Access Web アプリのデータ型

重要    Access Services 2010 および Access Services 2013 は、SharePoint の次のリリースから削除されます。 新しい Web アプリを作成せず、既存のアプリを Microsoft Power Apps などの代替プラットフォームに移行することをお勧めします。

Access Web アプリでテーブルを作成する場合は、データ列ごとにデータ型を選択する必要があります。 Access Web アプリのデータ型は、デスクトップ データベース (.accdb)ファイルのデータ型と似ていますが、データは実際に SQL Server に保存されるので、いくつかの違いがあります。 次の表は、Access Web アプリで使用できるデータ型と、それが適しているデータの種類を示しています。 SQL Server の愛用者向けに、対応する SQL Server のデータ型も一覧に示します。

データ型

サブタイプのプロパティ設定

説明

対応する SQL Server のデータ型

オートナンバー

該当なし

Access で新しい各レコードに対して生成される固有の値

int

短いテキスト

該当なし

1 ~ 4000 文字の文字列および数値のデータ (既定では 255 文字に制限)

1 ~ 4000 の長さの nvarchar

長いテキスト

該当なし

最大 2^30-1 バイトの文字列および数値のデータ

nvarchar(max)

数値

整数 (小数点以下の桁数なし)

数値

int

数値

浮動小数点数 (小数点以下の桁数が可変)

数値

double

数値

固定小数点数 (小数点以下の桁数が 6 桁)

数値

decimal(28,6)

日付/時刻

日付

日付

date

日付/時刻

時刻

時刻

time(3)

日付/時刻

日付と時刻

日付と時刻

datetime2(3)

通貨

該当なし

通貨データ

decimal(28,6)

Yes/No

該当なし

ブール型 (Yes/No) のデータ

bit (既定は False)

ハイパーリンク

該当なし

インターネットまたはイントラネット上のドキュメントまたはファイルへのリンク アドレス

nvarchar(max)

画像

該当なし

画像データ

2^31-1 バイトのバイナリ画像データ varbinary(max)

集計値

該当なし

テーブル内の 1 つ以上のデータを使って作成する式の計算結果

式の計算結果に応じて異なる

参照

値の一覧

フィールドの内容を評価するために値の一覧の内容を利用

nvarchar(220)

参照

その他のテーブルまたはクエリ

フィールドの内容を評価するために別のテーブルまたはクエリの ID フィールドを利用

int

データ型の詳細 SQL Serverを参照してください

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×