同様の値すべてが 1 つの列に含めば、データをマトリックス形式に変換するために、データの非ピボタイズ (データのフラット化とも呼ばれる) を行う必要がある場合があります。 これは、たとえばグラフやレポートを作成するために必要です。

請求解除の概念を視覚化する

変換を解除すると、新しい列の交差ポイントを表す属性値のペアを展開し、それらをフラット化された列に再び方向付けします。

  • (左側の青) は、新しい列 (右側の青) に変換されます。

  • 属性 (左側の緑色) は新しい列 (右側の緑色) に変換され、重複は対応して新しい値列にマップされます。

この手順で使用するサンプル データを次に示します。

[列のピボット] の例

  1. クエリを開く場合は、Power Query Editor から以前に読み込まれたクエリを探し、データ内のセルを選択し、[クエリ] を選択して 、[編集]>します。 詳細については、「クエリの作成、読み込み、または編集」を参照Excel。

  2. 1 つ以上の列を選びます。 この例では、Country を除くすべての列を 選択します。 連続または連続して複数の列を選択するには、Shift キーを押しながらクリックするか、Ctrl キーを押しながら後続の各列をクリックします。

  3. [列の>変換] を選択します

結果

[列のピボット] の結果

 このコマンドは、選択されていない列をピボト解除します。 すべての列が既知ではない場合は、クエリでこのコマンドを使用します。 更新操作中に追加された新しい列も、変更されません。

  1. クエリを開く場合は、Power Query Editor から以前に読み込まれたクエリを探し、データ内のセルを選択し、[クエリ] を選択して 、[編集]>します。 詳細については、「クエリの作成、読み込み、または編集」を参照Excel。

  2. ピボを 解除しない列 を選択します。 連続または連続して複数の列を選択するには、Shift キーを押しながらクリックするか、Ctrl キーを押しながら後続の各列をクリックします。

  3. [ 変換] を選択 > 他の列のpivotを解除します

このコマンドは、データ ソース内の列数が不明で、選択した列が更新操作後も引き続き選択されていない状態を維持する場合に使用します。

  1. クエリを開く場合は、Power Query Editor から以前に読み込まれたクエリを探し、データ内のセルを選択し、[クエリ] を選択して 、[編集]>します。 詳細については、「クエリの作成、読み込み、または編集」を参照Excel。

  2. ピボを解除 する列 を選択します。 連続または連続して複数の列を選択するには、Shift キーを押しながらクリックするか、Ctrl キーを押しながら後続の各列をクリックします。

  3. [変換]>選択した列のみを非pivot解除する] を選択します

関連項目

Power Query for Excel のヘルプ

列のピボット 

列の非pivot (docs.com)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×