Excel ブックと SQL Server Analysis Services Online Analysis Processing (OLAP) データベース サーバーの間に動的接続を作成し、データが変更されるたびにその接続を更新できます。 データベース サーバー上に作成されている オフライン キューブ ファイル 特定のサーバーに接続できます。 テーブル レポートまたはピボットテーブル Excelデータをテーブルにインポートできます。   

Excel Analysis Services (OLAPSQL Server)データベース サーバーに接続するには、& 取得変換(Power Query)エクスペリエンスを使用します。

  1. [データ] タブをクリックし、[データベースからデータの>取得> Analysis Services データベースからSQL Server (インポート)します。 [データの取得] ボタンが表示されない場合は、[Analysis Services Databaseから] > [データベースから> クエリSQL Server] をクリックします

  2. [サーバー名 ] を入力、[OK] を押します

    注: 特定のデータベース名を入力するオプションがあります。 また、MDX クエリまたは DAX クエリを追加 することもできます。

  3. [ ナビゲーター] ウィンドウ でデータベースを選択し、接続するキューブまたはテーブルを選択します。

  4. [読み込み] をクリックして選択したテーブルを読み込むか、[編集] をクリックして追加のデータ フィルターと変換を実行してから読み込みを行います。

2010 Excel 2013 では、SQL Server Analysis Services (OLAP) データベースへの接続を作成する方法が 2 つあります。 推奨される方法は 、Power Queryアドイン をダウンロードする場合に使用できる Power Query を使用することです。 Power Query をダウンロードできない場合は、データ接続ウィザードを使用できます。

Power Query

  1. [Power Query] リボンで、[データベースから] >Analysis Services データベースSQL Server] をクリックします

  2. [サーバー名 ] を入力、[OK] を押します

    注: 特定のデータベース名を入力するオプションがあります。 また、MDX クエリまたは DAX クエリを追加 することもできます。

  3. [ ナビゲーター] ウィンドウ でデータベースを選択し、接続するキューブまたはテーブルを選択します。

  4. [読み込み] をクリックして選択したテーブルを読み込むか、[編集] をクリックして追加のデータ フィルターと変換を実行してから読み込みを行います。

データ接続ウィザード

  1. [データ] タブの[外部データの取り込み] グループで、[その他のソースから] をクリックし、[Analysis Services から]をクリックします

    Excel のリボンの画像

  2. データ接続 ウィザードで、サーバー名を入力し、ログイン オプションを選択します。 [次へ] をクリックします。

    データ接続ウィザード> Connectサーバーに接続する
  3. 接続するデータベースとテーブルまたはキューブを選択し、[次へ] を クリックします

    データ接続ウィザード>データベースとテーブルの選択
  4. 新しい接続の名前と説明を入力し、[完了] を 押して 保存します。

    データ接続ウィザード>データ接続ファイルを保存して完了する
  5. [データ のインポート ] ダイアログで、データを取得する方法とデータを配置する場所のオプションを選択します。 Excel 2013 より、データをデータ モデル に保存することもできます。

    [データのインポート] >接続ウィザード

関連項目

Excel の Power Query について

外部データ ソースからデータをインポートする

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×