データ型    日付

入力の種類    計算または入力

説明    [中断日] フィールドには、タスクの実績部分の終了日を表す日付が表示されます。 通常、Projectは停止日を計算します。 ただし、この日付も編集できます。

計算方法    [停止] フィールドには、実績作業時間または完了率を入力するまで "NA" が表示されます。 この情報に基づいてProjectタスクの実際の部分と残りの部分が計算されます。 停止日は、タスクの実際の期間の終了を表します。 再開日は、タスクの残りの期間の開始を表します。 通常、停止日の直後に再開日が続きます。 進行中のタスクを分割できる場合は、再開日も後日にスケジュールできます。

使用のポイント    タスクの完了部分の終了日を表示、フィルター、または編集する場合は、[停止] フィールドをタスク ビューに追加します。 タスクの作業が停止した日付を調整できます。 ただし、停止日を編集すると、完了率が再計算されます。

使用例    今日は 2 月 4 日で、"クライアント会議の実施" タスクに 50% 完了しました。 停止日は 2 月 4 日になり、残りの期間の 50% は翌日の朝にスケジュールされます。

解説    ガント チャート ビューのガント バーをドラッグして、停止日を調整することもできます。 ただし、日付を調整すると、タスクの完了率が再計算されます。

[完了率] または [実績作業時間の合計] を入力Project、停止日を状態の日付に設定できます。 必要に応じて、プロジェクトの追跡フィールドは、将来完了した作業が表示された場合や、過去に残りの作業が表示された場合でも、最初にスケジュールされたままにしておきます。 この操作は、[オプション] ダイアログProjectで行います。

[情報] ダイアログ ボックスで、状態の日付を今日の日付以外Project設定できます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×