[基準計画予算作業時間] フィールド

[基準計画予算作業時間] フィールドには、予算作業時間および数量単価型リソースに対して当初計画された予算作業時間を表示します。 予算リソースはプロジェクトのサマリー タスクだけに割り当てられます。 [基準計画予算作業時間] フィールドには、プロジェクトに予算計上された作業時間の合計が表示されます。 これらのフィールドを時間配分で示したフィールドには、同じ 1 人あたりの作業時間が時間経過と共に表示されます。 [基準計画予算作業時間] フィールドを使用して、基準計画の予算作業時間を、プロジェクトで現在予算計上されている作業時間および予定作業時間と比較できます。

[基準計画予算作業時間] フィールドには複数のカテゴリがあります。

[基準計画予算作業時間] (タスク フィールド)

データ型    期間

入力の種類    計算または入力

計算方法    予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをプロジェクトのサマリー タスクに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業時間を入力すると、合計時間がプロジェクトのサマリー タスクに重ね合わされます。 プロジェクトの基準計画を設定するまでは、[基準計画予算作業時間] フィールドには、0 時間が表示されます。 プロジェクトの基準計画を保存すると、この値は [基準計画予算作業時間] タスク フィールドに保存されます。

使用のポイント    タスク シートでプロジェクトのサマリー タスクを表示し、[基準計画予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドを追加して、当初計画された予算作業時間の合計と、現在予定されている予算作業時間または実績予算作業時間を比較します。 差異を確認して、プロジェクト全体の予算作業時間の変化を参照できます。

使用例    2 か月前にプロジェクトの作業が開始されました。これは、プロジェクトの基準計画を保存した時です。 ここで、[基準計画予算作業時間] フィールドと現在の [予算作業時間] フィールドを比較します。 [タスク シート] にプロジェクトのサマリー タスクを表示し、[基準計画予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドの両方を追加して、作業予算の差異を分析し、現在の作業時間と調整の必要性を判断します。

解説    [基準計画予算作業時間] フィールドには時間単価型リソースと数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、コスト型リソースに関しては表示されません。 プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースの基準計画の予算コストに関する情報を表示するには、[基準計画予算コスト] フィールドをタスク シートに追加します。

[Project のオプション] ダイアログ ボックスで、プロジェクトのサマリー タスクを表示することができます。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。 ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。 基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。 基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

[基準計画予算作業時間] (リソース フィールド)

データ型    期間

入力の種類    計算または入力

計算方法    予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをプロジェクトのサマリー タスクに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業量を入力すると、Project はこの作業量を [予算作業時間] リソース フィールドにコピーします。 プロジェクトの基準計画を設定するまでは、[基準計画予算作業時間] フィールドには、0 時間が表示されます。 プロジェクトの基準計画を保存すると、この値は [基準計画予算作業時間] リソース フィールドに保存されます。

使用のポイント    当初計画された予算作業時間合計情報を確認する場合は、[基準計画予算作業時間] フィールドをリソース シートに追加します。 さらに、[予算作業時間] フィールドを追加すると、当初の計画と現在予定されている予算作業時間情報を比較できます。 差異を確認して、プロジェクト全体の予算作業時間の変化を参照できます。

使用例    2 か月前にプロジェクトの作業が開始されました。これは、プロジェクトの基準計画を保存した時です。 ここで、[基準計画予算作業時間] フィールドと予算リソースの現在の [予算作業時間] フィールドを比較します。 [リソース シート] には、[基準計画予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドの両方を表示して、作業予算の差異を分析し、現在の作業時間と調整の必要性を判断します。

解説    [基準計画予算作業時間] フィールドには時間単価型リソースと数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、コスト型リソースに関しては表示されません。 プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースの基準計画の予算コストに関する情報を表示するには、[基準計画予算コスト] フィールドをタスク シートに追加します。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。 ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。 基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。 基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

[基準計画予算作業時間] (割り当てフィールド)

データ型    期間

入力の種類    計算または入力

計算方法    予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをプロジェクトのサマリー タスクに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業量を入力すると、Project はこの作業量を [予算作業時間] 割り当てフィールドにコピーします。 プロジェクトの基準計画を設定するまでは、[基準計画予算作業時間] フィールドには、0 時間が表示されます。 プロジェクトの基準計画を保存すると、この値は [基準計画予算作業時間] 割り当てフィールドに保存されます。

使用のポイント    当初計画された予算作業時間の合計情報を確認する場合は、[基準計画予算作業時間] フィールドを [タスクの使用状況] ビューまたは [リソース使用状況] ビューに追加します。 さらに、[予算作業時間] フィールドを追加すると、当初の計画と現在予定されている予算作業時間情報を比較できます。 差異を確認して、プロジェクト全体の予算作業時間の変化を参照できます。

使用例    2 か月前にプロジェクトの作業が開始されました。これは、プロジェクトの基準計画を保存した時です。 ここで、[基準計画予算作業時間] 割り当てフィールドと現在の [予算作業時間] 割り当てフィールドを比較します。 [タスクの使用状況] ビューでは、作業予算の差異を分析し、現在の作業時間と調整が必要かどうかを判断するために、ビューのシート部分に [基準計画予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドの両方を表示します。

解説    [基準計画予算作業時間] フィールドには時間単価型リソースと数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、コスト型リソースに関しては表示されません。 プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースについて、基準計画の予算コストに関する情報を表示するには、[基準計画予算コスト] フィールドを [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのシート領域に追加します。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。 ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。 基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。 基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

[基準計画予算作業時間] (タイムスケール領域のタスク フィールド)

データ型    期間

入力の種類    計算または入力

計算方法    予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをプロジェクトのサマリー タスクに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業時間を入力すると、合計値がタイムスケール領域のタスク フィールド レベルに細分化されます。 プロジェクトの基準計画を設定するまでは、[基準計画予算作業時間] フィールドには、0 時間が表示されます。 プロジェクトの基準計画を保存すると、この値はタイムスケール領域の [基準計画予算作業時間] タスク フィールドに保存されます。

使用のポイント    [タスク配分状況] ビューの [ 詳細のスタイル ] ダイアログ ボックスで、ビューのタイムシート領域に [基準計画予算作業時間] フィールドを追加することもできます。 これにより、プロジェクトのサマリー タスクに関する基準計画予算作業時間の内訳が時間経過と共に表示されます。 ビューに [予算作業時間] フィールドも表示すると、当初計画された予算作業時間の時間配分と現在予定されている予算作業時間を比較できます。

使用例    2 か月前にプロジェクトの作業が開始されました。これは、プロジェクトの基準計画を保存した時です。 ここで、タイムスケールの [基準計画予算作業時間] フィールドと、プロジェクトのサマリー割り当ての現在の [予算作業時間] フィールドを比較します。 [タスクの使用状況] ビューで、ビューのタイムシート部分に [基準計画予算作業時間] フィールドを追加します。

解説    [基準計画予算作業時間] フィールドには時間単価型リソースと数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、コスト型リソースに関しては表示されません。 プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースについて、基準計画の予算コストに関する時間配分情報を表示するには、[タスク配分状況] ビューのタイムシート領域に [基準計画予算コスト] フィールドを追加します。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。 ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。 基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。 基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

[基準計画予算作業時間] (タイムスケール領域のリソース フィールド)

データ型    期間

入力の種類    計算または入力

計算方法    予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをプロジェクトのサマリー タスクに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業時間を入力すると、この値がタイムスケール領域のリソース フィールド レベルに細分化されます。 プロジェクトの基準計画を設定するまでは、[基準計画予算作業時間] フィールドには、0 時間が表示されます。 プロジェクトの基準計画を保存すると、この値はタイムスケール領域の [基準計画予算作業時間] リソース フィールドに保存されます。

使用のポイント    [リソース配分状況] ビューの [詳細のスタイル] ダイアログ ボックスで、ビューのタイムシート領域に [基準計画予算作業時間] フィールドを表示して、当初計画された予算作業時間の時間配分を確認します。 同様に [予算作業時間] フィールドを追加すると、当初の計画と現在予定されている予算作業時間に関する情報を比較できます。

使用例    2 か月前にプロジェクトの作業が開始されました。これは、プロジェクトの基準計画を保存した時です。 次に、タイムスケールの [基準計画予算作業時間] フィールドと、プロジェクトのサマリー割り当てのコスト リソース別の現在の [予算作業時間] フィールドを比較します。 [リソース使用量] ビューで、[基準計画予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドの両方を表示して、作業予算の差異を分析し、現在の作業時間を管理しているのか、調整が必要かを判断します。

解説    [基準計画予算作業時間] フィールドには時間単価型リソースと数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、コスト型リソースに関しては表示されません。 プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースについて、基準計画の予算コストに関する時間配分情報を表示するには、[基準計画予算コスト] フィールドを [リソース配分状況] ビューのタイムシート領域に追加します。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。 ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。 基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。 基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

[基準計画予算作業時間] (タイムスケール領域の割り当てフィールド)

データ型    期間

入力の種類    計算または入力

計算方法    予算リソースである時間単価型リソースまたは数量単価型リソースをプロジェクトのサマリー タスクに割り当て、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューでリソースの作業時間を入力すると、この値がタイムスケール領域の割り当てフィールドに細分化されます。 プロジェクトの基準計画を設定するまでは、[基準計画予算作業時間] フィールドには、0 時間が表示されます。 プロジェクトの基準計画を保存すると、この値はタイムスケール領域の [基準計画予算作業時間] 割り当てフィールドに保存されます。

使用のポイント    [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューの [詳細のスタイル] ダイアログ ボックスで、ビューのタイムシート領域に [基準計画予算作業時間] フィールドを表示することができます。 これで、当初の計画の予算作業時間を確認することができます。 さらに、[予算作業時間] フィールドを追加すると、当初の計画と現在予定されている予算作業時間情報を比較できます。

使用例    2 か月前にプロジェクトの作業が開始されました。これは、プロジェクトの基準計画を保存した時です。 ここで、[基準計画予算作業時間] フィールドと対応する [予算作業時間] フィールドを期間別に比較します。 [タスクの使用状況] ビューでは、作業予算の差異を分析し、現在の作業時間と調整が必要かどうかを判断するために、ビューのタイムシート部分に [基準計画予算作業時間] フィールドと [予算作業時間] フィールドの両方を表示します。

解説    [基準計画予算作業時間] フィールドには時間単価型リソースと数量単価型リソースに関する情報が表示されますが、コスト型リソースに関しては表示されません。 プロジェクトのサマリー タスクに割り当てられているコスト型リソースについて、基準計画の予算コストに関する情報を表示するには、[基準計画予算コスト] フィールドを [タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのタイムシート領域に追加します。

[基準計画の設定] ダイアログ ボックスで基準計画を保存することができます。

基準計画の保存後も、基準計画の予算作業時間を編集できます。 ただし、編集された基準計画の値は、どの基準計画の予算作業時間フィールドにも再計算されません。 基準計画を保存する目的は、プロジェクト計画のある時点の「スナップショット」を取得することです。 基準計画の値を編集すると、情報の整合性が変更され、差異の分析から誤った結論が導き出される可能性があります。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×