[作業時間の差異] フィールド

[作業時間の差異] フィールドには、タスク、リソース、または割り当ての基準作業時間と現在予定されている作業時間の差異が表示されます。

[作業時間の差異] フィールドには、いくつかのカテゴリがあります。

データ型    期間

[作業時間の差異] (タスク フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    [基準作業時間] フィールドに示すように、作業時間の値が基準作業時間の値と異なるまで、[作業時間の差異] フィールドには "0 時間" が表示されます。 Project、作業時間の差異を次のように計算します。

作業時間の差異 = 作業時間 - 基準作業時間

使用のポイント    タスクの作業見積もりが元の計画で追跡されているかどうかを分析する場合は、[作業時間の差異] フィールドをタスク ビューに追加します。

使用例    3 か月前にプロジェクトの基準計画を設定し、タスクの作業差異を確認します。 [作業時間の差異] フィールドを [タスク シート] ビューに追加して、タスクの進捗状況と現在のパフォーマンスを分析します。

解説    [作業時間の差異] フィールドに負の数が含まれている場合、基準計画に示すように、タスクに対してスケジュールされる作業時間が当初の予定よりも少なになります。 [作業時間差異] フィールドに正の数が含まれている場合、タスクの作業時間は当初計画された作業時間よりも多くスケジュールされます。 [作業時間の差異] フィールドに 0 が含まれている場合、スケジュールされた作業量は予定とまったく同じになります。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックス で基準計画を 設定できます。 [作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準作業時間] フィールドにコピーされます。

[基準作業時間] フィールドに示すように、作業時間の値が基準作業時間の値と異なるまで、[作業時間の差異] フィールドには "0 時間" が表示されます。

[作業時間の差異] (リソース フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    [基準作業時間] フィールドに示すように、作業時間の値が基準作業時間の値と異なるまで、[作業時間の差異] フィールドには "0 時間" が表示されます。 Project、作業時間の差異を次のように計算します。

作業時間の差異 = 作業時間 - 基準作業時間

使用のポイント    リソースの作業見積もりが元の計画で追跡されているかどうかを分析する場合は、[作業時間の差異] フィールドをリソース シートに追加します。

使用例    3 か月前にプロジェクトの基準計画を設定し、リソースの作業差異を確認する必要があります。 [作業時間の差異] フィールドを [リソース シート] ビューに追加して、リソースの進捗状況と現在のパフォーマンスを分析します。

解説    [作業時間の差異] フィールドに負の数が含まれている場合、基準計画に示すように、リソースに対してスケジュールされる作業時間が当初の予定よりも少なになります。 [作業時間の差異] フィールドに正の数が含まれている場合、リソースの作業時間は当初計画された作業時間よりも多くスケジュールされます。 [作業時間の差異] フィールドに 0 が含まれている場合、スケジュールされた作業量は予定とまったく同じになります。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックス で基準計画を 設定できます。 [作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準作業時間] フィールドにコピーされます。

[基準作業時間] フィールドに示すように、作業時間の値が基準作業時間の値と異なるまで、[作業時間の差異] フィールドには "0 時間" が表示されます。

[作業時間の差異] (割り当てフィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    [基準作業時間] フィールドに示すように、作業時間の値が基準作業時間の値と異なるまで、[作業時間の差異] フィールドには "0 時間" が表示されます。 Project、作業時間の差異を次のように計算します。

作業時間の差異 = 作業時間 - 基準作業時間

使用のポイント    割り当ての作業時間の見積もりが元の計画で追跡されているかどうかを分析する場合は、[作業時間の差異] フィールドを [タスクの使用状況] ビューまたは [リソース使用状況] ビューに追加します。

使用例    3 か月前にプロジェクトの基準計画を設定し、割り当ての作業時間の差異を確認します。 [タスクの使用状況] ビューに [作業時間の差異] フィールドを追加して、割り当ての進捗状況と現在のパフォーマンスを分析します。

解説    [作業時間の差異] フィールドに負の数が含まれている場合、基準計画に示すように、割り当てのスケジュールが当初の予定よりも少ない。 [作業時間の差異] フィールドに正の数が含まれている場合、割り当てに対して当初計画された作業時間よりも多くの作業時間がスケジュールされます。 [作業時間の差異] フィールドに 0 が含まれている場合、スケジュールされた作業量は予定とまったく同じになります。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックス で基準計画を 設定できます。 [作業時間] フィールドの現在の値が、対応する [基準作業時間] フィールドにコピーされます。

[作業時間の差異] フィールドには、[基準作業時間] フィールドに示すように、スケジュールされた作業時間が基準作業時間の値と異なるまで 、"0 時間" が表示されます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×