オブジェクト、図形、図、またはテキスト ボックスを選び、変更または移動します。 サイズ変更ハンドルは、図形またはオブジェクトが選択されていることを示します。

目的の オブジェクト クリックして選択します。 この操作で選択されない場合は、[ホーム] タブの [編集] で [検索と選択]をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

[ホーム] タブの [編集] の [検索と選択]

  • 非表示のオブジェクト、重なり合ったオブジェクト、またはテキストの後ろにあるオブジェクトを選択するには、[オブジェクトの選択] をクリックし、目的のオブジェクトの上にボックスを描画します。

  • オブジェクトの選択、複数選択、表示、非表示、または順序の変更を行える作業ウィンドウを開く場合は、[選択ウィンドウ] をクリックし、目的のオプションをクリックします。

図形およびオブジェクトを選択するためのヒント

目的

方法

複数のオブジェクトを選択する。

Shift キーまたは Ctrl キーを押しながらオブジェクトをクリックします。

他のオブジェクトの下にあるオブジェクトを選び、重なり合ったオブジェクトを順に表示します。

最上部のオブジェクトを選択し、Tab キーを押します。

他のオブジェクトの下にあるオブジェクトを選び、重なり合ったオブジェクトを逆順に表示します。

上部のオブジェクトを選択し、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

グループに属するオブジェクトを選びます。

グループを選び、次のいずれかの操作を行います。

  • 1 つのオブジェクトを選択するには、オブジェクトをクリックします。

  • グループ内の複数の図形を選択するには、Shift キーまたは Ctrl キーを押しながら図形をクリックします。

一度に 1 つのオブジェクトの選択を解除します。

Shift キーまたは Ctrl キーを押しながら各オブジェクトをクリックします。

関連項目

図形、図、その他のオブジェクトをグループ化またはグループ解除する

目的の オブジェクト クリックして選択します。 この操作で選択されない場合は、[ホーム] タブの [編集] で [選択] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

[編集] グループで選ぶ

  • スライド上のすべてのオブジェクトとプレースホルダーを選択するには、[すべて選択] をクリックします。

  • 非表示のオブジェクト、重なり合ったオブジェクト、またはテキストの後ろにあるオブジェクトを選択するには、[オブジェクトの選択] をクリックし、目的のオブジェクトの上にボックスを描画します。

  • 選択ウィンドウを開き、オブジェクトの選択、複数選択、表示、非表示、または順序の変更を行う場合は、[選択ウィンドウ] をクリックし、目的のオプションをクリックします。

図形およびオブジェクトを選択するためのヒント

目的

方法

複数のオブジェクトを選択する。

Shift キーまたは Ctrl キーを押しながらオブジェクトをクリックします。

他のオブジェクトの下にあるオブジェクトを選び、重なり合ったオブジェクトを順に表示します。

最上部のオブジェクトを選択し、Tab キーを押します。

他のオブジェクトの下にあるオブジェクトを選び、重なり合ったオブジェクトを逆順に表示します。

上部のオブジェクトを選択し、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

グループに属するオブジェクトを選びます。

グループを選び、次のいずれかの操作を行います。

  • 1 つのオブジェクトを選択するには、オブジェクトをクリックします。

  • グループ内の複数の図形を選択するには、Shift キーまたは Ctrl キーを押しながら図形をクリックします。

一度に 1 つのオブジェクトの選択を解除します。

Shift キーまたは Ctrl キーを押しながら各オブジェクトをクリックします。

関連項目

図形、図、その他のオブジェクトをグループ化またはグループ解除する

オブジェクト、図形、図、またはテキスト ボックスを選び、変更または移動します。 サイズ変更ハンドルは、図形またはオブジェクトが選択されていることを示します。

選択ウィンドウを使う

クリックして選択できない場合、または追跡するオブジェクトが多い場合は、以下の説明に従って [選択] ウィンドウを試してください。

(この機能は、 の新しいバージョンで Office for Mac。 この機能は、 では使用 Office for Mac 2011。 この Office for Mac 2011、動的な並べ替えを試みる場合があります。 

  1. 管理するいずれかのオブジェクトを選択します。

  2. [...] を選択します。オブジェクトを選択し、[選択ウィンドウ] (または[オブジェクトの配置] または [選択ウィンドウ] の順に選択) >表示される [書式]タブ

    PowerPoint 2016 for Mac の [図形の書式設定] タブを示す

  3. [選択ウィンドウ] が開き、すべてのオブジェクトが一覧表示され、次の操作を行えます。

    • リスト内の項目を上下にドラッグして、順序を変更します。    PowerPointから次の例では、曲線コネクタを一覧の一番上に移動すると、2 つの楕円図形 (およびスライド上の他のすべての図形) の前に前面に移動しました。

      2 つの円の背後のコネクタを示す 選択ウィンドウ内のリストの下部にあるコネクタを示す

      コネクタは、リストの下部にあり、2 つの楕円の図形の背後にあります。

      曲線コネクタ付きの 2 つの円を示す PowerPoint 2016 for Mac の選択ウィンドウを示す

      コネクタが一覧の一番上に移動すると、2 つの楕円図形の前に表示されます。

    • [選択ウィンドウ] でオブジェクトの表示と非表示を切り替えます。    オブジェクトを非表示にする場合は、オブジェクトが [オブジェクトの表示] であることを示す[選択ウィンドウ] の目のアイコンを 選択ウィンドウの [表示] アイコン。 アイコンが、オブジェクトがビューから非表示にされていることを示す簡単なアイコン オブジェクトが非表示になっていることを示すアイコンを示す に変わります。 オブジェクトをもう一度表示するには、[非表示]アイコン をクリック オブジェクトが非表示になっていることを示すアイコンを示すすると、オブジェクトが再び表示されます。

      Office 2016 for Mac の選択ウィンドウの非表示機能を示す

      上の例で、コネクタは非表示になっており、スライドに表示されません。

    • [選択ウィンドウ] に表示されているオブジェクトをグループ化またはグループ解除します。    Command + Click を使用して複数のオブジェクトを選択した場合は、[書式] タブのリボンの [グループ オブジェクト] を選択して、グループ化またはグループ解除できます。

      PowerPoint 2016 for Mac のリボンにある [グループ] アイコンを示す

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×