データに数値書式を適用する前に [表示される精度] オプションを設定することで、浮動小数点の丸めエラーが作業に影響を及ぼすのを防ぐことが多い場合があります。 このオプションを使用すると、ワークシートの各数値の値が、ワークシートに表示される有効桁数に設定されます。

注: [表示される 精度] オプションを使用 すると、累積計算効果が適用され、時間の中でデータが不正確になる可能性があります。 このオプションは、表示される精度がデータの精度を維持する確実な場合にのみ使用します。

  1. [ファイル] > [オプション] の順にクリックします。

    [ Excel 2007] で、[ ボタン] Microsoft Office クリック Office ボタンの画像し、[オプション] Excelクリックします

  2. [詳細設定]をクリックし、[このブックを計算する場合] で、[表示される精度を設定する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします

  3. [OK] をクリックします。

  4. ワークシートで、書式設定するセルを選択します。

  5. [ホーム] タブで、[数値] の横にある[起動ツール ボタンの画像 ]クリックします

    Excel のリボンのイメージ

  6. [分類] ボックスの [数値] をクリックします。

  7. [小数点以下の桁数] ボックスに、表示する小数点以下の桁数を入力します。

ヒント: 浮動小数点算術ストレージの不正確な影響を最小限に抑えるために、ROUND 関数を使用して、計算に必要な小数点以下の桁数に数値を丸め込む方法があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×