法的な黒線オプションは、2 つのドキュメントを比較し、その間で変更された文書のみを表示します。 比較中のドキュメントは変更されません。 既定では、新しい 3 番目のドキュメントに合法的なブラックライン比較が表示されます。

多数のレビュー担当者からの変更を比較する場合は、このオプションを選択しない必要があります。 代わりに 、[複数の作成者のリビジョンを 1 つのドキュメントに結合する] を 選択します。

  1. 比較するドキュメントを開きます。

  2. [レビュー] タブの [比較] グループで、[ 比較] を クリックします

    o14 ribbon

  3. [2 つのバージョンのドキュメントの比較 (法的なブラックライン) ] をクリックします

  4. [ 元のドキュメント]で、元のドキュメントとして使用するドキュメントを参照します。

  5. [ 修正済みドキュメント]で、比較する他のドキュメントを参照します。

  6. [ その他]をクリックし、ドキュメントで比較する設定を選択します。 [ 変更を表示]で、文字レベルまたは単語レベルの変更を表示するかどうかを選択します。

    3 つ目のドキュメントに変更を表示しない場合は、変更を表示するドキュメントを選択します。

    重要: [その他] で選択 したオプション は、次回ドキュメントを比較する場合の比較の既定のオプションになります。

  7. [OK] をクリックします。

  8. いずれかのバージョンのドキュメントで変更が追跡されている場合は、メッセージ ボックスが表示されます。 [ はい] をクリックして変更を受け入れ、ドキュメントを比較します。

  9. Microsoft Office、元の文書の変更の追跡が受け入れられる新しい 3 つ目の文書が表示され、変更後の文書の変更は変更の記録済みとして表示されます。

    比較中のソース ドキュメントは変更されません。

関連項目

文書を並べて表示して比較する

ドキュメントを比較し、変更をマージする

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×