管理者が 組織と アカウントを有効にしたら、多要素認証 (MFA) のために、それを使用するユーザー アカウントを設定する必要があります。 これには 1 分か 1 分かかる必要があります。

ヒント: 多要素認証についてさらに詳しく調べたい場合 「What is: Multifactor authentication(多要素認証)」を参照してください。

MFA をセットアップすることにより、Microsoft 365 アカウントのサインインにセキュリティの層を追加します。 たとえば、最初にパスワードを入力し、メッセージが表示されたら、認証アプリによって提供された動的に生成された確認コードを入力するか、電話に送信します。

  1. 通常どおり職場または学校のアカウントとパスワードを使用して、Microsoft 365 にサインインします。 サインインを選択すると、詳細情報の入力を求められます。

    サインインを完了するには、より多くの情報が必要であることを通知するダイアログ ボックス

  2. [次へ] を選択します。

  3. 既定の認証方法は、無料の Microsoft Authenticator アプリを使用することです。 モバイル デバイスにインストールしている場合は、[次へ] を選択し、指示に従ってこのアカウントを追加します。 インストールされていない場合は、ダウンロードするためのリンクが提供されます。

    代わりにスマートフォンに送信された SMS メッセージを使用する場合は、[別の方法をセットアップする] を選択します。 Microsoft 365 は携帯電話番号を要求し、デバイスを確認するために 6 桁のコードを含む SMS メッセージを送信します。
     

    ヒント: より速く、より安全なエクスペリエンスを実現するには、SMS 検証ではなく認証アプリを使用することをお勧めします。

  4. 追加の確認方法を指定する手順を完了すると、次回 Microsoft 365 にサインインしたときに、認証アプリから提供されたまたはテキスト メッセージで送信された確認コードを入力するなど、追加の確認情報や操作を入力するようにメッセージが表示されます。
     

    注: 通常、追加の確認方法が必要になるのは、新しいアプリやデバイスに初めてサインインするとき、またはパスワードを変更した後だけです。 組織で必要な場合を限り、追加の確認コードを毎日要求される可能性があります。

多要素認証をサポートしないアプリケーションがある場合は、アプリ パスワードを設定する必要があります。 詳細については、「アプリのパスワードを管理する」を参照してください。

関連項目

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×