Microsoft Web 用 Word では、Web ブラウザーで文書の基本的な編集と書式設定の変更を行えます。 より高度な機能を使用するには、 Web 用 WordWord で開 く] コマンドを使用 します。 Word で文書を保存すると、文書を開いた Web サイトに保存 Web 用 Word。

Web 用 Word で開くドキュメントは、Word デスクトップ アプリで開いたドキュメントと同じですが、2 つの環境で機能が異なる場合があります。

注:  Web 用 Word 2010 で SharePoint を使用している場合は、ブラウザーと Word で文書を使用する場合のこのバージョンの相違点を参照してください

この記事の内容

ファイル形式は、 Web 用 Word

Web 用 Word 、次の形式でドキュメントを開きます。

  • Word 文書 (.docx)

  • Word テンプレート (.dotx)

  • Word Macro-Enabled (.docm) または Word Macro-Enabled テンプレート (.dotm)
    ドキュメントは開くことができるが、マクロは実行されない。

  • Word 97-2003 文書 (.doc) または Word 97-2003 テンプレート (.dot)Web 用 Word では、これらの形式で文書が表示されますが、ブラウザーで文書を編集するには、 Web 用 Word によって文書の新しいコピーが .docx または .dotx 形式で保存されます。
    Web 用 Word .dot 形式または .dot 形式でドキュメント.doc保存できません。

  • OpenDocument Text (.odt)

Web 用 Word ファイル形式でドキュメントを開くことができません。 たとえば、リッチ テキスト形式 (RTF)、ハイパーテキスト マークアップ言語 (HTML)、Portable Document Format (PDF)、Multipurpose Internet Mail Extensions HTML (MHTML) の形式はサポートされていません。

ページの先頭へ

表示および印刷用にサポートされている機能

で文書を表示または印刷 Web 用 Word、Word デスクトップ アプリの [印刷レイアウト] ビューの場合と同じように表示されます。 Web 用 Word PDF リーダーを使用してドキュメントを印刷します (サポートされている PDF リーダーの一 覧を参照してください)。

文書を表示している場合、一部の機能は、Word デスクトップ アプリとはブラウザーで動作が異なります。 [Word で開く] をクリックして、 Web 用 Word使用 できない機能を使用します

この機能

この例では、次のように動作 Web 用 Word

印刷レイアウト表示

[閲覧] ビューでは Web 用 Word 印刷レイアウト表示で文書が表示されます。 Word デスクトップ アプリで使用できるその他のビュー (アウトライン、下書き、Web レイアウト、全画面読み上 Web 用 Word。 同様に、ウィンドウの横並び表示と分割ウィンドウは、 で Web 用 Word。

ルーラーとグリッド線

Web 用 Word ルーラーと枠線は表示されません。

ページの先頭へ

ブラウザーとデスクトップで異なる機能

でドキュメントを編集すると、 Web 用 Word表示され、テキストを編集および書式設定できます。 編集表示では、余白や改ページ、表紙、ヘッダーやフッターなどのページ書式は表示されません。 さらに、多くの種類の オブジェクトが プレースホルダーとして表示されます。

次の表では、ドキュメントに Web 用 Word 機能をサポートする方法について説明します。 [Word で開く] をクリックして、 Web 用 Word機能以外 の機能を使用します

開く操作と保存

この機能

この例では、次のように動作 Web 用 Word

Information Rights Management (IRM)

IRM Outlookされているオンライン添付ファイルと SharePoint ライブラリでは、 Web 用 Word は閲覧用のドキュメントを開きますが、編集用には開かされません。 IRM 保護は、 内のドキュメントに追加 Web 用 Word。

パスワードによる保護

Web 用 Word パスワードで暗号化されたドキュメントを開くことができません。

変更するアクセス許可

パスワードを変更する必要があるドキュメントは、閲覧 Web 用 Word で開きますが、ブラウザーでは編集できません。 [Word で開く] を クリックして編集制限を削除します。

バージョンの管理

バージョンは、 ではなくサーバーで管理 Web 用 Word。 ドキュメントが OneDriveに保存されている場合は、 の [バージョン履歴] 機能を OneDrive。 ドキュメントがライブラリに保存されている場合SharePointライブラリのバージョン履歴機能が構成されていることを確認します。

編集と書式設定

機能

この例では、次のように動作 Web 用 Word

コピーと貼り付け

テキストのコピーと貼り付け、Web から画像のコピーと貼り付けを行います。 テキストは、 で貼り付け先の周囲のテキストに合わせて書式設定 Web 用 Word。

フォントの書式設定

太字、斜体、下線、取り消し線、下付き文字、上付き文字、フォント、サイズ、色、強調表示を適用します。 フォントの書式設定をクリアできます。

段落の書式設定

段落を左揃え、右揃え、または中央揃えに配置する。テキストを右から左または左から右に実行します。インデントを増減します。行間を調整する。段落を箇条書きまたは段落番号で書式設定します。 書式設定をクリアすることもできます。

段落番号および箇条書き

組み込みの番号付けスタイルまたは箇条書きスタイルのいずれかを適用します。

スタイル

組み込みのスタイルのギャラリーの 1 つを適用します。 書式設定をクリアすることもできます。 新しいスタイルを作成したり、新しいスタイルを変更 Web 用 Word。

ページ サイズ

閲覧表示では、 Web 用 Word デザインしたサイズのページが表示されます。 編集は、レター、法律、エグゼクティブ、A4、A5、およびカスタム サイズ レイアウトでサポートされています。 一覧に表示されていない標準の用紙サイズの寸法がわかっている場合は、[用紙サイズ] ダイアログ ボックス 入力します。 たとえば、A3 ページ サイズのレイアウトで編集するには、ユーザー設定の用紙サイズを 11.69 インチ、高さ 16.54 インチ (297 ~ 420 mm) に設定します。

検索

検索は、閲覧表示と編集表示の両方で使用できます。 検索と置換は編集表示で使用できます。

ズーム

[編集] ビューと [閲覧] ビューの両方に複数のズーム レベルのいずれかを適用します。

改行と改ページ

行とページの間の区切りは、閲覧表示に表示されます。 編集表示では、改ページは点線で示されます。

ページ レイアウトは保持されますが、 で編集 Web 用 Word。 保持されている列は、閲覧表示で確認できます。

テーマ、ページの色、透かし

テーマとページの背景は文書に保持されますが、 で編集 Web 用 Word。

共同編集

複数の作成者が同時に作業 Web 用 Word。 共同編集は、2011 年 Web 用 Word 以降Word for Mac機能します。

校正履歴

この機能

この例では、次のように動作 Web 用 Word

校正ツール

スペル チェックと文章校正、文書の翻訳、校正言語の設定を行います。 Web 用 Word 辞書を使用したり、辞書を含めずに使用したりすることはできません。

[オートコレクト]

Web 用 Word 間違った順序で入力された文字を切り替える (たとえば、"the" が "the" に変更される) など、入力時の一般的な間違いを修正します。 必要 Web 用 Word 場合は、Ctrl キーを押しながら Z キーを押して元に戻すか、[オートコレクトのオプション] メニューで設定を変更します。

変更履歴

変更の記録は閲覧表示に表示されます。 [変更の記録] をオンまたはオフに切り替える場合は 、[Word で開く] をクリックします

オブジェクト

この機能

この例では、次のように動作 Web 用 Word

ハイパーリンク

ハイパーリンクを挿入、編集、フォローする。 ブックマークリンクとクロス リファレンス リンクは機能し、リンク先ではなく表示テキストを編集 Web 用 Word。

表を挿入します。 テーブル、列、または行で削除する。行と列を挿入します。セルのテキストを左揃え、右揃え、または中央揃えに配置する。セルを結合および分割する。罫線、背景、表のスタイルを書式設定します。 セルサイズや並べ替え順序など、他のテーブル機能は文書に保持されますが、 で構成 Web 用 Word。

写真

自分のコンピューターや Bing からの画像やクリップ アートを挿入します。 画像スタイルの適用、代替テキストの書き込み、サイズの変更、新しい場所へのドラッグ、トリミング、回転を行います。 にスクリーン ショットを直接作成 Web 用 Word、ドキュメント内のスクリーン ショットは、 Web 用 Wordで画像として表示#x1。

図形、グラフ、テキスト ボックス、SmartArt、ワードアート

これらは、閲覧表示で期待通り文書に表示されます。 [編集] ビューでは、削除はできますが編集できないプレースホルダーとして表示されます。 ファイル内で移動またはサイズ変更 Web 用 Word。

数式、インク

これらは、閲覧表示で期待通り文書に表示されます。 [編集] ビューでは、削除はできますが編集できないプレースホルダーとして表示されます。 ファイル内で移動またはサイズ変更 Web 用 Word。

フィールド、コンテンツ コントロール、表紙

これらは、閲覧表示で期待通り文書に表示されます。 [編集] ビューでは、フィールドとコンテンツ コントロールのコンテンツは表示されますが、編集または更新することはできません。 表紙は、テキスト ボックスなどの要素の一連のプレースホルダーとして表示されます。

ヘッダーとフッター、脚注、文末脚注

これらは、閲覧表示で期待通り文書に表示されます。 編集表示では表示および編集できますが、文書内では行内に表示されません。

目次

目次を挿入または削除できない。 ただし、文書に加えた変更を反映するように、既存の目次を更新することができます。 目次を挿入または削除するには、デスクトップ アプリを使用します。 編集表示と閲覧表示の両方で目次を使用して、文書内を移動できます。

文献目録、索引

これらは、閲覧表示で期待通り文書に表示されます。 [編集] ビューでは、削除はできますが、編集や更新は行えないプレースホルダーとして表示されます。

マクロ

マクロを含むドキュメントを表示、編集、印刷、共有できますが、マクロを実行するには[Word で開く] をクリックします

ActiveXコントロール、埋め込み OLE オブジェクト、署名線

これらは、閲覧表示で期待通り文書に表示されます。 [編集] ビューでは、削除はできますが編集できないプレースホルダーとして表示されます。 ファイル内で移動またはサイズ変更 Web 用 Word。

リンクされた画像、埋め込みファイル

これらはドキュメント内に保持されますが、 にはプレースホルダーとして表示 Web 用 Word。 

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×