたファイルには、電源障害や他の問題の発生前の最後の 14 分間の作業内容は含まれません。 念のため、[分ごと] ボックスに小さい数値 (5 や 10 など) を入力しておいてください。 そうすれば、5 分または 10 分以上の作業内容が失われることはありません。

一方、時間を少しOfficeする場合は、[分] ボックスに 20 のように大きい数値を入力してみてください。

詳細

自動回復では、ファイルよりも多くのデータが保存されます。 また、ワークスペースも保存されます (可能な場合)。 たとえば、複数のスプレッドシートをExcel電源が切れ出したとします。 新しいExcelすると、AutoRecover はスプレッドシートを再度開き、同じセルを選択して以前の方法でレイアウトします。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×