Access for Microsoft 365 の新機能

Access for Microsoft 365 の新機能

Microsoft 365 のサブスクライバーには、Office の新機能と改善された機能が定期的に提供されます。 サブスクライバーが使用できる機能を確認するには、以下をご覧ください。

注: Microsoft 365 更新プロセスを管理している IT プロフェッショナルであれば、チャネル リリース ページをご覧ください。各チャネルで提供されている更新プログラムを確認できます。

Access 向けの最新更新プログラム

6 月リリースの バージョン 2006 (ビルド 13001.20266) での新機能はありません。 最近リリースされた内容をご確認ください。 使用している Office のバージョンを確認する方法

[テーブルの追加] ウィンドウが開いている Access の画面

数回のクリックでテーブルを追加する

作業中は開いたままの [テーブルの追加] 作業ウィンドウを使用して、リレーションシップとクエリにテーブルを追加します。

詳細情報

新機能をいち早く使うには

Office Insider に登録して、新機能をいち早く確認し、ご意見をお聞かせください。

Office Insider に今すぐ参加する

お知らせで大きなインパクトを与える

リリースに関するその他の情報

新しい機能を入手できる時期
Microsoft 365 の新しい機能は、サブスクリプションをお持ちのお客様すべてに適用されるまでに、ある程度の時間がかかることがあります。

機能が展開される方法については、こちらを参照してください。

すべての更新プログラムの完全な一覧
Microsoft 365 クライアント アプリケーションのすべてのチャネル リリースに関する情報を入手します。

最新のリリース

サブスクライバーではなく、Office を初めて使用する場合
Microsoft 365 サブスクリプションに加入せずに Office 2016 または Office 2019 を使用する場合に、 お使いのバージョンの Office で利用できる機能を紹介します。

Office 2016 の新機能 Office 2019 の新機能

5 月の更新プログラム、バージョン 1905 (ビルド11629.20196) の新機能をご覧ください。

シームレスに切り替える

新しいアカウント マネージャーでは、職場と個人用の Microsoft 365 アカウントのすべてが1か所に表示されます。 それらの間の切り替えは、かつてないほど簡単になりました。

詳細情報

アカウント切り替え機能の概念的なスクリーンショット

3 月の更新プログラムで、バージョン 1903 (ビルド 11425.20202) の新機能をご確認ください。

データベース オブジェクトをタブで管理する

アクティブなタブがわかりやすく表示され、簡単にタブをドラッグして再配置し、ワンクリックでデータベース オブジェクトを閉じることができます。

再配置できるタブが表示されたデータ テーブル

1 月の機能更新プログラムでは、バージョン 1901 (11231.20130) の新機能を示します。

スペースを増やすためのズーム機能

フォントの拡大または縮小をする。 Shift + F2 を押して、ズームする。

「Shift + F2 でズーム」というテキストと [ズーム] ダイアログ ボックス
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×