メモは、付せんの電子版のようなツールです。 疑問、アイディア、忘れてはいけないことなど、紙に書くのと同じようにメモに記録できます。 作業中は、メモを画面上に開いたままにしておけます。 メモの便利なところは、他のアイテムやドキュメントで再利用したい指示や文字列など、後で必要になりそうな情報を保存しておけることです。

任意の Outlook フォルダーからメモを作成することができます。

  1. [ホーム] タブの [メモ][新規作成] をクリックし、[新しいメモ] をクリックします。

    リボンの [新しいメモ] コマンド

キーボード ショートカット    メモを作成するには、CTRL キーと SHIFT キーを押しながら N キーを押します。

  1. メモのテキストを入力します。 メモは自動的に保存されます。

  2. メモを閉じるには、[メモ] ウィンドウの左上にある ボタンの画像(メモ アイコン) をクリックし、[閉じる] をクリックします。

作業中にメモを開いたままにして、画面の見やすい位置にドラッグすることができます。

メモを表示または変更するには、[メモ] フォルダーのメモをダブルクリックして開きます。 メモをカスタマイズして、検索や整理を簡単にすることができます。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×