Access デスクトップ データベースでスクリーン リーダーを使ってテーブルを作成する

Access デスクトップ データベースでスクリーン リーダーを使ってテーブルを作成する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Access でキーボードとスクリーンリーダーを使用して、 Access デスクトップデータベースにテーブルを追加します。 これは、ナレーターと NVDA でテストしていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。 また、テーブルの保存、名前の変更、削除を行う方法についても説明します。

注: 

この記事の内容

Access のテーブル

すべての情報やデータはテーブルに保存されるため、テーブルはデータベースにとって重要なオブジェクトです。 たとえば、ビジネス用のデータベースには、仕入先、電子メールアドレス、電話番号の名前が保存されている連絡先テーブルを含めることができます。 テーブルを作成する前に、要件を考慮し、必要になる可能性のあるすべてのテーブルを決定します。 データベースの計画および設計のヘルプについては、「データベース設計の基本」を参照してください。

Accessなどのリレーショナルデータベースには、通常、論理的に接続されたテーブルがいくつかあります。 一般的なデータベースでは、各テーブルに従業員や製品などの特定の件名に関するデータを格納します。 テーブルには、レコード (行)、フィールド (列)、および各レコードのフィールド値 (セル) があります。

  • レコード (行) には、特定の従業員または製品に関する情報など、特定のデータが含まれます。

  • フィールド (列) には、名、メール アドレス、価格など、テーブルの件名のある側面についてのデータが含まれています。

  • レコードのフィールドの値 (セル) には、テキスト、数値、日付、およびハイパーリンクなどのさまざまな種類のデータが含まれます。

各テーブルには、特定の件名に関するデータが保存されますが、 Accessなどのリレーショナルデータベースのテーブルには、関連する主題に関するデータが格納されます。 たとえば、データベースには次のものが含まれている場合があります。

  • 会社の顧客とその住所を一覧表示する顧客テーブル

  • 各項目の価格と写真を含む、販売する製品を一覧表示する製品テーブル

  • 顧客の注文を追跡する注文テーブル

別々のテーブルに格納されているデータを関連付けるには、リレーションシップを作成します。 リレーションシップとは、共通のフィールドを持つ 2 つのテーブル間の論理的な関連付けです。 Access デスクトップデータベースのテーブル間のリレーションシップを作成する方法については、「リレーションシップを作成、編集、または削除する」を参照してください。

テーブルを追加する

  1. 新規または既存のデータベースを開きます。

  2. 表を作成するには、Alt キーを押しながら C キーを押し、T キー、N キーを押して、[リボンの作成] タブでテーブルを選択します。 新しいテーブルが追加され、"テーブル N" と読み上げられます。 フォーカスは、最初のレコードの2番目のフィールド値にあります。 (最初のフィールドの既定の名前はIDです)。

  3. テーブルにデータを入力します。 Excel のブックなど、他のソースからデータを貼り付けることもできます。 詳細については、「 Office クリップボードを使用してコピーと貼り付けを行う」を参照してください。

    新しいフィールドにフィールド値を入力して、方向キーを使用して次のフィールド値に移動すると、フィールド "フィールド名" が自動的に Access されます。

フィールドヘッダーの名前を変更する

テーブルのフィールド (列) ヘッダーの名前を変更できます。

  1. フィールドを選択するには、任意のレコードで、フィールドにフォーカスを移動し、Ctrl キーを押しながら Space キーを押します。 列が選択されています。

  2. コンテキスト メニューを開くには、Shift + F10 キーを押します。

  3. [フィールド名の変更] を選択するには、N キーを押します。フォーカスがフィールドの見出しに移動し、"メニュー、データシート、行 N"、フィールドの名前、"入力およびテキスト" と読み上げられます。 フィールドの新しい名前を入力します。

ヒント: 製品名や価格などの意味のあるヘッダー名は、コンテンツを表示せずに各フィールドに含まれる内容を把握するのに役立ちます。

フィールドを挿入する

テーブルの既存のフィールドの左側にフィールド (列) を挿入することができます。

  1. 列の左側に挿入するフィールドを選択するには、フィールドにフォーカスを移動し、Ctrl キーを押しながら Space キーを押します。 列が選択されています。

  2. コンテキスト メニューを開くには、Shift + F10 キーを押します。

  3. [フィールドの挿入] を選択するには、F キーを4回押してから、enter キーを押します。 フォーカスが新しいフィールドの最初のレコードに移動します。

フィールドを追加する

テーブルの右側に新しいフィールド (列) を作成できます。

  1. 新しいフィールドを追加する周囲のレコードに移動します。

    • テーブルの最初のレコードに移動するには、Ctrl キーを押しながら Home キーを押します。

    • テーブルの最後のフィールドの最後のレコードに移動するには、Ctrl キーを押しながら End キーを押します。

  2. 表の右側に新しいフィールドを作成するには、行番号と列が読み上げられるまで右方向キーを押し、[クリックして追加] をクリックします。

  3. 現在のレコードのフィールド値を入力します。 別のセルに移動すると、新しいフィールドが既定の名前 "\" のdnで追加されます。

  4. 新しいフィールドの最初のレコードに移動するには、Ctrl キーを押しながら↑キーを押します。

テーブルを保存する

新しいテーブルを作成するか、既存のテーブルを変更した後、作業内容を保存します。

  1. 表を保存するには、Ctrl キーを押しながら S キーを押すか、Alt キーを押しながら F キーを押します。

    テーブルを初めて保存すると、[名前を付け保存] ダイアログが開き、"名前を付けて保存" という音声が聞こえ、テーブルの既定の名前が読み上げられます。

    注: 

    • 変更を保存せずにテーブルを閉じようとすると、確認のダイアログが表示されます。 表を閉じる前に保存するには、Alt キーを押しながら Y キーを押します。 変更を破棄するには、Alt キーを押しながら N キーを押します。

    • 既存のテーブルに変更を保存すると、以前に指定した名前のテーブルが表示されます。 テーブルを保存するときに名前を変更するには、F12 キーを押します。 [名前を付けて保存] ダイアログが開き、新しい名前を入力することができます。

  2. テーブルの名前を入力し、Enter キーを押します。

    初めてテーブルを保存する場合は、そのテーブルに含まれるデータ (たとえば、顧客パーツインベントリ製品) について説明する名前を付けます。

    ヒント: データベース内のオブジェクトの名前付け規則を決定して、一貫して使用します。

テーブルの名前を変更する

注: テーブルが開いているときは名前を変更できません。 アクティブな表を閉じるには、Ctrl キーを押しながら W キーを押します。 フォーカスが次に開いているテーブルに移動します。 開いているテーブルが残っていない場合は、ナビゲーションウィンドウにフォーカスが移動します。

  1. ナビゲーションウィンドウで、"テーブル" と読み上げられるまで tab キーを押し、目的の表が読み上げられるまで下方向キーを押します。

  2. テーブルのコンテキストメニューを開くには、Shift + F10 キーを押します。

  3. コンテキストメニューから [名前の変更] を選択するには、M キーを2回押してから enter キーを押します。 "名前の変更" と読み上げられます。

  4. 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

表を削除する

  1. データシートビューで、すべてのテーブルを閉じます。 フォーカスが、ナビゲーション ウィンドウに移動します。

  2. 削除する表が読み上げられるまで、下方向キーを押します。

  3. Delete キーを押します。 削除を確認するウィンドウが表示されます。 フォーカスは [はい] ボタンにあります。

  4. テーブルを削除するには、Enter キーを押します。

注: デザインビューからデータシートビューに切り替えるには、Alt キーを押しながら H キーを押し、W キーを押し、h キーを押します。データシートビューからデザインビューに切り替えるには、Alt キーを押しながら H キーを押し、W キーを押し、D キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Access を起動します。

Access デスクトップデータベースでスクリーンリーダーを使用して列を追加または削除する

スクリーンリーダーを使用して Excel データを Access デスクトップデータベースに移行する

スクリーンリーダーを使用して Access のテーブルをテキストファイルにエクスポートする

スクリーンリーダーを使用して Access テーブルを Excel ブックにエクスポートする

Access のキーボード ショートカット

スクリーンリーダーを使用して Access を検索および移動する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

お時間を最大限に活用するためのサブスクリプション

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×