Dynamics 365 のデータのリンクまたはインポート

エンタープライズリソース計画 (ERP) モジュールを1つのソフトウェアパッケージに統合するクラウドベースのビジネス管理ソリューションである、Microsoft Dynamics 365 のデータをインポートまたはリンクすることができます。 Dynamics 365 のデータは、売上、財務、顧客関係管理 (CRM) を含むこれらのモジュールに統合されています。 詳細については、「 Microsoft Dynamics 365」を参照してください。

  • データにリンクする場合、Access は、Access と Dynamics 365 のデータに対する変更を同期する双方向接続を作成します。

  • データをインポートする場合、Access は 1 回限りのデータのコピーを作成するため、Access または Dynamics 365 のいずれかのデータに対する変更は同期されません。

Access を Dynamics 365 に接続する

    Dynamics 365 のデータをリンクまたはインポートする機能は、Access 2019 のボリュームライセンスを持つインスタンス、または次の Microsoft 365 Enterprise プラン ( Microsoft 365 Apps for enterprise、 Office 365 Enterprise E3、 Office 365 Enterprise E5) でのみサポートされます。 詳細については、「 Microsoft 365 Enterprise プランの比較」を参照してください。

はじめに

物事をスムーズにするには 次に、リンクまたはインポートする前に、次の準備を行います。

  • Dynamics 365 サイトの URL や、セキュリティ アクセス権を持つアカウントなど、必要な接続情報を確認します。 詳細については、「ユーザーの作成と Microsoft Dynamics 365 (オンライン) セキュリティ ロールの割り当て」と「サブスクリプション、ライセンス、ユーザー アカウントの管理」を参照してください。

  • 組織が既に Dynamics 365 アカウントを持っている場合があります。 持っていない場合は、「Dynamics 365 (オンライン) を使ってみる」で 30 日間の試用版アカウントにサインアップすることができます。

  • 各テーブルまたはビューの列数を考慮します。 Access は 1 テーブルにつき 255 を超えるフィールドをサポートしていないため、Access は最初の 255 列のみをリンクまたはインポートします。

  • インポートするデータの総量を決定します。 Access データベースの最大サイズは、2 GB からシステム オブジェクトに必要な領域を引いた大きさです。 Dynamics 365 に大きなテーブルが含まれている場合、すべてを 1 つの Access データベースにインポートすることはできません。 この場合、インポートする代わりにデータへリンクすることを検討してください。

  • 信頼できる場所と Access データベース パスワードを使用して、Access データベースとそれに含まれる接続情報を保護します。 詳細については、「データベースを信頼するかどうか決定する」と「データベース パスワードを使用してデータベースを暗号化する」を参照してください。

  • リンクまたはインポートするテーブルを指定します。 一度の操作で複数のテーブルをリンクまたはインポートすることができます。 Dynamics 365 のすべてのテーブルには、リンクまたはインポートしたテーブルの最初の列として定義されている主キーがあります。

  • 追加のリレーションシップを作成することを計画します。 Access は、Dynamics 365 データ モデルで選択されたテーブルと関連するテーブルにリンクしたり、テーブルをインポートしたりします。 このデータ モデルの詳細については、「組織のメタデータの参照」を参照してください。

    Access は、これらの関連するテーブル間にリレーションシップを自動的に作成しようとします。 ただし、必要に応じて [リレーションシップ] ウィンドウを使用して、新しいテーブルと既存のテーブル間のリレーションシップを手動で作成することもできます。 詳細については、「リレーションシップ ウィンドウとは」と「リレーションシップを作成、編集、または削除する」を参照してください。

ステージ 1: はじめに

  1. [外部データ]、[新しいデータ ソース]、[オンライン サービスから]、[Dynamics 365 (オンライン) から] の順に選びます。

  2. [Dynamics 365 サイトの URL の入力] ダイアログ ボックスに Dynamics 365 サイトの URL を入力します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • インポートするには、[現在のデータベースの新しいテーブルにソース データをインポートする] を選びます。

    • リンクするには、[リンク テーブルを作成してソース データにリンクする] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

ステージ 2: リンクまたはインポートするテーブルを選ぶ

  • [テーブルのリンク] または [オブジェクトのインポート] ダイアログ ボックスの [テーブル] で、リンクまたはインポートする各テーブルまたはビューを選択し、[OK] をクリックします。

    リンクまたはインポートするテーブルのリスト

Access は、Dynamics 365 データ モデルで選択されたテーブルと関連するテーブルにリンクしたり、テーブルをインポートしたりします。

結果

リンクまたはインポート操作が完了すると、テーブルは Dynamics 365 テーブルと同じ名前のナビゲーションウィンドウに表示されます。 インポート操作中にその名前が既に使用されている場合は、新しいテーブル名に "1" が追加されます。 ただし、テーブルの名前をわかりやすい名前に変更することもできます。

インポート操作では、Access はデータベースのテーブルを上書きすることはありません。 Dynamics 365 を既存のテーブルに直接追加することはできませんが、同じようなテーブルからデータをインポートした後は追加クエリを作成してデータを追加することができます。

リンク操作では、Dynamics 365 テーブルで列が読み取り専用の場合、Access でも読み取り専用になります。

ヒント    Dynamics URL を表示するには、Access のナビゲーション ウィンドウのテーブルの上にマウス ポインターを置きます。

リンクされたテーブルのデザインを更新する

リンクされたテーブルでは、列を追加、削除、または変更したり、データ型を変更したりすることができません。 デザインの変更は、Dynamics 365 で行います。 Dynamics テーブルのデザインの変更は、Access でリンクを開くときに反映されます。 詳細については、「フィールドの作成および編集」を参照してください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

コラボレーションを促進する Microsoft 365

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×