プレミアムサブスクライバー向け Outlook.com のMicrosoft 365機能

Outlook.com アカウントのフィッシングやマルウェア、広告、その他のプレミアム機能 (Outlook.com サブスクリプションのすべての部分) に対する高度な保護 Microsoft 365 Personalできます。

  • カスタマイズされたメール アドレス。 Microsoft 365サブスクライバーは、Outlook.comメールボックス に関連付けられているパーソナライズされたメール アドレスを作成できます。 たとえば、次 yourname@example.com

  • 高度なメール セキュリティ。 お客様Microsoft 365、受信トレイをフィッシング詐欺やマルウェアから保護するのに役立つ強化されたセキュリティ ツールを利用できます。 サブスクライバー向け高度な Outlook.com セキュリティの詳細を確認します。

  • メールの暗号化。 Outlook.com には暗号化機能と転送防止機能が含まれており、メール経由で共有する機密情報と個人情報は暗号化されたままとなり、Microsoft 365 から出ることはありません。 この機能は、受信者のメール プロバイダーがセキュリティで保護されていると信頼できない場合に役立ちます。 暗号化されたメッセージの詳細については、 を参照してください

  • 広告を使用するインターフェイス。 Microsoft 365 サブスクライバーは、広告が表示されない Outlook.com メールボックスをご利用いただけます。 広告がないので、ストレスが減り、ページの読み込み時間が高速化されます。

  • より大きなメールボックス ストレージ。 Microsoft 365 サブスクライバーは、サブスクリプションの特典として 50 GB のメール容量を利用できます。 50 GB のメール容量の使い方は自由です。

    注: 試用版のサブスクライバーには 50 GB Microsoft 365使用できません。 ストレージの増加は、有料サブスクリプションの開始直後にのみ利用できます。

  • プレミアムサポート。 Microsoft 365 サブスクリプションには、プレミアム カスタマー サポートが付属しており、Microsoft への問い合わせが必要な場合、高度なサービスを受けられます。

サブスクライバーMicrosoft 365 ではありませんか? 次の Outlook.com レベルに進む。 Microsoft 365 Personal サブスクライバーは、これらのすべての利点に加え、最新バージョンの完全なアプリケーションとクラウド Officeを利用できます。 詳細については、Microsoft 365。 

よく寄せられる質問

広告なしサブスクリプション特典は、 を使用すると、メッセージ一覧にバナー広告や広告が表示 Outlook.com。  アカウントに送信されたメッセージはすべて引き続き受信されます。その一部は、サインアップして受信するためにサインアップした広告、または迷惑メールである可能性があります。

サブスクリプションに関する FAQ

価格は場所によって異なります。 お客様の国のコストを確認してください。

サブスクリプションに関連付けられた Outlook.com メールボックスを持つすべての Microsoft 365 サブスクライバーに対して、特典は自動的に有効になります。 Outlook.com メールボックスでは、@outlook.com、@hotmail.com、@live.com、および @msn.com で終わるメール アドレスを使用します。

いいえ、これらの特典は、サブスクリプションが Outlook.com アカウントに関連付けられている場合にのみ適用されます。 Outlook.com アカウントには、@outlook.com、@hotmail.com、@live.com、@msn.com で終わるメール アドレスが必要です。

引き続き Outlook.com アカウントにアクセスできますが、プレミアム特典は無効になります。

Outlook.com Premium 単体製品の新規サブスクリプションの受け付けは終了しています。 現在のサブスクライバーはサブスクリプションを更新すると、サブスクリプションの特典を受け続けることができます。 詳細については、「Outlook.com Premium の新規ユーザーの受け付けを終了する」を参照してください。

ビジネス ユーザーに関する FAQ

いいえ。 Outlook.com はコンシューマー サービスなので、これらの利点はコンシューマー サブスクリプションの Microsoft 365 にのみ適用されます 。具体的には、 Microsoft 365 Personal。

はい。管理者として自分のアカウントにサインインしMicrosoft 365ドメインを削除する必要があります。 詳細な手順については 、「Microsoft 365 からドメインを削除する」を参照してください。 Microsoft 365 のドメインに依存関係がある場合 (ユーザー、グループ、エイリアスなど)、削除する必要があるオブジェクトの一覧も表示されます。

補足説明

のヘルプについては、 Outlook.com.com ウィンドウ の上部にある ?を選択Outlookしてください。

Microsoft アカウントまたはサブスクリプションのヘルプについては、Microsoft アカウントのヘルプ を参照してください

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×