Access データベースからの値を使用してリスト ボックス、ドロップダウン リスト ボックスまたはコンボ ボックス

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

InfoPath フォームでは、リスト ボックス、] ドロップダウン リスト ボックスまたはコンボ ボックスとMicrosoft Office Access 2007 (.accdb ファイル形式) データベースまたは Access データベース (.mdb ファイル形式) 以前のバージョンで保存されているクエリのデータ接続からデータを作成します。

この記事の内容

概要

リスト ボックス、ドロップダウン リスト ボックスまたはコンボ ボックスには、ユーザーが、InfoPath フォームに入力するときに選択できるアイテムが表示されます。フォーム テンプレートをデザインする際に、次の種類のセカンダリ データ接続から Access データベースにデータを表示するコントロールを設定できます。

セカンダリ データ接続は、フォーム テンプレートに追加する外部データ ソースへのすべてのデータ接続です。フォーム テンプレートに基づくフォームに入力するために、または Web サービスなど、外部データ ソースにフォーム データを送信するユーザーが必要なデータを取得するセカンダリ データ接続を構成することができます。

フォーム テンプレートにセカンダリ データ接続をそのクエリのデータを追加すると、データ フィールドとデータベースにデータを保存する方法に対応するグループを含むセカンダリデータ ソースが作成されます。クエリのデータ接続は、Web サービスからデータを取得し、フォームのセカンダリ データ ソースでデータを保存します。

クエリの結果が自分のコンピューターがネットワークに接続していないときでも、それらのユーザーがデータへのアクセス権を持つように、ユーザーのコンピューターに保存するセカンダリ データ接続を構成することができます。によっては、データの種類、ユーザーがネットワークに接続されている場合にのみ、クエリの結果を表示することがあります。

セキュリティ メモ: セカンダリ データ接続を外部データ ソースから機密性の高いデータの取得を使用している場合は、場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、許可のない使用からデータを保護するためには、この機能を無効にすることがあります。この機能を無効にした場合、データは、ユーザーがネットワークに接続されている場合にのみ使用されます。

リスト ボックス コントロール内のアイテムの数を制限する場合はのフィルターを使用することができます。ユーザーが選択した条件に基づくクエリによって返されるデータのサブセットを表示する必要があるときにいつでも、フィルターを使用します。ある抽出条件でデータ ソース内のフィールドにバインドされている他のコントロール (リスト ボックス、コンボ ボックス、ドロップダウン リスト ボックスで、テキスト ボックスなど) が選択されているアイテムを使用できます。

データベースにデータを保存する方法は、セカンダリ データ ソース内のデータ構造が一致しているために、セカンダリ データ ソースの既存のフィールドまたはグループを変更することはできません。この記事の「参照」セクションの詳細については、データ接続とデータ ソースへリンクを検索します。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

のブラウザー互換フォーム テンプレートではないフォーム テンプレートをデザインする場合にのみ、Access データベースにクエリのデータ接続を追加できます。

ページの先頭へ

始める前に

Access データベースから値を使用するには、フォーム テンプレート上のコントロールを設定する、前に、データベース管理者から、次の情報が必要。

  • データベースの場所と名前。

    注: ネットワーク上の他のユーザーはこのフォーム テンプレートに基づくフォームを作成する場合は、データベースがそれらのユーザーにアクセスできることを確認します。

  • テーブルまたはコントロールの値を提供するクエリの名前。クエリのデータ接続を構成するときにプライマリ テーブルとしてテーブルまたはクエリが使用されます。

  • 他のテーブルまたはクエリからプライマリ テーブルまたはクエリが必要になるデータの名前。ほとんどの場合、データベースではテーブルのリレーションシップが確立されています。手動で、主テーブルまたはクエリと別のテーブルまたはクエリの間の関係を確立する必要がある場合は、両方のテーブルまたはクエリの関連するフィールド名を必要があります。

ページの先頭へ

手順 1: クエリのデータ接続を追加します。

フォーム テンプレートで使用できる既存のクエリのデータ接続がない、セカンダリ データ接続を追加するクエリのデータをフォーム テンプレートに、次の手順を使用します。フォーム テンプレートを使用できるセカンダリ データ接続を既に持っている場合は、このセクションをスキップしてに移動する手順 2: コントロールを構成するします。

  1. [ツール] メニューで、データ接続] をクリックします。

  2. データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードへの新しい接続の作成] をクリックし、[データの受信] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、データベース (Microsoft SQL Server または Microsoft Office Access のみ)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、 [データベースの選択] をクリックします。

  6. データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、データベースの場所を参照します。

    注: データベースは、ネットワーク上の場所に格納されている場合は、場所の汎用名前付け規則 (UNC) パスを参照します。対応付けられているネットワーク ドライブを通じてネットワーク上の場所を参照します。(H: や z: など、ネットワーク ドライブに文字を割り当てて、) をネットワーク ドライブを使用している場合、特定の対応付けられているネットワーク ドライブ上のデータベースのユーザーを作成する、このフォーム テンプレートに基づくフォームが検索されます。ユーザーには、まったく同じ方法でマッピングされたネットワーク ドライブがない、フォームには、データベースは検索されません。

  7. データベースの名前をクリックし、[開く] をクリックします。

  8. テーブルの選択] ダイアログ ボックスでは、主テーブルまたはクエリを使用する] をクリックし、[ OK] をクリックします。

  9. ウィザードの次のページで、[表の列を表示する] チェック ボックスを選択します。

    既定では、テーブルまたはクエリのすべてのフィールドは、フォーム テンプレートのメインのデータ ソースに追加されます。

  10. メインのデータ ソースに含めるたくないフィールドのチェック ボックスをオフにします。

  11. その他のテーブルまたはクエリのデータ接続に含めたいクエリを追加します。

    方法

    1. テーブルの追加] をクリックします。

    2. 追加のテーブルまたはクエリ] ダイアログ ボックスで、子のテーブルの名前をクリックし、[次へ] をクリックします。InfoPath では、両方のテーブルのフィールド名と一致する、リレーションシップを設定を試みます。お勧めのリレーションシップを使用しない場合は、リレーションシップを選択し、[リレーションシップの削除] をクリックします。リレーションシップを追加するには、リレーションシップの追加] をクリックします。リレーションシップの追加] ダイアログ ボックスでは、[それぞれの列では、関連する各フィールドの名前をクリックし、[ OK] をクリックします。

    3. [完了] をクリックします。

    4. その他の子テーブルを追加するには、次の手順を繰り返します。

  12. [次へ] をクリックします。

  13. クエリのデータ接続の結果利用できるように、フォームがネットワークに接続していないときに、フォーム テンプレート内のデータのコピーを保存する] チェック ボックスを選択します。

    セキュリティ メモ: フォームは、このデータ接続を使用する場合、そのユーザーのコンピューター上のデータを保存するこのチェック ボックスをオンします。フォームがこのデータ接続から機密性の高いデータを取得する場合は、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み場合にデータを保護するには、この機能を無効にするのにはそれ以外の場合、許可のないユーザーによるへのアクセスまたはします。

  14. [次へ] をクリックします。

  15. ウィザードの次のページで、このセカンダリ データ接続のわかりやすい名前を入力し、[概要] セクションの情報が正しいことを確認します。

  16. 開いたときに自動的にデータを受信するフォームを設定するのには、フォームを開いたときにデータを自動的に取得する] チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

手順 2: コントロールを構成します。

  1. フォーム テンプレートに複数のビューがある場合は、[表示] メニューのセカンダリ データ ソースからデータを表示するコントロールをビューに移動するビューの名前をクリックします。

  2. リスト ボックス、] ドロップダウン リスト ボックスまたはコンボ ボックス コントロールを構成するフォーム テンプレートをダブルクリックします。

  3. [データ] タブをクリックします。

  4. リスト ボックス項目] の下で [外部データ ソースからの値を検索する] をクリックします。

  5. データ ソース] の一覧で、データ ソースを使用する] をクリックします。

  6. [XPath の選択 [データ ソース] ボタン項目] ボックスの横にあるをクリックします。

  7. フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、[フィールドまたはフィールドには、ユーザーに表示されるデータと、次のいずれかを行って、外部データ ソースに送信されるデータが含まれているグループを指定します。

    データをユーザーに表示されますが、ユーザーが送信されますが、同じデータを指定します。

    • フィールドをクリックし、[ OK] をクリックします。

    ユーザーが送信されたデータの別のユーザーに表示されるデータが指定します。

    注: ここでは、ユーザーに表示されるデータの取得元] で、フィールドのいずれかのと同じグループ内の別のフィールドで、ユーザーが送信されるデータが含まれています。

    1. グループをクリックし、[ OK] をクリックします。

    2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、 [XPath の選択 [データ ソース] ボタン 、[] ボックスの横にあるをクリックします。

    3. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスでは、ユーザーは、外部データ ソースに送信し、[ OK] をクリックするデータを含むフィールドをクリックします。

    4. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、 [XPath の選択 [データ ソース] ボタン 表示名] ボックスの横にあるをクリックします。

    5. フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、[コントロール] に表示され、[ OK] をクリックするデータが含まれるフィールドをクリックします。

  8. 表示名] ボックス内のフィールドの値と同様の表示名を使用する一意の名前だけを表示する場合は、一意の表示名を持つ項目のみを表示する] チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

オプション: コントロール内のアイテムを制限するフィルターを設定します。

  1. リスト ボックス、] ドロップダウン リスト ボックスまたはコンボ ボックス コントロールを構成するフォーム テンプレートをダブルクリックします。

  2. [データ] タブをクリックします。

  3. [項目] ボックスの横にある[XPath の選択 [データ ソース] ボタン ] をクリックします。

  4. フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、フィールドまたはグループの [コントロール] の値を提供するフィールドをクリックし、[データのフィルター処理] をクリックします。

  5. データのフィルター処理] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

    注: 既存のフィルター条件を追加する場合は、フィルターを適用する] をクリックし、変更] をクリックします。

  6. 最初のボックスで、[フィルター条件を指定] ダイアログ ボックスで、フィルターを適用するデータ フィールドの名前をクリックします。

  7. 2 番目のボックスで、使用するフィルターの種類をクリックします。

  8. 3 番目のボックスで、フィルターを適用する条件の種類をクリックし、条件を入力します。

  9. フィルターの 1 つ以上の条件を設定するのにはをクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • フィルターには、既存の条件と新規の条件を適用するをクリックしを新しい、条件を追加します。

    • フィルター処理するか、既存の条件と新規の条件を適用するには、またはをクリックし、その他の条件を追加します。

  10. ダイアログ ボックスを閉じるには、 [ok]をクリックします。

  11. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

    フォーム テンプレートを新しいウィンドウで開きます。

  12. プレビュー ウィンドウで、フィルターが正しく動作しているかをテストするフィルター コントロールでさまざまな値を選択します。

    フィルターが正しく動作しません。

    フィルターを含むコントロールの値が正しくない場合は、いずれかの値が多すぎるか、十分な値があるため以下を試します。

    • 複数の条件でフィルターを使用している場合は、正しい値がその 1 つの条件から返されることを確認するために 1 つを除くすべての条件を削除します。最初の条件では、正しい値が返された場合は、他の条件を追加し、テストします。

    • フィルターでは、大文字と小文字を区別をしています。大文字または小文字の文字で始まるデータを表示する場合は、大文字のアルファベット条件でフィルターを作成する小文字の条件を作成し、し、[フィルター条件を指定] ダイアログ ボックスで、またはを選びます。

    • フィルター処理された値が正反対性がどのようなたとえばから 1 つの仕入先からの製品ではなく仕入先の表示のすべての製品を想定、条件でフィルターの種類を変更します。たとえば、フィルターの種類条件の使用が多すぎる製品を取得する場合は、フィルターの種類が等しくないを使用してみてください。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×