適用対象

BoundObjectFrame オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

ComboBox オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

FormatCondition オブジェクト

Rectangle オブジェクト

Image オブジェクト

Section オブジェクト

Label オブジェクト

TextBox オブジェクト

ListBox オブジェクト

BackColor プロパティを使用し、コントロールまたはセクションの内部の色を指定できます。 Long 型の値の取得および設定が可能です。

expression.BackColor

expression 必ず指定します。 [適用対象] ボックスの一覧にあるオブジェクトのいずれかを返す式。

設定

BackColor には、コントロールまたはセクションの内部を塗りつぶす色に相当する数値式が含まれています。

[カラー ビルダー] を使用して、このプロパティを設定するには、プロパティ ウィンドウのプロパティ ボックスの右側にある [ビルド] プロパティ シート。 カラー ビルダーを使用すると、コントロールまたはセクションのユーザー設定の背景色を定義できます。

このプロパティは、コントロールまたはセクションのプロパティ シート、マクロ、Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用する方法でも設定できます。あるいは、[フォント] の下にある [塗りつぶしの色] コマンドでも設定できます (デザイン ビューのときは [デザイン] タブで、レイアウト ビューのときは [書式設定] タブで選択します)。

Visual Basic for Applications (VBA) コードで、数値式を使用してこのプロパティを設定します。 このプロパティのデータ型は Long です。

コントロールの既定のコントロール スタイルまたは VBA コードの DefaultControl プロパティを使用して、このプロパティの既定値を設定できます。

[テーブル] オブジェクトの場合、[データ] タブの [フォント] の下にある [塗りつぶしの色] コマンドを使用してこのプロパティを設定できます。あるいは、VBA コードで DatasheetBackColor プロパティを使用します。

解説

BackColor プロパティを使用するには、BackStyle プロパティが利用できる場合、それを [標準] に設定する必要があります。

次の例では、RGB 関数を使用し、txtPastDue テキスト ボックスの値に基づいて BorderColorBackColorForeColor プロパティを設定します。 これらのプロパティは QBColor 関数で設定することもできます。 Form_Current( ) イベントに次のコードを入れると、ユーザーがフォームを開くか、新しいレコードに移動した直後、コントロールの表示特性が設定されます。

Sub Form_Current()
Dim curAmntDue As Currency, lngBlack As Long
Dim lngRed As Long, lngYellow As Long, lngWhite As Long
If Not IsNull(Me!txtPastDue.Value) Then
curAmntDue = Me!txtPastDue.Value
Else
Exit Sub
End If
lngRed = RGB(255, 0, 0)
lngBlack = RGB(0, 0, 0)
lngYellow = RGB(255, 255, 0)
lngWhite = RGB(255, 255, 255)
If curAmntDue > 100 Then
Me!txtPastDue.BorderColor = lngRed
Me!txtPastDue.ForeColor = lngRed
Me!txtPastDue.BackColor = lngYellow
Else
Me!txtPastDue.BorderColor = lngBlack
Me!txtPastDue.ForeColor = lngBlack
Me!txtPastDue.BackColor = lngWhite
End If
End Sub

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×