文書内で一般的に使用されるテキストをオートテキストとオートコレクトで再入力しないようにします。

オートテキストは大量のテキストを処理し、Word テンプレートと一緒に保存されます。

オートコレクトでは、数文字を最大 255 文字のフルテキストに置き換え、すべてのアプリで使用Officeされます。

オートテキスト エントリを作成して使用する

  1. 文書内で、再利用可能なスニペットに作成するテキストを選択します。

  2. Alt キーを押しながら F3 キーを押します。

  3. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスに次の情報を入力します。 ほとんどの既定値は問題ありませんが、一意の名前と説明を含め、オートテキストを見つけて使いやすくします。

オートテキストを使用するには

テキストを使用するには、[クイックパーツの挿入]> 、[>])に移動し、必要なエントリを選択します。

オートコレクト エントリを構成して使用する

  1. 文書内で、再利用可能なスニペットとして作成する最大 255 文字を選択します。

  2. [校正 ] の [> オプション] > し、[オートコレクトオプション] を選択します

  3. [オートコレクト] タブで、[入力時に文字列を置き換える] チェック ボックスをオンにします (まだオンにしていない場合)。

  4. [ 置換]で、自動テキストをトリガーする文字を入力します。 文書内で選択したテキストが、[修正後の文字列] に表示されます。

  5. [追加 ] と[OK] を選択しもう一度 [OK] を 選択します。

テキストを使用するには、[置換] ボックスに入力した文字 を入力 します。 Space キーまたは Enter キーを押して、入力した文字を再利用可能なスニペットに置き換えます。 

オートテキストは Web アプリでは使用できません。また、オートコレクトではテキスト置換エントリがサポートされていません。

これを行うには、[Word で開 く] を選択して 編集します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×