Android デバイスを使用して Office Mobile にサインインできない

注: Office for Android は、Android アプリをサポートするすべての Chromebook で利用できるようになりました。再生ストアまたは App store からダウンロードできます。 

問題

Android デバイスに Office Mobile をインストールし、組織 ID またはフェデレーション ID を使用してアプリを認証した後、次のエラーメッセージが表示されます。
 

サーバー

に接続できない 使用しているデバイスに、このサーバーに必要なセキュリティ証明書が含まれていない可能性があります。 証明書のインストールについては、管理者にお問い合わせになるか、Microsoft コミュニティ http://answers.microsoft.com にお問い合わせください。

サーバーエラーに接続できない

解決方法

この問題を解決するには、正しい信頼された証明書をインストールします。 手順は次のとおりです。

手順 1: 不足している証明書を特定する

  1. Windows ベースのコンピューターでは、Firefox または Chrome を起動します (Microsoft Internet Explorer および Edge では、証明書のエクスポート/保存は許可されません)。

  2. アドレスバーに、Android デバイスにインストールする必要がある証明書を含む、認証用の HTTPS エンドポイントを示す URL を入力します。 たとえば、 https://login.microsoftonline.com/ (Microsoft 365 クラウドエンドポイント) とフェデレーションサーバーのエンドポイント https://sts に似ています。contoso.com/ (オンプレミスフェデレーションサーバー (存在する場合)。

    注: Microsoft OfficeHub では、認証要求は、会社のサーバーに到達する前にリダイレクトされます。 そのため、入力した URL に対して正常に認証できるデバイスを見つけるために、いくつかのデバイスを試す必要がある場合があります。

  3. セキュリティで保護された web サイトに到達すると、小さいロックアイコンがアドレスバーに表示されます。 アドレスバーのロックアイコンをクリックします。

    ロックアイコンが表示されたアドレスバー

  4. 小さいメッセージウィンドウが開いたら、[証明書] リンクをクリックします。

  5. [証明書] ウィンドウで、[証明書のパス] に移動して、指定したサーバーへの SSL 接続の作成に使用されているすべての証明書を表示します。

手順 2: 必要な証明書を取得するには、次の手順を実行します。

各証明書について:

  1. [証明書のパス] タブで、一覧から必要な証明書をクリックします。

    [証明書パス] で必要な証明書を選択する

  2. [証明書の表示] をクリックします。

  3. [詳細] タブで、[ファイルへコピー ] オプションをクリックします。 証明書のエクスポートウィザードが開きます。 エクスポートプロセスを開始するには、[次へ] をクリックします。

  4. [使用する形式を選択してください] で、[ DER encoded binary x.509 ()] を選びます。CER)またはBase-64 でエンコードされた x.509 (.CER)

    証明書のエクスポート形式を選択する

  5. [次へ] をクリックし、ファイル名を入力して、ファイルを保存する場所を選択します。

  6. [次へ] をクリックして、[完了] をクリックします。

手順 3: 中間証明機関の証明書を取得する

各証明書について:

お客様がフェデレーション ID を使用して認証を行っている場合は、STS web サイトの中間証明書のいずれかが必要です。

  1. Windows PC の場合は、Win + R キー (Windows キー + R キー) を押し、[実行] ダイアログボックスにcertmgrと入力して、enter キーを押します。

  2. [信頼されたルート証明機関->証明書] を展開します。

  3. [証明書] を右クリックし、[すべてのタスク] を選択し、[>インポート] を選択します。

  4. 手順2で取得した証明書をインポートします。 (フェデレーションの場合、両方の証明書を Windows コンピューターにインポートする必要があります)。

  5. Certmfr で、[中級証明機関] を展開します。

  6. [証明書] をクリックします。 ここでは、"Microsoft IT SSL SHA2" という名前の証明書を検索する必要があります。 また、発行元またはフェデレーションに固有の証明書が表示されることもあります。

  7. 上の各証明書を右クリックし、[すべて> のタスク] をクリックし、エクスポートウィザードを実行して、証明書を (Base 64) .cer ファイルにエクスポートします

手順 4: 証明書をインストールする

各証明書について:

  1. 証明書ファイルをデバイスにコピーします。

  2. デバイスで、[設定] に移動し、[個人用]、[セキュリティ]、[記憶域からインストール] の順にタップします。

  3. 必要な証明書を選択して、[ OK]をタップします。 (合計で、4つの証明書をインストールする必要があります。2つのルート証明書と手順3に2つの中間証明書があります)。

  4. 証明書がインストールされていることを確認するには、[設定] に移動し、[個人]、[セキュリティ]、[信頼できる資格情報] の順にタップし、[ユーザー] をタップします。

    重要: ユーザーがインストールしたすべての証明書がここに表示されます。 [信頼された資格情報] で証明書が見つからない場合は、その証明書を再インストールする必要があります。 >

詳細情報

この問題は、デバイスに信頼された証明書がインストールされていないことが原因で発生します。

さらにサポートが必要な場合 Microsoft コミュニティに移動します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×