[ホーム] タブの一端にある[編集] グループの [選択] オプションを使用して、次の操作を行って、個々のオブジェクト PowerPoint。

[編集] グループで選ぶ
お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

52 秒

目的の オブジェクト クリックして選択します。 この操作で選択されない場合は、[ホーム] タブの [編集] で [選択] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

  • スライド上のすべてのオブジェクトとプレースホルダーを選択するには、[すべて選択] をクリックします。

  • 非表示、積み重ね、またはテキストの背後にあるオブジェクトを選択するには、[オブジェクトの選択] をクリックし、オブジェクトをクリックしてドラッグします。

  • オブジェクトの選択、複数選択、表示、非表示、順序の変更を行える [オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開く場合は、[オブジェクトの選択と表示] をクリックし、目的のオプションをクリックします。

    [オブジェクトの選択] ウィンドウを使用して積み上げオブジェクトを選択する

    図: この例では、[選択] ウィンドウで楕円の図形を簡単に選択できるのに対し、スライドでは楕円は太陽と三角形の図形の下に埋もれ込みます。

オブジェクトを選択した後は、通常どおり PowerPoint コマンドと機能をそのオブジェクトに適用できます。

[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウをいつでも開く: [ホーム] タブで、[オブジェクトの配置>選択します

選択ウィンドウを使う

図形、テキスト ボックス、 SmartArt グラフィック、画像、その他のオブジェクトを挿入したら、[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウを開いてすべてのオブジェクトを追跡できます。

  1. 管理するいずれかのオブジェクトを選択します。

  2. [...オブジェクトを選択し、[選択ウィンドウ] (または[オブジェクトの配置>選択ウィンドウ]を選択するとリボンに表示される [書式]タブ

    PowerPoint 2016 for Mac の [図形の書式設定] タブを示す

  3. 選択ウィンドウが開き、すべてのオブジェクトが一覧表示され、次の操作を行えます。

    • リスト内の項目を上下にドラッグして、順序を変更します。 PowerPointから次の例では、曲線コネクタをリストの一番上に移動すると、2 つの楕円図形 (およびスライド上の他のすべての図形) の前に移動しました。


      2 つの円の背後のコネクタを示す 選択ウィンドウ内のリストの下部にあるコネクタを示す コネクタはリストの下部に表示され、2 つの楕円図形の後ろに表示されます。



      曲線コネクタ付きの 2 つの円を示す PowerPoint 2016 for Mac の選択ウィンドウを示す コネクタをリストの一番上に移動すると、2 つの楕円図形の前に表示されます。

    • 選択ウィンドウから選択して、オブジェクトを表示または非表示にします。 オブジェクトを非表示にする場合は、[オブジェクトの選択と表示] ウィンドウで目のアイコンを 選択ウィンドウの [表示] アイコン。 アイコンが、オブジェクトがビューから非表示にされていることを示す簡単なアイコン オブジェクトが非表示になっていることを示すアイコンを示す に変わります。 オブジェクトをもう一度表示するには、[非表示]アイコンを オブジェクトが非表示になっていることを示すアイコンを示すすると、オブジェクトが再表示されます。


      Office 2016 for Mac の選択ウィンドウの非表示機能を示す 上の例のコネクタは非表示で、スライドには表示されません。

    • 選択ウィンドウに一覧表示されているオブジェクトをグループ化またはグループ解除します。 Command + クリックを使用して複数のオブジェクトを選択した場合は、[書式] タブのリボンで [グループ オブジェクト] を選び、それらをグループ化またはグループ解除できます。

      PowerPoint 2016 for Mac のリボンにある [グループ] アイコンを示す

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×