[後続タスク] (タスク フィールド)

データ型    整数リスト

エントリの種類    入力済み

説明    [後続タスク] フィールドには、 タスク ID タスクの 後続処理 番号が一覧表示されます。 後続タスクを開始または終了するには、タスクを開始または終了する必要があります。 後続タスクは、特定の種類のタスクの依存関係と、タスクの種類または リード タイム によって ラグ タイム (時間差)。

使用のポイント    タスク後続タスクを表示または更新する場合は、[後続タスク] フィールドをタスク シートに追加します。 各後続タスクはタスク ID 番号で表され、その後に依存関係とリードタイムまたはラグ タイムが続く場合があります。 後続タスクの依存関係の種類は、FS (終了から開始)、FF (終了から終了)、SS (開始から開始)、および SF (開始から終了) です。 リード タイムを入力するには、負の数を入力します。 ラグ タイムを入力するには、正の数値を入力します。

使用例    プロジェクト内のタスクの後続タスクを確認し、スケジュールを分析して調整する必要があります。 [後続タスク] フィールドを [タスク シート] ビューに追加します。 "見積もりの開発" タスクの [後続タスク] フィールドにエントリ "14FS+3d" が表示されます。つまり、task14 は、このタスクの後続タスクであり、終了-開始の依存関係と 3 日間のラグ タイムです。 task14 を開始するには、このタスクの完了から 3 日後に待機する必要があります。 また、[クライアント会議の実施] タスクの [後続タスク] フィールドが空白の場合も表示されます。 「15FS」と入力して、このタスクを task15 にリンクし、終了から開始の依存関係を指定します。

解説    [後続タスク] フィールドにタスク ID 番号のみを入力すると、Microsoft Office Project時間が 0 の終了と開始の依存関係が想定されます。 後続の値が複数ある場合は、すべて 区切り文字(通常はコンマまたはセミコロン) で区切られます。

[編集] メニューの [タスクのリンク] コマンドを使用して、選択したタスクを終了から開始の依存関係と 0 ラグ タイムにリンクできます。 タスクをリンクするには、[ガント チャート] ビューまたは [ネットワーク ダイアグラム] ビューのグラフ領域で、タスク間をドラッグします。

後続タスクが別のプロジェクトのタスクである場合、[後続タスク] フィールドには、タスク ID と依存関係の種類に加えて、リンクされたプロジェクトへのパスも含されます。 例: C:\My Documents\Bldg E Construction.mpp\3FF。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×