Access デスクトップ データベースを共有する方法

Access デスクトップ データベースを共有する方法

Access データベースを共有する場合、ユーザーのニーズやリソースの可用性に応じてさまざまな方法があります。 この記事では、利用可能なオプション、各オプションの利点、および詳細なリソースについて説明します。

この記事の内容

Access データを共有する方法の概要

データベース アプリケーションは、時間のと一度に変化し、拡大します。 同時ユーザーの数、ネットワーク環境、スループット、待機時間、データベースのサイズ、使用時間のピーク、予想される増加率など、多くの要因がニーズとパフォーマンスに影響します。 つまり、データベース ソリューションが成功した場合は、おそらく進化する必要があります。 幸いなことに、Access には、ソリューションを効果的にスケーリングするために時間がかかる進化的なパスがあります。 次の表は、Access のシナリオとワークロードをまとめたので、そのパスを選ぶのに役立ちます。

Access の共有オプションの概要

ページの先頭へ

1 つのデータベースを共有する

これは最も簡単なオプションで要件も最小ですが、機能も最小限に限定されます。 この方法では、データベース ファイルが共有ネットワーク ドライブに格納され、すべてのユーザーがデータベース ファイルを同時に共有できます。 すべてのデータベース オブジェクトを共有できるため、同時に複数のユーザーがデータを変更すると、信頼性や可用性が制限されます。 この方法はまた、ネットワーク経由ですべてのデータベース オブジェクトが送信されるため、パフォーマンスが低下する可能性もあります。

このオプションは、データベースを同時に使用することが予測されるユーザーが数名のみで、ユーザーがデータベースのデザインをカスタマイズする必要がない場合に有効です。 ただし、各ユーザーはデータベース ファイルの完全なコピーを持つため、この方法はデータベースを共有する他の方法よりも安全性が低く、不正アクセスのリスクが高まっているためです。

共有フォルダーを使用してデータベースを共有するには、

  1. 家庭や中小企業の環境では、フォルダーを特定のユーザーと共有します。 詳細については 、Windows 10 のネットワークを使用したファイル共有に関するページを参照してください

  2. Access が、すべてのユーザーのコンピューターで共有モードで開く設定に設定されている必要があります。 これは既定の設定ですが、ユーザーがデータベースを排他モードで開くと、データの可用性が妨げになる可能性があります。

    1. Access を起動し、[ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

    2. [Access のオプション] ボックスで、[クライアントの設定] をクリックします。

    3. [詳細設定]セクションの[既定の開くモード] で、[共有] を選択し、[OK]をクリックして、Access を終了します。

  3. データベース ファイルを共有フォルダーにコピーします。 ファイルをコピーした後、ファイルの属性がデータベース ファイルへの読み取り/書き込みのアクセス許可に設定されていることを確認します。 データベースを使用するには、ユーザーに読み取り/書き込みアクセス権限が必要です。

  4. 各ユーザーのコンピューターに、データベース ファイルへのショートカットを作成します。 詳細については、「プログラムまたは ファイルのデスクトップ ショートカットを作成するOffice参照してください

ページの先頭へ

分割データベースを共有する

このオプションは、SharePoint サイトやデータベース サーバーがない場合に使用することをお勧めします。 分割データベースは、ローカル エリア ネットワーク (LAN) を使用して共有できます。 データベースを分割すると、データ テーブルが入っているバック エンド データベースと、クエリ、フォーム、レポートなどの他のすべてのデータベース オブジェクトが入っているフロント エンド データベースの 2 つのファイルに編成されます。 各ユーザーはフロント エンド データベースのローカル コピーを使用してデータを操作します。

データベースを分割する利点は次のとおりです。

  • パフォーマンスの向上    データだけがネットワーク全体で共有され、テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、モジュールは共有されません。

  • 可用性の向上    レコードの編集などのデータベース トランザクションは、より迅速に完了します。

  • セキュリティの強化    ユーザーはリンク テーブルを介してバック エンド データベースにアクセスします。侵入者がフロントエンド データベースを介してデータへの不正アクセスを取得する可能性は低い。

  • 信頼性の向上    ユーザーが問題に遭遇し、データベースが予期せず閉じると、通常、データベース ファイルの破損は、ユーザーが開いたフロントエンド データベースのコピーに限定されます。

  • 柔軟な開発環境    各ユーザーは、他のユーザーに影響を与えることなく、クエリ、フォーム、レポート、その他のデータベース オブジェクトを個別に作成できます。 また、フロントエンド データベースに格納されているデータへのアクセスを中断することなく、フロントエンド データベースの新しいバージョンを開発して配布できます。

詳細については、「Access データベースを 分割する」を参照してください

ページの先頭へ

SharePoint サイトでデータを共有する

SharePoint サイトで Access データを共有するには、いくつかの方法があります。

  • リンクの設定    リンク プロセスは、別のプログラムのデータに接続され、Access でデータのコピーを作成および管理することなく、SharePoint と Access の両方で最新のデータを表示および編集できます。 SharePoint リストを Access データベースにコピーするのではなく、クエリを実行し、そのリストの内容に基づいてレポートを生成する場合は、データにリンクすることができます。

  • 移動    Access から SharePoint サイトにデータを移動すると、SharePoint サイトにリストが作成されます。このリストは、データベース内のテーブルにリンクされたままです。 SharePoint へのテーブルのエクスポート ウィザードを使用すると、すべてのテーブルのデータを同時に移動し、それらのリレーションシップを維持できます。

詳細については 、「SharePoint へのデータのインポート、リンク、または移動」を参照してください

警告    Access データベース ファイルは OneDrive または SharePoint ドキュメント ライブラリに保存することができますが、これらの場所から Access データベースを開かけることは避けることをお勧めします。 ファイルを編集するためにローカルにダウンロードし、SharePoint に変更を保存した後にもう一度アップロードできます。 複数のユーザーが SharePoint から Access データベースを開くと、データベースの複数のコピーが作成され、予期しない動作が発生することがあります。 この推奨事項は、1 つのデータベース、分割データベース、.accdb、.accdc、.accde、.accdr ファイル形式など、すべての種類の Access ファイルに適用されます。 Access の展開の詳細については、「Access アプリケーションを展開 する」を参照してください

ページの先頭へ

データベース サーバーを使用してデータを共有する

Access では、SQL Server などのデータベース サーバー製品と連携してデータベースを共有できます。 この方法には多くの利点がありますが、追加のソフトウェアであるデータベース サーバー製品が必要です。

この方法は、テーブルがネットワーク上に格納され、このテーブルへのリンクと同時にクエリ、フォーム、レポート、およびその他のデータベース オブジェクトへのリンクが含まれる Access データベース ファイルのローカル コピーをユーザーごとに使用できるため、データベースの分割に似ています。 この共有方法の利点は、使用するデータベース サーバーのソフトウェアによって異なりますが、一般的には、ユーザー アカウントやデータへの選択的なアクセス、データの高可用性、および優れた統合データ管理ツールが含まれているといった点です。 さらに、ほとんどのデータベース サーバー ソフトウェアは、以前のバージョンの Access と問題なく連携するため、すべてのユーザーが同じバージョンを使用する必要はありません。 テーブルのみが共有されます。 詳細については 、「Accessデータベースを SQL Server に移行する 、SQL Serverデータベースのデータをインポートまたはリンクする 、AzureSQL Server データベースにデータをリンクまたはインポートするを参照してください。

データベース サーバーを使用してデータベースを共有する利点

  • 高いパフォーマンスと拡張性    多くの場合、データベース サーバーは Access データベース ファイル単独よりも優れたパフォーマンスを提供します。 多くのデータベース サーバー製品では、非常に大きなサイズの 1 MB サイズのデータベースもサポートされています。Access データベース ファイルの現在の制限の約 500 倍 (2 ギガバイト)。 データベース サーバー製品は通常、クエリを並列処理し (1 つのプロセス内で複数のネイティブ スレッドを使用してユーザー要求を処理する) と、ユーザーが追加される場合に追加のメモリ要件を最小限に抑えることにより、非常に効率的に動作します。

  • 可用性の向上    ほとんどのデータベース サーバー製品では、データベースの使用中にデータベースをバックアップできます。 その結果、データをバックアップするために、ユーザーにデータベースへのアクセスを強制的に終了してもらう必要はありません。 さらに、データベース サーバー製品は、通常、同時編集やレコード ロックを非常に効率良く処理します。

  • セキュリティの強化    完全にセキュリティで保護されたデータベースを作成できません。 ただし、データベース サーバー製品は、不正使用からデータを保護するうえで役立つ堅牢なセキュリティを提供します。 ほとんどのデータベース サーバー製品にはアカウント ベースのセキュリティ機能があり、どのテーブルにどのユーザーがアクセスできるかを指定できます。 Access のフロント エンドへの権限が不適切に取得された場合であっても、アカウント ベースのセキュリティにより、データの不正使用が阻止されます。

  • 自動回復性    システム障害 (オペレーティング システムのクラッシュや停電など) の場合、一部のデータベース サーバー製品には、データベース管理者による操作を行う必要なく、データベースを最後の一貫性状態に数分で回復する自動回復メカニズムがあります。

  • サーバー ベースの処理    クライアント/サーバー構成で Access を使用すると、クライアントに結果を送信する前にサーバーでデータベース クエリを処理することで、ネットワーク トラフィックを削減できます。 通常、特に大きなデータ セットの場合などは、サーバーで処理を行うとより効率が向上します。

  • Azure SQL Server    SQL Server の利点に加えて、ダウンタイムを発生なく動的にスケーラビリティを実現し、インテリジェントな最適化、グローバルなスケーラビリティと可用性、ハードウェア コストの削減、管理の削減を実現します。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×