[エンタープライズ日付 1] ~ [エンタープライズ日付 30] フィールド

[Enterprise Date1 ~ Enterprise Date30] フィールドには、プロジェクト管理管理者または管理アクセス許可を持つ他のユーザーによって定義された、タスク、リソース、または割り当てのカスタム日付情報を格納できます。 これらのフィールドは、エンタープライズ全体のすべてのユーザーが使用できます。 [Enterprise] フィールドには、開始日と終了日の情報を含めすることもできます。

Date1 ~ 30 フィールドにはEnterpriseカテゴリがあります。

データ型    日付

[エンタープライズ日付 1] ~ [エンタープライズ日付 30] (タスク フィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    カスタマイズ方法によっては、[日付] フィールドEnterprise特定の結果を表示する数式や他の条件で定義されている場合があります。

使用のポイント    [日付] フィールドに定義Enterprise使用可能なフィールドをタスク ビューに追加できます。[タスク情報] ダイアログ ボックスで、使用可能なエンタープライズ ユーザー設定タスク フィールドの一覧を表示することもできます。

使用例    自分がプロジェクト管理管理者であり、プロジェクト マネージャーからカスタム日付フィールドの要求を受け取り、新しいフェーズでの作業の完了予定日を追跡 マイルストーン しました。 新しいEnterpriseタスク フィールドとして Date1 を定義します。 チェックアウトしたエンタープライズ グローバル テンプレートでフィールドを定義し、もう一度チェックインして、すべてのユーザーが使用できる状態にします。

プロジェクト マネージャーの場合、新しい [完了予定日] フィールドEnterprise Date1 フィールドに対して "見積もり完了日" が定義Enterprise表示されます。 このフィールドをガント チャートに追加し、それを使用してマイルストーン フェーズでの作業の完了予定日を追跡します。

解説    エンタープライズ グローバル テンプレートを保存する権限を持つユーザー (プロジェクト管理管理者など) だけが、エンタープライズ グローバル テンプレートのアイテムをチェックアウトして編集できます。 その後、エンタープライズ全体のすべてのユーザーが、定義Enterpriseチェックインされたフィールドを表示できます。

[エンタープライズ日付 1] ~ [エンタープライズ日付 30] (リソース フィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    カスタマイズ方法によっては、[日付] フィールドEnterprise特定の結果を表示する数式や他の条件で定義されている場合があります。

使用のポイント    [日付] フィールドに定義されている使用可能Enterpriseリソース ビューに追加できます。[リソース情報] ダイアログ ボックスで、使用可能なエンタープライズ カスタム リソース フィールドの一覧を表示することもできます。

使用例    自分がプロジェクト管理管理者であり、プロジェクトマネージャーから、プロジェクトのリソース開始日を含めるカスタム日付フィールドの要求を受け取っています。 [Date1] フィールドEnterprise新しい "開始日" リソース フィールドProject定義します。 チェックアウトしたエンタープライズ グローバル テンプレートでフィールドを定義し、もう一度チェックインして、すべてのユーザーが使用できる状態にします。

プロジェクト マネージャーの場合、新しい [開始日] フィールドEnterprise [Project 開始日] が [Enterprise Date1] フィールドに対して定義されています。 このフィールドをリソース シートに追加し、それを使用してリソースのプロジェクト開始日を追跡します。

解説    エンタープライズ グローバル テンプレートを保存する権限を持つユーザー (プロジェクト管理管理者など) だけが、エンタープライズ グローバル テンプレートのアイテムをチェックアウトして編集できます。 その後、エンタープライズ全体のすべてのユーザーが、定義Enterpriseチェックインされたフィールドを表示できます。

[エンタープライズ日付 1] ~ [エンタープライズ日付 30] (割り当てフィールド)

入力の種類    計算または入力

計算方法    カスタマイズ方法によっては、[日付] フィールドEnterprise特定の結果を表示する数式や他の条件で定義されている場合があります。

使用のポイント    [タスクの使用状況] ビューまたは [リソースEnterprise] ビューのシート部分に、[日付] フィールドに定義されている使用可能なフィールドを追加できます。 [Enterprise] フィールドには、開始日と終了日の情報を含めすることもできます。

使用例    自分がプロジェクト管理管理者であり、重要なタスクの割り当ての推定 50% 完了日を追跡するカスタム日付フィールドの要求をプロジェクト マネージャーから受け取っています。 [Date1] フィールドEnterprise新しい [ハーフウェイ ポイント] 割り当てフィールドとして定義します。 チェックアウトしたエンタープライズ グローバル テンプレートでフィールドを定義し、もう一度チェックインして、すべてのユーザーが使用できる状態にします。

プロジェクト マネージャーの場合、新しい Enterprise Date フィールドが使用できるのが分かっています。"Halfway Point" は [Enterprise Date1] フィールドに対して定義されています。 このフィールドを [タスクの使用状況] ビューに追加し、それを使用して、重要なタスクの割り当ての完了予定日の 50% を追跡します。

解説    エンタープライズ グローバル テンプレートを保存する権限を持つユーザー (プロジェクト管理管理者など) だけが、エンタープライズ グローバル テンプレートのアイテムをチェックアウトして編集できます。 その後、エンタープライズ全体のすべてのユーザーが、定義Enterpriseチェックインされたフィールドを表示できます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×