信頼できる差出人のリストにあるメール アドレスおよびドメイン名は、メッセージの内容に関係なく、迷惑メールとして扱われることはありません。 連絡先や他の特派員を [差出人] セーフに追加して、常に受信トレイでメッセージを受信する必要を確認できます。

既定では、Outlookのメール アドレスは、[迷惑メール フィルター] によって安全な 差出人と見なされますが、この設定は変更できます。 差出人セーフ リストからのメール メッセージは、[迷惑メール] フォルダーに移動 されません。

注: 

  • 管理者アカウントをMicrosoft Exchange Server、グローバル アドレス一覧 (GAL) 内のメールボックスも安全な差出人と見なされます。 これは GAL の連絡先とメール ユーザーには適用されません。

  • Outlook の連絡先以外の個人または組織にメッセージを送信する場合、受信者のメール アドレスは [信頼できる差出人のリスト] に追加されません。 つまり、その受信者がメッセージに返信すると、返信メッセージは [迷惑メール] フォルダーに移動されることがあります。

[信頼できる差出人のリスト] に連絡先を追加するには、次の操作を行います。

  1. [ホーム] タブの [迷惑メール] をクリックし、[迷惑メールのオプション] をクリックします。

  2. [信頼できる差出人のリスト] タブで、[電子メールの送信先を自動的に [信頼できる差出人のリスト] に追加する] ボックスをオンにします。

  1. [メール] アイコンをクリックして、[ホーム] タブをクリックします。

  2. [削除] で [迷惑メール] をクリックします。次に、[迷惑メールのオプション] をクリックします。

  3. [差出人セーフ]タブで、[連絡先からのメールも信頼する]チェック ボックスをオフにします。

Outlook の連絡先ではないユーザーまたは組織にメッセージを送信すると、既定では、受信者のメール アドレスは セーフ 送信者リストに追加されません。 つまり、その受信者がメッセージに返信すると、返信メッセージは [迷惑メール] フォルダーに移動されることがあります。

メッセージの受信者が Outlook の連絡先ではない場合でも、セーフ 送信者リストに含め、次の操作を行います。

  1. [ホーム] タブの [削除] グループで [迷惑メール] をクリックし、[迷惑メールのオプション] をクリックします。

  2. [送信者セーフ]タブで、[差出人リストにメールを送信するユーザーを自動的にセーフする] チェック ボックスオンにします。

[連絡先からの電子メールも信頼する] チェック ボックスがオン (既定の設定) の場合、[連絡先] に表示されるメール アドレスは迷惑メール フィルターによって安全であると見なされます。 ただし、連絡先にリストされていない受信者にメールを送信する場合があります。 このような受信者アドレスは、既定では安全とは見なされません。 これらのアドレスを安全と見なす場合は、次の操作を行います。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [初期設定] タブの [電子メール] で、[迷惑メール] をクリックします。

  3. [差出人セーフ リスト] タブを選択します。

  4. [送信者リストにメールを送信するユーザーを自動的にセーフする] チェック ボックスをオンにします。

関連トピック

迷惑メール フィルターの概要

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×