[ズーム] ボックスを使用してテキストと式を入力する

プロパティシートやクエリデザインビューなど、狭い場所にテキストや式を入力するには、[ズーム] ボックスを使用します。 [ズーム] ボックスのサイズを変更したり、フォントを変更したりできます。 [ズーム] ボックスには、使用するたびにサイズとフォントが記憶されます。

これはサブスクライバーのみの機能です ズームボックスのサイズ変更は、 Microsoft 365 サブスクライバーでのみ利用できます。

[ズーム] ボックスを使用する

式についてヘルプが必要な場合 詳細については、「 Access の式を使用する」を参照してください。

[ズーム] ボックスを開くには

  1. プロパティボックスやクエリデザイングリッドなどのテキストボックスに挿入ポイントを配置します。

  2. テキストボックスを右クリックして [ズーム] を選択するか、Shift キーを押しながら F2 キーを押します。

  3. ミニツールバーを使用して書式を設定するには、テキストを選択し、ツールバーのオプションをクリックします。

    ミニ ツール バー

    ミニツールバーが表示されるのは、[テキスト形式] プロパティの値がリッチテキストのフィールドに設定されている場合のみです。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×