Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

適用対象

Form オブジェクト

DataChange イベントが発生したときに、マクロ、イベント プロシージャ、またはユーザー定義関数を示す文字列を設定するか、返します。 読み取り/書き込み。

expression.DataChange

expression 必ず指定します。 [適用対象] ボックスの一覧にあるオブジェクトのいずれかを返す式。

解説

このプロパティの有効な値は "macroname" (macronameはマクロの名前)、指定したオブジェクトの DataChange イベントに関連付けられたイベント プロシージャを示す "[Event Procedure]"、または "=functionname()" (functionname はユーザー定義関数の名前) です。

使用例

次の例は、現在のプロジェクトの最初のフォームで DataChange イベントが発生したときに、関連付けられたイベント プロシージャを実行することを指定します。

Forms(0).DataChange = "[Event Procedure]"

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×