バーコード

Word に組み込みのバーコード ツールがなくなりました。 ただし、DisplayBarcode と MergeBarcode の 2 つのフィールド コードを使用 してバーコードを生成できます

これらのフィールド コードは、UPC、Code 39、Code 128 など、10 種類のバーコードをサポートします。 POSTNET コード CASE/ITC14 がありますが、一般的なメール ルーティングに使用される従来の Postnet 形式とは異なる追跡タイプのバーコードです。

ZIP と ZIP + 4 をサポートしていた以前の Postnet バーコードは、少なくとも郵便割引のために、2013 年 1 月の時点で廃止されました。 インテリジェント メールバーコード に置 き換えられた。 郵便バーコードを作成する必要がある場合は、米国郵便サービスが提供するリソースが多数用意されています。 また、サードパーティ製のアドオンや、郵便バーコード用のツールのサプライヤーもいます。

DisplayBarcode と MergeBarcodeを使用して、バーコード付きラベルを作成できます。 この例では、複数の MergeField を使用しています。そのため、DisplayBarcode を使用してこれを行う方法を示します。

ハードコーディングされた値を持つバーコードが必要な場合は、DisplayBarcode を使用します。 情報と例については、「フィールド コード : DisplayBarcode」を参照してください

これらの手順では、Excelのデータ ソースとしてスプレッドシートを使用します。 この差し込み印刷では、人間が読み取り可能な名前と住所を持つラベルと、機械読み取り用の名、名、市区町町区町良の下にコード 128 バーコードが作成されます。 フィールド名は、使用しているデータ ソースExcel一意です。 その例を次に示します。

住所とバーコードを含む一部のラベルのショット

メール リストを含むスプレッドシートの作成に関するガイドライン、および差し込み印刷の詳細については、「Excel で住所一覧の差し込みラベルを作成して印刷する」を参照してください

注: フィールド コードとバーコードの種類では、大文字と小文字は区別されません。

  1. このExcelワークシートを準備し、範囲に名前を付します。 詳細については、「住所一覧の住所ラベル作成して印刷する」を参照Excel。

  2. [差し込み文書] >差し込み印刷を開始>に移動します

  3. 使用するラベル ベンダーと製品を選択します。 ラベル ベンダーの一覧が表示できない場合は、[オプション] を選択 します

    製品番号が表示されていない場合は、[新しいラベル] を選択し 、カスタム ラベルを構成します。

  4. [OK] を選びます。

  5. Connect Word でデータ ソースを作成します。

    1. [差し込み文書] > [受信者の選択] の順に移動します。

    2. [既存のリスト] を選択し、ファイルExcelします。

    3. [データ ソースの確認]ダイアログが表示された場合は、[すべて表示] を選択し、[MS Excel ワークシートをDDE (*.xls)で選択します。

    4. 名前付きグループを選択します。

    5. 必要に応じて、[宛先リストの編集] >メール] を選択し、リストに含めたくないユーザーを削除します。

  6. 文書の最初のラベルをクリックまたはタップします。

  7. ラベルの «AddressBlock» に配置します。 詳細については、「住所一覧の住所ラベル作成して印刷する」を参照Excel。

  8. Enter キーを押し、Ctrl キーを押しながら F9 キーを押してフィールドを開きます。

  9. 「」と DisplayBarcode"します。 引用符を含める。

  10. Ctrl キーを押しながら F9 キーを押し、「」と MergeField FirstName

  11. カーソルを右中かっこの外側に移動し、もう一度 Ctrl キーを押しながら F9 キーを押します。

  12. MergeField LastName 」と入力し、もう一度カーソルを右に移動します。

  13. Ctrl キーを押しながら F9 キーを押し、「」と MergeField City。 カーソルを中かっこの外側に右に移動します。

  14. スペースと見積もりを入力し、バーコードの種類、およびのようなスイッチを入力 " Code128 \t \h 1440 | 。 垂直バーで終わります。

  15. コードは次のように表示されます。

    { DisplayBarcode "{ MergeField FirstName } { MergeField LastName } { MergeField City }" CODE128 \t \h 1440| }

    住所ブロックフィールドとバーコード フィールドを含む郵送先ラベル

  16. [ラベルの更新] >を選択します。 ページ上の他のラベルに入力する必要があります。

  17. 差し込み印刷をテストするには、[結果のプレビュー] を選択します

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×