Excel でマクロ記録を実行するか、Visual Basic for Applications (VBA) エディターを使用してマクロを作成します。 マクロを作成した後、現在のブックまたは他のブックで再び使用できるように保存します。

現在のブックにマクロを保存する

マクロを作成したブックでのみ必要になる場合は、通常のように [ 保存 ] または [ 名前を付けて保存 ] をクリックします。 ただし、マクロを含むブックの保存は、"マクロ有効" の特殊なファイル形式である必要があるため、少し異なります。 そのため、Excel で保存しようとすると、次の2つの選択肢が表示されます。

ブックにはマクロまたは VBA のコードが含まれています

  • [ いいえ] をクリックして、マクロ有効ブック (* .xlsm ファイルの種類) として保存します。

  • [はい]をクリックして、マクロなしのブックとして保存します。

マクロ有効ブックとして保存するには、次の操作を行います。

  1. [ いいえ] をクリックします。

  2. [名前を付けて 保存 ] ボックスの [ ファイルの種類 ] ボックスの一覧で、[ Excel Macro-Enabled ブック (* .xlsm)] を選択します。
    マクロ有効ブックとして保存

  3. [保存] をクリックします。

個人用ブックにマクロを作成して保存する

Excel を開くたびにマクロを使用できるようにするには、Personal.xlsb というブックでマクロを作成します。 これは、コンピューターに保存されている非表示のブックで、Excel を起動するたびに開くことができます。 この方法については、「 1 つのブックにすべてのマクロを作成して保存 する」を参照してください。

個人用マクロブックにマクロをコピーする

クイックスタート: マクロを作成

または削除

実行

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×