ピボットテーブルに書式を適用、データのコピー、または変更を行う場合は、コマンドを使用するか、マウスを使用して、個々のセルまたはデータ領域を選択できます。 マウス ポインターは、選択しようとしている内容に応じて変わります。

  • セルを選択するには、通常のマウス ポインター Microsoft Office Excel を使用 Excel の選択カーソル

  • データ領域を選択するには、フィールドとラベルの左上隅にマウス ポインターを置き、マウス ポインターが下向き矢印 ↓キーまたは右方向キーに変わる [無題]

注: ポインターの変更図形が表示できない場合は、[オプション] タブの [アクション] グループで[選択] をクリックし、[選択を有効にする] が選択 ボタン イメージ確認します。

個々のセルを選択する

  1. 選択する最初のセルをポイントし、マウス ポインターが 選択 Excel の選択カーソル

  2. クリックして 1 つのセルを選択するか、クリックしてドラッグして複数のセルを選択します。

  1. ピボットテーブルをクリックします。

  2. [オプション] タブの [アクション] で [選択] をクリックし、[ピボットテーブル全体] をクリックします。

マウス ポインターが下向き矢印に変わるまでフィールドの上端をポイント ↓キークリックします。

たとえば、[東部] 項目と [西] 項目を選択するには、[地域] の一番上をポイントし、1 回クリックします。

  1. 項目を選択します。

  2. [オプション ] タブ の [アクション] グループで 、[選択] を クリックし、選択する項目をクリックします。

    [ラベル] と [ボタンの画像両方を選択できます。

    ボタンの画像項目の値のみを選択する必要があります。

    ラベル ボタンの画像アイテム ラベルのみを選択する場合に使用します。

マウス ポインターが下向き矢印 ↓キーに変わるまで列フィールド項目の上端をポイントするか、マウス ポインターが右矢印 [無題]に変わるまで行フィールド項目の左側をポイントして、 をクリックします。

たとえば、[ゴルフ] で両方の行を 選択するには、[ゴルフ] の左側を クリックします

ピボットテーブル アイテムのすべてのインスタンスを選ぶ例

  1. マウス ポインターが下向き矢印 ↓キーに変わるまで列フィールド項目の上端をポイントするか、マウス ポインターが右矢印 [無題]に変わるまで行フィールド項目の左側をポイントします。

  2. 1 回クリックし、クリックの間隔を待って追加の時間をクリックして、ダブルクリックを行います。

たとえば、Qtr1Golfの行のみを選択するには、[ゴルフ] の左側をクリックし、もう一度クリックします。

ピボットテーブル レポート中の項目の 1 つのインスタンスを選ぶ例

ピボットテーブルに複数の行ラベルがある場合は、目的のアイテムのみを選択するまで繰り返しクリックします。 たとえば、4 つの行ラベルの最も内側にある項目の 1 つのインスタンスを選択するには、4 回クリックします。

  1. マウス ポインターが下向き矢印 ↓キーに変わるまで列フィールド項目の上端をポイントするか、マウス ポインターが右矢印 [無題]に変わるまで行フィールド項目の左側をポイントします。

  2. 必要な回数クリックして、目的の項目のいずれかを選択します。 詳細については、「項目の 1 つのインスタンスを選択する」を参照してください

  3. Shift キーを押しながらクリックするか、Ctrl キーを押しながらクリックして、同じフィールド内の追加のアイテムを選択します。

  4. アイテムの選択を取り消す場合は、Ctrl キーを押しながら項目をクリックします。

  1. マウス ポインターが下向き矢印 ↓キーに変わるまで、列ラベルの小計または合計の上端をポイントするか、行ラベルの小計または合計の左側の端をポイントし、ポインターが右矢印 [無題]に変わるまでポイントします。

  2. 1 回クリックしてラベルのすべての合計を選択し、もう一度クリックして現在の小計または合計のみを選択します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×