[リソースの共有] ダイアログ ボックス

[リソースの 共有] ダイアログ ボックスを使用して、他のプロジェクトとリソースを共有する設定を行います。 次の操作を実行できます。

  • リソース共有のオンとオフを切り替えます。

  • 共有するプロジェクト ファイル リソースを選択します。

  • 2 つのファイル内のリソース情報が競合する場合に優先するファイルを指定します。

ダイアログ ボックスの場所

[ツール] メニューの [リソース共有] をポイントし、[リソースの共有] をクリックします

詳細

セクションの リソース

独自のリソースを使用する     アクティブなプロジェクトで独自のリソースを使用する必要を指定します。 このオプションは、既定でオンになっています。

リソースを使用する     アクティブなプロジェクトで別のプロジェクトのリソースを使用する場合に指定します。

差出人     リソースを共有する開いているプロジェクトの名前を指定します。 このボックスは、[リソースの使用] オプションが選択 されている場合にのみ使用できます。

予定表またはリソース情報セクションとの競合時

プールが優先される     アクティブ (共有者) プロジェクトとリソース プール プロジェクトの間にリソースに関する情報が競合する場合は、リソース プール プロジェクト内の情報を尊重する必要があります。 たとえば、Sharer プロジェクトのリソースの最大単位数が 100% で、プール内の同じリソースの最大単位数が 75% で、プールが優先される場合、そのリソースの最大単位として 75% の値が保持されます。 このオプションは、既定でオンになっています。

Sharer が優先される     アクティブ (共有者) プロジェクトとリソース プール プロジェクトの間にリソースに関する情報が競合する場合は、アクティブ (共有者) プロジェクト内の情報を尊重する必要があります。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×