繰り返し行うタスクを自動化して、1 回のクリックでタスクを再度実行するには、Excel for Mac の [開発] タブを使用してマクロを記録して実行します。 Visual Basic for Applications Microsoft Visual Basic エディター (VBA) の Visual Basic エディター を使用してマクロを作成し、独自のマクロ プログラミング コードを作成できます。 マクロを使用しなくなった場合は、削除できます。

マクロを記録する

マクロを記録すると、マクロで実行する操作に必要なすべての手順がマクロ記録によって記録されます。 これらの手順には、文字列または数値の入力、リボンまたはメニューでのセルまたはコマンドのクリック、書式設定、セル、行、または列の選択、およびスプレッドシートでマウスをドラッグすることによるセルの選択が含まれます。 マクロを記録、作成、および削除するコマンドは、リボンの [開発] タブで使用できます。

  1. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. [リボンExcel>設定] >ツール バー] &選択します

    2. [リボン のユーザー設定] で、[メイン タブ ] を選択し 、[開発] チェック ボックスを オンにします

    3. [保存] をクリックし、[環境設定] Excel閉じます

    Excel for Mac の [開発] タブの [環境設定]
  2. [開発] タブの [マクロの記録] をクリックします

    注: VBE からマクロを作成するには、[Visual Basic] をクリックします。 モジュールのコード ウィンドウで、使用するマクロ コードを入力します。

    Excel for Mac のマクロの記録
  3. [マクロ名] ボックスにマクロ名を入力します。

    2 番目以降の文字には、文字、数字、またはアンダースコア (_) を使用できます。 マクロ名にスペースは使用できません。 単語を区切るときはアンダースコアを使います。 セル参照と同じマクロ名を使用した場合、マクロ名が無効であることを通知するエラー メッセージが表示されることがあります。

  4. [マクロの保存先] ボックスの一覧で [このブック] を選びます。

  5. [ショートカット キー] ボックスに、使用する小文字または大文字のアルファベットを入力します。

    Excel for Mac の [マクロの記録] フォーム

    注: ショートカット キーを登録したマクロを含むブックが開いている間は、対応する Excel の既定のショートカット キーが無効になります。

  6. [説明] ボックスにマクロの説明を入力し、[OK] をクリックします。

  7. マクロの記録を完了します。

  8. [開発] タブの [記録終了] をクリックします。

ページの先頭へ

マクロを削除する

  1. [開発] タブで、[マクロ] をクリックします。

  2. 一覧で、削除するマクロをクリックし、削除ボタンをクリックします。

    マクロを選んでマイナス記号をクリックして削除する

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×