Excel でユーザーフォームのサイズを制御する方法

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

概要

この記事では、Microsoft Excel のユーザーフォームのサイズを制御する方法について説明します。

追加情報

Excel では、最大化ボタンまた
最小化ボタンを使用してユーザーフォームのサイズを制御する方法は提供されません。 ユーザーフォームのサイズを制御するには、3つの方法があります。

方法 1: ユーザーフォームのサイズを手動で変更する

手動でユーザーフォームのサイズを変更するには、次の手順を実行します。

  1. [ユーザーフォーム] (UserForm1)で、右下隅にあるサイズ変更ハンドルを選びます。

  2. UserForm1を適切なサイズにドラッグします。
     

方法 2: ユーザーフォームのプロパティを変更する

ユーザーフォームのプロパティを変更するには、次の手順を実行します。 

  1. ユーザーフォームをクリックします。

  2. プロパティ-UserForm1で、高さを適切な値に設定します。
     

方法 3: マクロでユーザーフォームのサイズを指定する

次の手順に従って、マクロで適切なサイズのユーザーフォームをプログラムします。 

  1. ユーザーフォームを右クリックし、[コードの表示] をクリックします。

  2. ユーザーフォームマクロで、次のいずれかの操作

    を行います。 「UserForm1 = number」と入力します 。この数値は、0 ~ + 32767 の範囲の数値です。 システム構成によっては、より大きい値が機能する場合もあります。

    「UserForm1 = number」と入力します 。この数値は、0 ~ + 32767 の範囲の数値です。 システム構成によっては、より大きい値が機能する場合もあります。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×