[BCWP] (実行される予算作業コスト) フィールドには、タスク、リソース、または割り当ての完了率にタイムスケール基準コストを掛けた累積値が含まれます。 BCWP は、状態の日付または今日の日付まで計算されます。 この情報は、 とも呼 達成額。

BCWP フィールドには、いくつかのカテゴリがあります。

データ型    通貨

BCWP (タスク フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    タスクが最初に作成されると、BCWP は 0.00 になります。 基準計画が保存され、タスクの進捗状況が報告された (実績作業時間、実績期間、または作業時間の割合として) すぐに、BCWP Microsoft Office Project計算されます。 この計算は、タスクの基準期間と比較して、作業の完了率に基づいて計算されます。 Project累積基準コストを計算し、タスクの基準期間のその時点へのタスクの進捗状況を考えると、タスクの実績コストの値を提供します。

使用のポイント    [BCWP] フィールドをタスク シートに追加して、タスクに費やした予算の金額を、過去の作業量とタスクのタイムスケールの基準コストを基に、タスクに費やした予算の金額をステータスの日付または今日の日付まで確認します。

使用例    タスクの基準期間は 8 日間で、基準コストは $400 です。 割り当てられた 1 つのリソースから、先週の金曜日の現在、タスクが 25% 完了したと報告されています。 先週の金曜日がステータスの日付の場合、この時点の BCWP は $100 です。 リソースが割り当てが 50% 完了したと報告すると、BCWP は $200 になります。

別のタスクの基準期間は 4 日間で、基準コストは $60 です。 これらのコストは、4 日間で 10 ドル、10 ドル、20 ドル、および $20 としてタイムスケールされます。 タスクが 50% 完了しました。 基準期間の 50% は最初の 2 日間で構成され、基準コストは 10 ドルなので、この時点の BCWP は $20 です。 その後、タスクは 75% 完了です。 75% は最初の 3 日間で構成され、計算は累積されたため、この時点の BCWP は 40 ドルになります。

解説    [BCWP] フィールドと [ACWP] (実績作業時間) フィールドを比較して、タスクが予算面で管理されているかどうかを判断できます。 [CV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。 BCWP と [BCWS] (予定作業時間の予算コスト) フィールドを比較して、割り当てがスケジュールの観点から追跡されているかどうかを判断することもできます。 [SV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。

BCWP (リソース フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    リソースが割り当てられたタスクの進捗状況 (実績作業時間、実績期間、または作業時間の割合) を報告し始め、基準計画が保存されたとすぐに、Microsoft Office Project はリソースの BCWP を計算します。 リソースの BCWP は、すべてのリソースの割り当ての BCWP 値の合計として計算されます。

使用のポイント    [BCWP] フィールドをリソース シートに追加します。 その後、リソースに費やされた予算の量を確認できます。リソースに割り当てられた作業時間の量と、リソースのタイムスケールの基準コスト (ステータスの日付または今日の日付まで) を確認できます。

使用例    1 つの割り当てタスクに BCWP が 100 ドル、別の割り当てタスクに 200 ドル、3 番目に割り当てられたタスクに 50 ドルが割り当てられました。 [リソース シート] ビューでは、Sean が BCWP を 350 ドルロールアップしているのが表示されます。

解説    [BCWP] フィールドと [ACWP] (実績作業時間) フィールドを比較して、予算面でリソースが管理されているかどうかを判断できます。 [CV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。 BCWP と [BCWS] (予定作業時間の予算コスト) フィールドを比較して、割り当てがスケジュールの観点から追跡されているかどうかを判断することもできます。 [SV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。

BCWP (割り当てフィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    割り当てが最初に行われた場合、割り当ての BCWP は 0.00 です。 基準計画が保存され、割り当ての進捗状況が (実績作業時間、実績期間、または作業完了率で) 報告され次第、Microsoft Office Project は割り当ての BCWP を計算します。 作業の完了量には、割り当てのタイムスケールの基準コストが、ステータスの日付または今日の日付まで乗算されます。

使用のポイント    [タスクの使用状況] ビューまたは [リソース使用率] ビューのタイムスケール部分に BCWP フィールドを追加します。 このフィールドには、これまでに行われた作業量と割り当ての基準コストを表示して、割り当てに費やした予算の金額が表示されます。

使用例    先週の金曜日の BCWP について報告する必要があります。 ステータス日付として金曜日の日付を入力し、基準コストが $400 の割り当てのコストを確認します。 リソースから、割り当てが 25% 完了したと報告されています。 25% で表される実績作業時間が状況報告日より前に報告された場合、割り当ての BCWP は $100 になります。 25% で表される実績作業時間の半分がステータス日より後の場合、割り当ての BCWP は $50 になります。

解説    [BCWP] フィールドと [ACWP] (実績作業時間) フィールドを比較して、割り当てが予算面で管理されているかどうかを判断できます。 [CV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。 BCWP と [BCWS] (予定作業時間の予算コスト) フィールドを比較して、割り当てがスケジュールの観点から追跡されているかどうかを判断することもできます。 [SV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。

BCWP (タイムスケールのタスク フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    タスクが最初に作成されると、BCWP は 0.00 になります。 基準計画が保存され、タスクの進捗状況が (実績作業時間、実績期間、または作業完了率で) 報告され次第、Microsoft Office Project はタスクのタイムスケールの BCWP を計算します。 完了率は、タスクの基準期間と比較されます。 Project、基準期間のその時点の累積基準コストを計算し、タスクの完了率を指定して、タスクの実績コストの値を提供します。

使用のポイント    [タスク使用状況] ビューのタイムスケール部分に BCWP フィールドを追加します。 このフィールドには、タスクに費やした予算の量が表示されます。タスクの完了率とタイムスケールの基準コスト (ステータスの日付または今日の日付まで) が表示されます。 このフィールドを使用して、最初の実績作業時間値エントリからステータス日付または今日の日付まで BCWP のグラフを作成することもできます。

使用例    タスクの基準期間は 8 日間で、基準コストは $400 です。 先週の金曜日の現在、タスクの完了率は 25% です。 ステータスの日付が先週金曜日の場合、BCWP は $100 です。 その後、タスクが 50% 完了すると、BCWP は $200 になります。

別のタスクの基準期間は 4 日間で、基準コストは $60 です。 これらのコストは、4 日間で 10 ドル、10 ドル、20 ドル、および $20 としてタイムスケールされます。 タスクが 50% 完了しました。 この時点の BCWP は $20 です。期間の 50% は最初の 2 日間で構成され、基準コストは 10 ドルです。 その後、タスクが 75% 完了すると、BCWP は $40 になります。75% は最初の 3 日間で構成され、計算は累積されます。

解説    [BCWP] フィールドと [ACWP] (実績作業時間) フィールドを比較して、予算面でタスクが管理されているかどうかを判断できます。 [CV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。 BCWP と [BCWS] (予定作業時間の予算コスト) フィールドを比較して、割り当てがスケジュールの観点から追跡されているかどうかを判断することもできます。 [SV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。

BCWP (タイムスケールのリソース フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    リソースが割り当てられたタスクの進捗状況 (実績作業時間、実績期間、または作業時間の割合) を報告し始め、基準計画が保存されたとすぐに、Microsoft Office Project はリソースの BCWP を計算します。 リソースのタイムスケールの BCWP は、リソースに割り当てられたすべてのタスクの BCWP 値の合計として、累積され、時間のと一度に分散された値として計算されます。

使用のポイント    [リソース使用率] ビューのタイムスケール部分に BCWP フィールドを追加します。 その後、リソースに費やされた予算の金額を、これまでに行った作業量とリソースのタイムスケールの基準コスト (ステータスの日付または今日の日付まで) を表示できます。

使用例    1 つの割り当てタスクに BCWP が 100 ドル、別の割り当てタスクに 50 ドル、3 番目に割り当てられたタスクに 50 ドルが割り当てられました。 ショーンは 4 日前にこれらのタスクの作業を開始しました。 [リソース使用量] ビューのタイムスケール部分では、過去 4 日間のタイムスケールの BCWP は $50、$100、$150、および $200 として表示されます。

解説    [BCWP] フィールドと [ACWP] (実績作業時間) フィールドを比較して、予算面でリソースが管理されているかどうかを判断できます。 [CV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。 BCWP と [BCWS] (予定作業時間の予算コスト) フィールドを比較して、割り当てがスケジュールの観点から追跡されているかどうかを判断することもできます。 [SV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。

BCWP (タイムスケールの割り当てフィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    割り当てが最初に行われた場合、割り当てのタイムスケールの BCWP は 0.00 です。 基準計画が保存され、割り当ての進捗状況が (実績作業時間、実績期間、または作業完了率で) 報告され次第、BCWP Microsoft Office Project計算されます。 作業の完了量に、割り当てのタイムスケールの基準コストが乗算されます。

使用のポイント    [タスクの使用状況] ビューまたは [リソース使用率] ビューのタイムスケール部分に BCWP フィールドを追加します。 このフィールドには、これまでに行われた作業量と、割り当てのタイムスケールの基準コスト (ステータスの日付または今日の日付まで) を表示して、割り当てに費やした予算の金額が表示されます。 このタイムスケールの BCWP 値を使用してグラフを作成することもできます。

使用例    これは火曜日であり、基準コストが 400 ドルの割り当てについて、タイムスケールの BCWP を報告する必要があります。 割り当てられたリソースから、割り当てが 50% 完了したと報告されています。 ステータスの日付が先週金曜日で、50% で表される実績作業時間が火曜日から金曜日の間に行った場合、タイムスケールの BCWP は、火曜日から金曜日のそれぞれ $25、$50、$75、および $100 と表示されます。

解説    [BCWP] フィールドと [ACWP] (実績作業時間) フィールドを比較して、割り当てが予算面で管理されているかどうかを判断できます。 [CV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。 BCWP と [BCWS] (予定作業時間の予算コスト) フィールドを比較して、割り当てがスケジュールの観点から追跡されているかどうかを判断することもできます。 [SV] フィールドには、これらのフィールドの違いが表示されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×