TEXT 関数の 1 つである DOLLAR 関数は、指定した桁数に丸められた小数点以下の桁数を使用して、数値を通貨形式で文字列に変換します。 DOLLAR は $#,##0.00_);($#,##0.00) の表示形式を使用しますが、適用される通貨記号はローカル言語の設定によって異なります。

書式

YEN(数値, [桁数])

YEN 関数の書式には、次の引数があります。

  • 数値    必ず指定します。 数値、数値を含むセルの参照、または結果が数値になる数式を指定します。

  • 桁数    省略可能です。 小数点以下の桁数を指定します。 負の数の場合、数値は小数点の左側に丸められます。 桁数を省略すると、2 を指定したと見なされます。

解説

一般に、[セルの書式設定] ダイアログ(Ctrl + 1)または[ホーム >数値> 会計表示形式] オプションを使用して、セルに通貨書式を適用する必要があります。 これは、DOLLAR 関数がテキストとして指定された数値を返すためです。 テキストとして格納されている数値は、SUM、AVERAGE、MIN、MAX など、多くの関数で無視されるので、スプレッドシート エラーの一般的な原因です。

DOLLAR 関数の例

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×