Excel で外部データ接続を更新する

インポートした外部データを最新の状態に保つには、最新の更新と削除を表示します。 Excel には、ブックを開いた時刻や時間間隔など、データを更新するための多くのオプションが用意されています。 

   更新すると、最後の更新操作以降に追加された新しい列が Power Query に追加されます。 これらの新しい列を表示するには、クエリの ソース ステップを再確認します。 詳細については 、「Power Query の数式を作成する」を参照してください。

キー   更新を停止するには、Esc キーを押します。 ワークシートを更新するには、Ctrl キーを押しながら F5 キーを押します。 ブックを更新するには、Ctrl キーと Alt キーを押しながら F5 キーを押します。

次の表は、更新アクション、ショートカット キー、およびコマンドの概要です。

目的

キー

または

ワークシートで選択したデータを更新する

Alt + F5

[すべてのデータ>の更新] の横にあるドロップダウン矢印で [データ] を選択>更新

リボンの [更新] コマンドをポイントしているマウス

ブック内のすべてのデータを更新する

Ctrl + Alt + F5

[データ] を選択>すべて更新 [すべて更新] ボタンの上のマウス ポインター

更新の状態を確認する

ステータス バーの "データの取得中" というメッセージをダブルクリックします。

メッセージ ボックス: データの取得

更新を停止する

Esc

更新時に表示されるメッセージと、更新を停止するために使用するコマンド (Esc)

背景の更新を停止する

ステータス バーでメッセージをダブルクリックします。

メッセージ ボックス: 背景の更新

次に、[外部 データ更新の 状態] ダイアログ ボックスで [更新 停止] を選択します。

[外部データ更新の状態] ダイアログ ボックス

ブック内のデータは、ブックに直接保存したり、テキスト ファイル、データベース、クラウドなどの外部データ ソースに保存したりすることもできます。 初めて外部データをインポートすると、Excel によって接続情報が作成され、Office データ接続 (ODC) ファイルに保存される場合があります。このファイルでは、外部データ ソースの検索、ログイン、クエリ、アクセスの方法について説明します。

外部データ ソースに接続している場合は、更新操作を実行して更新されたデータを取得できます。 データを更新すると、最後に更新された後にデータに加えた変更など、最新バージョンのデータが表示されます。

データの更新の詳細

次の図は、外部データ ソースに接続されているデータを更新する際の基本的なプロセスを示しています。

外部データを更新する基本的なプロセス

  1. 更新操作は、最新のデータを取得します。

  2. 接続は、多くの場合、接続ファイルに保存され、外部データ ソースからデータにアクセスして取得するために必要なすべての情報を定義します。

  3. OLAP、SQL SERVER、OLEDB プロバイダー、ODBC ドライバーなど、さまざまなデータ ソースにアクセスできます。

  4. 最新のデータが現在のブックに追加されます。

セキュリティに関する懸念事項について

外部データ ソースに接続し、データを更新しようとすると、潜在的なセキュリティの問題を認識し、セキュリティの問題について何が可能かを知る必要があります。

接続を信頼する    現在、外部データがコンピューターで無効になっている可能性があります。 ブックを開いた際にデータを更新するには、セキュリティ センター バーを使用してデータ接続を有効にするか、信頼できる場所にブックを配置する必要があります。 詳細については、「ファイルの信頼できる場所を追加、削除、または変更する、信頼 できるドキュメントを追加 、削除、または変更する、信頼できる発行元 を追加、削除、または表示する、セキュリティ センターで自分のオプションと設定を表示する」を参照してください。

ODC ファイル    データ接続ファイル (.odc) には、外部データの更新に使用される 1 つ以上のクエリが含まれている場合があります。 このファイルを置き換える場合、悪意のあるユーザーは、機密情報にアクセスして他のユーザーに配布したり、その他の有害なアクションを実行したりするためのクエリを設計できます。 したがって、接続ファイルが信頼できる個人によって作成され、接続ファイルがセキュリティで保護され、信頼できるデータ接続ライブラリ (DCL) から取得される必要があります。

資格情報    通常、外部データ ソースにアクセスするには、ユーザーの認証に使用される資格情報 (ユーザー名やパスワードなど) が必要です。 これらの資格情報が安全かつ安全な方法で提供され、これらの資格情報が誤って他のユーザーに公開されるのを回避します。 外部データ ソースでデータにアクセスするためにパスワードが必要な場合は、外部データ範囲を更新するごとにパスワードの入力を要求できます。

共有    データを更新したい他のユーザーとこのブックを共有していますか? データを提供するデータ ソースに対するアクセス許可を要求する通知を表示して、同僚がデータ更新エラーを回避するのに役立ちます。

詳細については、「データ ソースの 設定とアクセス許可を管理する」を参照してください

ブックを開いたときに、外部データ範囲を自動更新できます。 外部データを保存せずにブックを保存して、ファイルのサイズを縮小することもできます。

  1. 外部データ範囲内のセルを選択します。

  2. [接続]>データ クエリ&、[>]タブを選択し、一覧でクエリを右クリックして、[プロパティ] を選択します

  3. [接続のプロパティ]ダイアログ ボックスの [使用状況] タブの [更新]コントロールで、[ファイルを開く際にデータを更新する] チェック ボックスオンにします。

  4. クエリ定義は含めて、外部データは含めずにブックを保存するには、[ブックを保存する前に外部データ範囲からデータを削除する] チェック ボックスをオンにします。

  1. 外部データ範囲内のセルを選択します。

  2. [接続]>データ クエリ&、[>]タブを選択し、一覧でクエリを右クリックして、[プロパティ] を選択します

  3. [使用] タブをクリックします。

  4. [定期的に更新する] チェック ボックスをオンにして、更新操作の間隔 (分) を入力します。

ブックが大きなデータ ソースに接続されている場合は、更新に予想よりも時間がかかることがあります。 バックグラウンド更新の実行を検討してください。 これにより Excel の制御が戻り、更新が完了するまで数分以上待つ必要がなくなります。

メモ   OLAP クエリはバックグラウンドで実行できないので、データ モデルのデータを取得する接続の種類に対するクエリを実行できない。

  1. 外部データ範囲内のセルを選択します。

  2. [接続]>データ クエリ&、[>]タブを選択し、一覧でクエリを右クリックして、[プロパティ] を選択します

  3. [利用状況] タブを選択 します。

  4. バックグラウンドでクエリを実行するには、[バックグラウンドで更新する] チェック ボックスをオンにします。 待機中にクエリを実行するには、このチェック ボックスをオフにします。

    ヒント    クエリを含むマクロを記録した場合、クエリはバックグラウンドで実行されません。 クエリをバックグラウンドで実行するように記録されたマクロを変更するには、Visual Basic エディター でマクロを編集します。 QueryTable オブジェクトの更新メソッドを BackgroundQuery := False から BackgroundQuery := True に変更します。

保存されるパスワードは暗号化されないので、お勧めできません。 データ ソースに接続するときにパスワードが必要な場合、外部データ範囲を更新する前にパスワードの入力を必須にすることができます。 次の手順は、テキスト ファイル (.txt) または Web クエリ (.iqy) から取得したデータには適用されません。

大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた強力なパスワードを使用してください。 これらの文字を混在させていないパスワードは強固とはいえません。 たとえば、Y6dh!et5 は安全性の高いパスワードです。 House27 は推測されやすいパスワードです。 パスワードは、8 文字以上にする必要があります。 理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

パスワードは忘れないようにしてください。 パスワードを忘れた場合、Microsoft でパスワードを回復することはできません。 紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

  1. 外部データ範囲内のセルを選択します。

  2. [接続]>データ クエリ&、[>]タブを選択し、一覧でクエリを右クリックして、[プロパティ] を選択します

  3. [定義] タブを 選択し、[パスワードを保存] チェック ボックスを オフにします。

注: 各 Excel セッションで初めて外部データ範囲を更新するときにのみ、パスワードの入力が求められます。 次回 Excel を起動すると、クエリを含むブックを開き、更新操作を行うときに、改めてパスワードの入力が求められます。

Power Query でデータを整形する場合は、通常、ワークシートまたはデータ モデルに対する変更を読み込む必要があります。 データの更新時と更新方法の違いを理解することが重要です。

ほとんどのクエリは、1 種類または別の種類の外部データ リソースに基づいて作成されます。 ただし、Excel と Power Query には重要な違いがあります。 Power Query は、パフォーマンスを向上させるために外部データをローカルにキャッシュします。  さらに、Azure のデータ ソースでコストが発生するのを防ぐために、Power Query ではローカル キャッシュが自動的に更新されません。

大事な    ウィンドウの上部にある黄色のメッセージ バーでメッセージを受信した場合、"このプレビューは最大 n 日古い可能性があります" と表示されます。通常は、ローカル キャッシュが最新の状態でいなされていないことを意味します。 [更新]を選 び、最新の情報に更新する必要があります。

Power Query エディターでクエリを更新する

Power Query エディターからクエリを更新すると、外部データ ソースから更新されたデータを取り込むだけでなく、ローカル キャッシュも更新されます。 ただし、この更新操作では、ワークシートまたはデータ モデルのクエリは更新されません。

  • Power Query エディターで、[ホーム] >更新プレビュー>プレビューの更新 (データのプレビューの現在のクエリ) または [すべて更新] ([クエリ] ウィンドウから開いたクエリすべて) を選択   します。

結果

右側の Power Query エディターの下部に、"hh:mm <AM/PM でダウンロードしたプレビュー" というメッセージ>表示されます。 このメッセージは、最初にインポートした後、以降の Power Query エディターでの更新操作の後に表示されます。

ワークシートのクエリを更新する

  • Excel では、ワークシート内のクエリのセルを選択し、リボンの [クエリ] タブを選択し、[更新] を選択>します

結果

ワークシートとクエリは、外部データ ソースと Power Query キャッシュから更新されます。

注意   Excel のテーブルまたは名前付き範囲からインポートされたクエリを更新する場合は、現在のワークシートに注意してください。 Excel テーブルを含むワークシートのデータを変更する場合は、読み込まれたクエリを含むワークシートではなく、正しいワークシートを選択していることを確認します。 これは、Excel テーブルの列見出しを変更する場合に特に重要です。 よく似ているので、2 つを混同しがちです。 ワークシートの名前を変更して、違いを反映すると良い方法です。 たとえば、区別を強調するために、"TableData" と "QueryTable" に名前を変更できます。

[更新] をクリックすると、ブック内のピボットテーブルのデータをいつでも更新できます。 データベース (SQL Server、Oracle、Access など)、Analysis Services キューブ、データ フィードなと、ソースとなるさまざまな種類の外部データに接続されたピボットテーブルのデータを更新できます。 同じまたは別のブックにあるソース テーブルから取得したデータも更新できます。 また、ブックを開いたときにピボットテーブルのデータを自動更新するように、ブックを設定することもできます。 詳細については、「ピボットテーブルを作成してワークシート データを分析する」および「ピボットテーブルのソース データを変更する」を参照してください。

注意   Web 用 Excel でピボットテーブルを更新するには、ピボットテーブルの任意の場所を右クリックし、[更新] を選択 します

手動で更新する

  1. ピボットテーブル内の任意の場所を選び、リボン にピボットテーブル ツール を表示します。

    ピボットテーブル ツール

  2. [分析] を>更新] を選択するか、Alt キーを押しながら F5 キーを押します。


    [分析] タブの [更新]
    または、ブック内のすべてのピボットテーブルを一度に更新するには、[すべて更新] を選択します

  3. 更新に予想よりも時間がかかる場合に更新の状態を確認するには、[分析] を選択し、[更新] の横にある矢印を選択し、[状態の更新] を選択します

  4. 更新を停止するには、[更新の取り消し] を選択するか、Esc キーを押します。

列幅やセルの書式設定が調整されないようにする

ピボットテーブル データを更新したときにデータの列幅やセルの書式設定が調整されないようにする場合は、次のオプションをオンにします。

  1. [分析オプション] > 選択します

    [分析] タブの [オプション]

  2. [レイアウト ] タブの [&] タブで、[更新 に列幅を自動調整する] と [更新ボックスにセルの書式を保持] 選択します。

ブックを開くときにデータを自動的に更新する

  1. ピボットテーブルの任意の場所にあるセルを選び、リボンに ピボットテーブル ツール を表示します。

    ピボットテーブル ツール

  2. [分析 オプション] > 選択します

    [分析] タブの [オプション]

  3. [データ] タブで 、ファイルを開く際に [データの更新] を選択します

サーバー キューブの最新のデータを使用してファイルを再作成するオフライン キューブ ファイルを更新すると、時間がかかり、多くの一時ディスク領域が必要になる場合があります。 Excel の他のファイルに直ちにアクセスする必要がなさそうにし、ファイルを再び保存するための十分なディスク領域があることを確認して、プロセスを開始します。

  1. オフライン キューブ ファイルに接続されているピボットテーブルを選択します。

  2. [データ] タブの [クエリと接続] &、[すべて更新]の下にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします

詳細については、「オフライン キューブ ファイル を操作する」を参照してください

  1. ワークシートのマップされているセルをクリックして、更新する XML マップを選びます。

  2. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. [ファイル] をクリックし、[オプション] をクリックして、[リボンのユーザー設定] をクリックします。

    2. [メイン タブ] の [開発] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  3. [開発] タブの [XML] で [データの更新] をクリックします。

詳細については、Excel のXML の概要を参照してください。

Power Pivot でデータ モデルを更新すると、更新が成功したかどうか、失敗したかどうか、または取り消されたかどうかも確認できます。 詳細については、「Power Pivot: Excel での強力なデータ分析とデータ モデリング」を参照してください。

注意   データの追加、データの変更、または編集フィルターは常に、そのデータ ソースに依存する DAX 数式の再計算をトリガーします。

更新の状態を更新して表示する

  • Power Pivot で、[ホーム] >外部データの取り込み>すべて更新] を選択して、現在のテーブルまたはデータ モデル内のすべてのテーブルを更新します。

結果
更新の状態は、データ モデルで使用される接続ごとに示されます。 次の 3 つの結果が考えられる。

  • 成功   各テーブルにインポートされる行の数をレポートします。

  • エラー   データベースがオフラインの場合、アクセス許可がなくなった場合、またはテーブルまたは列がソース内で削除または名前変更された場合に発生します。 別のブックに新しい接続を作成して、データベースが使用できる可能性を確認します。

  • 取り消し   接続で更新が無効になっている可能性があります。

テーブルのプロパティを使用して、データ更新で使用されるクエリを表示する

データ更新は、最初にデータを取得するために使用したクエリと同じクエリを再実行することです。 Power Pivot ウィンドウでテーブルのプロパティを表示することで、クエリを表示したり、変更したりすることもできます。

  1. データ更新中に使用されるクエリを表示するには、[Power Pivot の管理> 選択 して Power Pivot ウィンドウを開きます。

  2. [テーブルのプロパティ > 選択します

  3. クエリ エディターに切り替えて、基になるクエリを表示します。

クエリは、すべての種類のデータ ソースに対して表示されません。 たとえば、データ フィードのインポートに対するクエリは表示されません。

データ更新を取り消す接続プロパティを設定する

Excel では、データ更新の頻度を決定する接続プロパティを設定できます。 特定の接続で更新が許可されていない場合、[すべて更新] を実行するか、接続を使用する特定のテーブルを更新しようとすると、キャンセル通知が表示されます。

  1. 接続のプロパティを表示するには、Excelで [データ クエリ] > 、[接続&]を選び、ブックで使用されているすべての接続の一覧を表示します。

  2. [接続 ] タブを 選択し、接続を右クリックし、[プロパティ] を クリックします

  3. [使用状況]タブの [更新] コントロールで、[すべて更新] で [この接続の更新] チェック ボックスがオフの場合は、Power Pivot ウィンドウで [すべて更新] を試す際にキャンセルが表示されます。

SharePoint Server 2013 でデータを更新する

SharePoint Server では、サーバー上で無人データ更新をスケジュールできますが、この設定を行うには、Power Pivot for SharePoint 2013 が SharePoint 環境にインストールされ、構成されている必要があります。 SharePoint の管理者にお問い合わせいただき、スケジュール設定されたデータ更新ができるかどうかをご確認ください。 詳細については、「Power Pivot のスケジュール 済みデータ更新を構成する」を参照してください。

マップに使用するデータが変更されたら、3D Maps で、データを手動で更新できます。 手動で更新すると、変更はマップに反映されます。 この方法を次に説明します。

  • 3D Maps で、[ホーム] を選択>データを更新します

    [ホーム] タブの [データの更新]

Power Map にデータを追加する

3D Maps Power Map に新しいデータを追加するには、次の手順に従います。

  1. 3D Maps で、データを追加するマップに移動します。

  2. 3D Maps ウィンドウを開いたままにします。

  3. Excel で、追加するワークシート データを選択します。

  4. Excel のリボンで、[挿入]、[マップ] の矢印、[選択したデータを Power Map に追加] の順にクリックします。

    [選択したデータを Power Map に追加] コマンド

結果

3D Maps は自動的に更新され、追加のデータが表示されます。

詳細については、「Power Map のデータ を取得して準備する」を参照してください

外部データを更新するExcel Services固有の要件があります。

データの更新方法を制御する

次の 1 つ以上の操作を行って、外部データ ソースのデータを更新する方法を制御できます。

  • 開くときに更新する   Excel では、ブックの作成者は、[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで [ファイルを開いた場合にデータを更新する] チェック ボックスをオンにして、ブックを開いた場合に外部データを自動的に更新するブックを作成できます。 ([データ]タブの [接続]グループで [接続] をクリックし、接続を選択し、[プロパティ] をクリックし、[使用状況] タブをクリックして、ファイルを開く際に [データの更新] をクリックします)。 この場合、ブックExcel Services表示して新しいセッションを作成する前に、常にデータが更新されます。 ブックの作成者が [ファイルを開く際にデータを更新する] チェック ボックスをオフにすると、ブックにキャッシュされているデータが表示されます。つまり、ユーザーが手動でデータを更新すると、ユーザーは現在のセッション中に最新のデータを表示しますが、データはブックに保存されません。 Excel Services でブックを表示するときに常に最新のデータが表示される場合は、Office Excel を使用して [ファイルを開く際にデータを更新する] チェック ボックスをオンにします。

    Office データ接続ファイル (.odc) を使用している場合は、[接続のプロパティ]ダイアログ ボックスで [接続ファイルを常に使用する] チェック ボックスもオンにしてください ([データ] タブの [接続] グループで、[接続]をクリックし、[プロパティ] をクリックし、[定義] タブをクリックし、[常に接続ファイルを使用する] をクリックします)。

    信頼できるファイルの場所サイトの設定である、短いセッション タイムアウトと外部データ キャッシュの有効期間は、更新操作にも影響を与える可能性があります。 詳細については、管理者またはヘルプ システムを参照してください。

手動更新   

  1. ピボットテーブル レポートのセルを選択します。

  2. 新しいExcel Web Accessツール バーの [更新 ] メニューで、[選択した接続の更新 ] をクリックします

    注: 

    • OLAP データ ソースの再クエリの原因となる対話操作では、手動更新操作が開始されます。

    • この [更新 ] コマンドが表示されない場合は、Web パーツの作成者が [選択した接続の更新] の [すべての接続の更新] プロパティ をオフ にしています。 詳細については、Web パーツの カスタム Excel Web Accessを参照してください

    • 手動で更新できるのはピボットテーブル レポートのみです。

  • すべての接続の更新   リンク バー Excel Web Access、[更新] メニューの [すべての接続の更新 ] をクリックします

  • 定期的な更新   Excel を使用すると、ブックの作成者は、ブック内の接続ごとにブックを開いた後、指定した間隔でデータが自動的に更新されるという指定を行います。 たとえば、インベントリ データベースは 1 時間ごとに更新される場合があります。そのため、ブックの作成者がブックを定義し、60 分ごとに自動的に更新されます。

    Web パーツの作成者は、このプロパティがブックの作成者によって定義されている場合、[Excel Web Access 定期的なデータ更新を許可する] プロパティをオンまたはオフにして、この定期的な更新操作を有効または無効にできます。 時間間隔が経過すると、既定では、次の更新通知プロンプトが Web パーツの下部にExcel Web Accessされます。

    接続の一覧<のデータを更新>。 (Now)(Always)(もう聞かしない)

    またExcel Web Access Web パーツの作成者は、[定期的なデータ更新プロンプトの表示] プロパティを設定して、Excel Services がセッション中に定期的なデータ更新を実行するときに表示されるメッセージの動作を制御できます。

    詳細については、Web パーツの カスタム Excel Web Accessを参照してください

    • いつも      メッセージが表示され、間隔ごとにプロンプトが表示されます。

    • 必要に応じて      つまり、ユーザーはメッセージを表示せずに定期的な更新を継続することができます。

    • ぜんぜん      つまり、Excel Web Accessメッセージやプロンプトを表示せずに定期的に更新を実行します。

  • 更新を取り消す   更新操作には予想よりも時間がかかる場合があります。キャンセルすることができます。 更新操作が行われると、メッセージ Excel Services メッセージが表示されます。 [ キャンセル] をクリックして操作を中断すると、より都合の良い時間に更新操作を完了できます。 更新操作をキャンセルする前にクエリによって返されるデータが表示されます。

ほとんどの接続では、接続を使用する範囲またはテーブル内の任意のセルをクリックし、次のいずれかの操作を行います。

  • 選択したデータのみを更新する   Alt キーを押しながら F5キーを押します。または、[データ] タブの [接続] グループで、[すべて更新] の下にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします

    リボンの [更新] コマンドをポイントしているマウス

  • ブック内のすべてのデータを更新する   Ctrl キーと Alt キーを押しながらF5 キーを押すか、[データ] タブの [接続] グループで [すべて更新]をクリックします

    [すべて更新] ボタンの上のマウス ポインター

  • 接続を更新する方法または時間を制御する   [データ] タブの[接続] グループで、[すべて更新] の下にある矢印をクリックし、[接続のプロパティ]をクリックします

    リボンの [接続のプロパティ] コマンドをマウスでポイントする

    表示されたダイアログ ボックスで、[使用状況] タブの [コントロールの更新] で、必要なオプションを選択します

一部の更新操作では、次のセクションで詳しく説明する手順が必要になります。 データ ソースが一覧表示されている場合は、対応するセクションを確認します。

ブックを開いたときに、外部データ範囲を自動更新できます。 また、外部データを保存せずにブックを保存すると、ファイル サイズを小さくすることができます。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループで、[すべて更新] をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    接続のプロパティ

  1. [使用] タブをクリックします。

  2. [コントロールの更新] で、[ファイルを開くときにデータを更新する] チェック ボックスをオンにします。

  3. クエリ定義は含めて、外部データは含めずにブックを保存するには、[ブックを保存する前に外部データ範囲からデータを削除する] チェック ボックスをオンにします。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループで、[すべて更新] をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    接続のプロパティ

  3. [使用] タブをクリックします。

  4. [定期的に更新する] チェック ボックスをオンにして、更新操作の間隔 (分) を入力します。

保存されるパスワードは暗号化されないので、お勧めできません。 データ ソースに接続するときにパスワードが必要な場合、外部データ範囲を更新する前にパスワードの入力を必須にすることができます。 次の手順は、テキスト ファイル (.txt) または Web クエリ (.iqy) から取得したデータには適用されません。

大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた強力なパスワードを使用してください。 これらの文字を混在させていないパスワードは強固とはいえません。 たとえば、Y6dh!et5 は安全性の高いパスワードです。 House27 は推測されやすいパスワードです。 パスワードは、8 文字以上にする必要があります。 理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

パスワードは忘れないようにしてください。 パスワードを忘れた場合、Microsoft でパスワードを回復することはできません。 紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループで、[すべて更新] をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    接続のプロパティ

  3. [定義] タブをクリックしてから、[パスワードの保存] チェック ボックスをオフにします。

注: 各 Excel セッションで初めて外部データ範囲を更新するときにのみ、パスワードの入力が求められます。 次回 Excel を起動すると、クエリを含むブックを開き、更新操作を行うときに、改めてパスワードの入力が求められます。

非常に大きなデータ セットの場合は、バックグラウンドで更新を実行することを検討してください。 これにより Excel の制御が戻り、更新が完了するまで数分以上待つ必要がなくなります。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループで、[すべて更新] をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    接続のプロパティ

    注: バックグラウンドで OLAP クエリを実行することはできません。

    注: データ モデルのデータを取得する接続タイプに対してはクエリを実行できません。

  3. [使用] タブをクリックします。

  4. バックグラウンドでクエリを実行するには、[バックグラウンドで更新する] チェック ボックスをオンにします。 待機中にクエリを実行するには、このチェック ボックスをオフにします。

    クエリを含むマクロを記録した場合、クエリはバックグラウンドで実行されません。 クエリをバックグラウンドで実行するように記録されたマクロを変更するには、Visual Basic エディター でマクロを編集します。 QueryTable オブジェクトの更新メソッドを BackgroundQuery := False から BackgroundQuery := True に変更します。

ブックが大きなデータ ソースに接続されている場合は、更新に予想よりも時間がかかることがあります。 更新を確認するか、キャンセルするには、次のいずれかの操作を行います。

  • クエリの状態を確認する    Excel のステータス バーに、クエリが実行中であることを示すメッセージが表示されます。 メッセージをダブルクリックして、クエリの状態を確認します。

  • 背景の更新を停止する    バックグラウンドで実行されているクエリを停止するには、ステータス バーでクエリのステータス メッセージをダブルクリックして [外部データ更新の状態] ダイアログ ボックスを表示し、[更新の停止] をクリックします。

  • クエリを停止する    バックグラウンド更新がオフになっているときにクエリの実行を停止するには、Esc キーを押します。

[取得と変換&テキスト ファイルのクエリを実行した場合は、それ以上の手順は必要はありません。 テキスト ファイルをインポートした場合、更新する手順は次のとおりです。

  1. 範囲内またはテーブル内の、インポートされたテキスト ファイルへのリンクを含むセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループ 、[すべて更新] をクリックします

    リボンの [更新] コマンドをポイントしているマウス

    選択したデータのみを更新するには、[更新] をクリックします

    範囲またはテーブル内のセルを右クリックし、[更新] をクリックすることもできます。

  3. [テキスト ファイルのインポート] ダイアログ ボックスでテキスト ファイルを参照し、[インポート] をクリックします。

サーバー キューブの最新のデータを使用してファイルを再作成するオフライン キューブ ファイルを更新すると、時間がかかり、多くの一時ディスク領域が必要になる場合があります。 Excel の他のファイルに直ちにアクセスする必要がなさそうにし、ファイルを再び保存するための十分なディスク領域があることを確認して、プロセスを開始します。

  1. オフライン キューブ ファイルに接続されたピボットテーブルをクリックします。

  2. [データ] タブの[接続]グループ[すべて更新] をクリックし、[更新] をクリックします

    リボンの [更新] コマンドをポイントしているマウス

  1. ワークシートのマップされているセルをクリックして、更新する XML マップを選びます。

  2. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. [ファイル] をクリックし、[オプション] をクリックして、[リボンのユーザー設定] をクリックします。

    2. [メイン タブ] の [開発] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  3. [開発] タブの [XML] で [データの更新] をクリックします。

    XML のデータの更新

  • [データ] タブの [接続] グループ 、[すべて更新] をクリックします

複数の接続がある場合、特定の接続のみを更新する場合は、そのデータ範囲内の任意のセルを選択し、[すべて更新]の横にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします

リボンの [更新] コマンドをポイントしているマウス

接続を更新する方法または時間を制御する

  1. 接続されているデータを含む任意のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの[接続] グループで、[すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[接続のプロパティ]をクリックします

    接続のプロパティ

  3. [使用状況 ] タブ で、変更するオプションを設定します。

    非常に大きなデータ セットの場合は、[バックグラウンドで更新を有効にする ] オプションをオンにしてください 。 更新が完了するまで待機する代わりに、更新が開始するとすぐに Excel の制御が返されます。

更新の状態を確認またはキャンセルする

ブックが大きなデータ ソースに接続されている場合は、更新に予想よりも時間がかかることがあります。 更新を確認するか、キャンセルするには、次のいずれかの操作を行います。

  • クエリの状態を確認する    Excel のステータス バーに、クエリが実行中であることを示すメッセージが表示されます。 メッセージをダブルクリックして、クエリの状態を確認します。

  • 背景の更新を停止する    バックグラウンドで実行されているクエリを停止するには、ステータス バーのクエリステータス メッセージをダブルクリックして [外部データ更新の状態] ダイアログ ボックスを表示し、[更新の停止] をクリックします。

  • クエリを停止する    バックグラウンド更新がオフになっているときにクエリの実行を停止するには、Esc キーを押します。

アドインを使用 PowerPivot 以前にインポートしたデータを更新すると、更新が成功したかどうか、失敗したかどうか、または取り消されたかどうかを確認できます。

  • この PowerPivotで、[ホーム] >外部データの取り込み>すべて更新]をクリックして、現在のテーブルまたはデータ モデル内のすべてのテーブルを再インポートします。

    更新の状態は、データ モデルで使用される接続ごとに示されます。 3 つの可能性がある結果があります。

    Power Pivot で表示されるデータ更新状態のメッセージ

"成功" は、各テーブルにインポートされる行の数を報告します。

データベースがオフラインの場合、アクセス許可がなくなった場合、またはソース内でテーブルまたは列が削除または名前変更された場合、"エラー" が発生する可能性があります。 別のブックに新しい接続を作成して、データベースが使用できる可能性を確認します。

"キャンセルされました" は、Excel が更新要求を発行しなかったことを意味します。これは、接続で更新が無効になっている可能性があります。

ヒント: データを更新したい他のユーザーとこのブックを共有していますか? データを提供するデータ ソースに対するアクセス許可を要求する通知を表示して、同僚がデータ更新エラーを回避するのに役立ちます。

テーブルのプロパティには、データ更新で使用されるクエリが表示されます。

データ更新は、最初にデータを取得するために使用したクエリと同じクエリを再実行することです。 テーブルのプロパティをテーブル ウィンドウで表示すると、クエリを表示したり、変更 PowerPivot があります。

  1. データ更新で使われたクエリを表示するには、[PowerPivot]、[管理] の順にクリックして [PowerPivot] ウィンドウを開きます。

  2. [テーブルのプロパティ>をクリックします

  3. クエリ エディターに切り替えて、基になるクエリを表示します。

クエリは、すべての種類のデータ ソースに対して表示されません。 たとえば、データ フィードのインポートに対するクエリは表示されません。

データ更新を取り消す接続プロパティ

Excel では、データ更新の頻度を決定する接続プロパティを設定できます。 特定の接続で更新が許可されていない場合、[すべて更新] を実行するか、接続を使用する特定のテーブルを更新しようとすると、キャンセル通知が表示されます。

  1. 接続のプロパティを表示するには、Excelで [データ] タブ>接続] をクリックして、ブックで使用されているすべての接続の一覧を表示します。

  2. 接続を選択し、[プロパティ] を クリックします

  3. [使用状況]の [更新コントロール] で、[すべて更新] で [この接続の更新] チェック ボックスがオフの場合は、 PowerPivot ウィンドウで [すべて更新] を試す際に取り消しが表示されます。

SharePoint Server 2013 以降でデータを更新する

SharePoint Server では、サーバー上で無人データ更新をスケジュールできますが、これを行うには、sharePoint 環境に PowerPivot for SharePoint 2013 がインストールされ、構成されている必要があります。 SharePoint の管理者にお問い合わせいただき、スケジュール設定されたデータ更新ができるかどうかをご確認ください。

注: Power Query エディターは、変換の取得&です。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query エディターを使用すると、クエリを再作成することなく、クエリを更新して最新のデータをテーブルにインポートできます。

クエリを更新するには、次の方法を実行します。

  1. [クエリの表示&変換>をクリックします

  2. [ブック クエリ] ウィンドウ で、更新するクエリを選択します。

  3. Power Query エディター のリボンで、[ホーム クエリ] タブの[>更新>をクリックします

[クエリ エディター] リボン

マップに使用するデータが変更されたら、3D Maps で、データを手動で更新できます。 手動で更新すると、変更はマップに反映されます。 この方法を次に説明します。

  • 3D Maps で、[ホーム]、[データの更新] の順にクリックします。

[ホーム] タブの [データの更新]

Power Map にデータを追加する

3D Maps Power Map に新しいデータを追加するには、次の手順に従います。

  1. 3D Maps で、データを追加するマップに移動します。

  2. 3D Maps ウィンドウを開いたまま Excel をクリックして、追加するワークシートのデータを選びます。

  3. Excel のリボンで、[挿入]、[マップ] の矢印、[選択したデータを Power Map に追加] の順にクリックします。

[選択したデータを Power Map に追加] コマンド

3D Maps は自動的に更新され、追加のデータが表示されます。

1 つの Excel Microsoft Officeブック内のデータは、2 つの異Excel Services場所から取得できます。 データはブックに直接保存するか、データベースやオンライン分析処理 (OLAP) キューブなどの外部データ ソースに格納できます。

データが外部データ ソースから取得された場合、ブックの作成者または管理者は、多くの場合、外部データ ソースの検索、ログイン、クエリ、アクセスの方法を説明する Office データ接続 (.odc) ファイルで接続情報を定義しています。

外部データ ソースに接続している場合は、更新操作を実行して更新されたデータを取得できます。 データを更新すると、最後に更新された後にデータに加えた変更など、最新バージョンのデータが表示されます。

データの更新について

次の図は、外部データ ソースに接続されているデータを更新する際の基本的なプロセスを示しています。

外部データを更新する基本的なプロセス

  1. 更新操作は、最新のデータを取得します。

  2. 接続は、多くの場合、接続ファイルに保存され、外部データ ソースからデータにアクセスして取得するために必要なすべての情報を定義します。

  3. OLAP、SQL SERVER、OLEDB プロバイダー、ODBC ドライバーなど、さまざまなデータ ソースにアクセスできます。

  4. 最新のデータが現在のブックに追加されます。

セキュリティに関する懸念事項について

外部データ ソースに接続し、データを更新しようとすると、潜在的なセキュリティの問題を認識し、セキュリティの問題について何が可能かを知る必要があります。

多くの場合、データ接続ファイルには、外部データの更新に使用される 1 つ以上のクエリが含まれる場合があります。 このファイルを置き換える場合、悪意のあるユーザーは、機密情報にアクセスして他のユーザーに配布したり、その他の有害なアクションを実行したりするためのクエリを設計できます。 したがって、接続ファイルが信頼できる個人によって作成され、接続ファイルがセキュリティで保護され、信頼できるデータ接続ライブラリ (DCL) から取得される必要があります。

管理者が接続ファイルの作成、信頼できる場所の作成、セキュリティで保護された接続ファイルを作成する方法の詳細については、「Microsoft Office Excel のヘルプと Office SharePoint Server サーバーの全体管理のヘルプ」を参照してください。

セキュリティ メモ: 通常、外部データ ソースにアクセスするには、ユーザーの認証に使用される資格情報 (ユーザー名やパスワードなど) が必要です。 これらの資格情報が安全かつ安全な方法で提供され、これらの資格情報が誤って他のユーザーに公開されるのを回避します。

データの更新方法を制御する

次の 1 つ以上の操作を行って、外部データ ソースのデータを更新する方法を制御できます。

  • 開くときに更新する   Excel では、ブックの作成者は、[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで [ファイルを開いた場合にデータを更新する] チェック ボックスをオンにして、ブックを開いた場合に外部データを自動的に更新するブックを作成できます。 ([データ]タブの [接続]グループで [接続] をクリックし、接続を選択し、[プロパティ] をクリックし、[使用状況] タブをクリックして、ファイルを開く際に [データの更新] をクリックします)。 この場合、ブックExcel Services表示して新しいセッションを作成する前に、常にデータが更新されます。 ブックの作成者が [ファイルを開く際にデータを更新する] チェック ボックスをオフにすると、ブックにキャッシュされているデータが表示されます。つまり、ユーザーが手動でデータを更新すると、ユーザーは現在のセッション中に最新のデータを表示しますが、データはブックに保存されません。 Excel Services でブックを表示するときに常に最新のデータが表示される場合は、Office Excel を使用して [ファイルを開く際にデータを更新する] チェック ボックスをオンにします。

    Office データ接続ファイル (.odc) を使用している場合は、[接続のプロパティ]ダイアログ ボックスで [接続ファイルを常に使用する] チェック ボックスもオンにしてください ([データ] タブの [接続] グループで、[接続]をクリックし、[プロパティ] をクリックし、[定義] タブをクリックし、[常に接続ファイルを使用する] をクリックします)。

    信頼できるファイルの場所サイトの設定である、短いセッション タイムアウトと外部データ キャッシュの有効期間は、更新操作にも影響を与える可能性があります。 詳細については、管理者または SharePoint Server サーバーの全体管理のヘルプ Microsoft Officeを参照してください。

  • 手動更新   

    注: 手動で更新できるのはピボットテーブル レポートのみです。

    1. ピボットテーブル レポートのセルを選択します。

    2. 新しいExcel Web Accessツール バーの [更新 ] メニューで、[選択した接続の更新 ] をクリックします

      注: 

      • OLAP データ ソースの再クエリの原因となる対話操作では、手動更新操作が開始されます。

      • この [更新 ] コマンドが表示されない場合は、Web パーツの作成者が [選択した接続の更新] の [すべての接続の更新] プロパティ をオフ にしています。 詳細については、Web パーツの カスタム Excel Web Accessを参照してください

  • すべての接続の更新   リンク バー Excel Web Access、[更新] メニューの [すべての接続の更新 ] をクリックします

  • 定期的な更新   Excel を使用すると、ブックの作成者は、ブック内の接続ごとにブックを開いた後、指定した間隔でデータが自動的に更新されるという指定を行います。 たとえば、インベントリ データベースは 1 時間ごとに更新される場合があります。そのため、ブックの作成者がブックを定義し、60 分ごとに自動的に更新されます。

    Web パーツの作成者は、このプロパティがブックの作成者によって定義されている場合、[Excel Web Access 定期的なデータ更新を許可する] プロパティをオンまたはオフにして、この定期的な更新操作を有効または無効にできます。 時間間隔が経過すると、既定では、次の更新通知プロンプトが Web パーツの下部にExcel Web Accessされます。

    接続の一覧<のデータを更新>。 (Now)(Always)(もう聞かしない)

    またExcel Web Access Web パーツの作成者は、[定期的なデータ更新プロンプトの表示] プロパティを設定して、Excel Services がセッション中に定期的なデータ更新を実行するときに表示されるメッセージの動作を制御できます。

    • いつも      メッセージが表示され、間隔ごとにプロンプトが表示されます。

    • 必要に応じて      つまり、ユーザーはメッセージを表示せずに定期的な更新を継続することができます。

    • ぜんぜん      つまり、Excel Web Accessメッセージやプロンプトを表示せずに定期的に更新を実行します。

    詳細については、Web パーツの カスタム Excel Web Accessを参照してください

  • 更新を取り消す   更新操作には予想よりも時間がかかる場合があります。キャンセルすることができます。 更新操作が行われると、メッセージ Excel Services メッセージが表示されます。 [ キャンセル] をクリックして操作を中断すると、より便利な時間に更新操作を完了できます。 更新操作をキャンセルする前にクエリによって返されるデータが表示されます。

  1. 範囲内またはテーブル内の、外部データへのリンクを含むセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループ 、[すべて更新] をクリックします

    データ接続を更新する

    選択したデータのみを更新するには、[更新] をクリックします。

    範囲またはテーブル内のセルを右クリックし、[更新] をクリックすることもできます。

    注: 複数のブックを開いている場合、個々のブックで同じ操作を繰り返す必要があります。

  1. 範囲内またはテーブル内の、インポートされたテキスト ファイルへのリンクを含むセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループ 、[すべて更新] をクリックします

    データ接続を更新する

    選択したデータのみを更新するには、[更新] をクリックします

    範囲またはテーブル内のセルを右クリックし、[更新] をクリックすることもできます。

  3. [テキスト ファイルのインポート] ダイアログ ボックスでテキスト ファイルを参照し、[インポート] をクリックします。

サーバー キューブの最新のデータを使用してファイルを再作成するオフライン キューブ ファイルを更新すると、時間がかかり、多くの一時ディスク領域が必要になる場合があります。 Excel の他のファイルにすぐにアクセスする必要がなさそうに、プロセスを開始し、ファイルを再保存するための十分なディスク領域があることを確認します。

  1. オフライン キューブ ファイルに接続されたピボットテーブルをクリックします。

  2. [データ] タブの[接続]グループ、[すべて更新] をクリックし、[更新] をクリックします

    データ接続を更新する

  1. ワークシートのマップされているセルをクリックして、更新する XML マップを選びます。

  2. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. [ファイル] をクリックし、[オプション] をクリックして、[リボンのユーザー設定] をクリックします。

    2. [メイン タブ] の [開発] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  3. [開発] タブの [XML] で [データの更新] をクリックします。

    XML のデータの更新

  • [データ] タブの [ すべて更新] をクリックします

複数の接続がある場合、特定の接続のみを更新する場合は、そのデータ範囲内の任意のセルを選択し、[すべて更新]の横にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします

データ接続を更新する

接続を更新する方法または時間を制御する

  1. 接続されているデータを含む任意のセルをクリックします。

  2. [データ]タブで、[すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[接続のプロパティ]をクリックします

    接続のプロパティ

  3. [使用状況 ] タブ で、変更するオプションを設定します。

    非常に大きなデータ セットの場合は、[バックグラウンドで更新を有効にする ] オプションをオンにしてください 。 更新が完了するのを待つ代わりに、Excel の制御が返されます。

更新の状態を確認またはキャンセルする

ブックが大きなデータ ソースに接続されている場合は、更新に予想よりも時間がかかることがあります。 更新を確認するか、キャンセルするには、次のいずれかの操作を行います。

  • クエリの状態を確認する    Excel のステータス バーに、クエリが実行中であることを示すメッセージが表示されます。 メッセージをダブルクリックして、クエリの状態を確認します。

  • 背景の更新を停止する    バックグラウンドで実行されているクエリを停止するには、ステータス バーでクエリのステータス メッセージをダブルクリックして [外部データ更新の状態] ダイアログ ボックスを表示し、[更新の停止] をクリックします。

  • クエリを停止する    バックグラウンド更新がオフになっているときにクエリの実行を停止するには、Esc キーを押します。

アドインを使用 PowerPivot 以前にインポートしたデータを更新すると、更新が成功したかどうか、失敗したかどうか、または取り消されたかどうかを確認できます。

  • この PowerPivotで、[ホーム] >外部データの取り込み>すべて更新]をクリックして、現在のテーブルまたはデータ モデル内のすべてのテーブルを再インポートします。

    更新の状態は、データ モデルで使用される接続ごとに示されます。 3 つの可能性がある結果があります。

    Power Pivot で表示されるデータ更新状態のメッセージ

"成功" は、各テーブルにインポートされる行の数を報告します。

データベースがオフラインの場合、アクセス許可がなくなった場合、またはソース内でテーブルまたは列が削除または名前変更された場合、"エラー" が発生する可能性があります。 別のブックに新しい接続を作成して、データベースが使用できる可能性を確認します。

"キャンセルされました" は、Excel が更新要求を発行しなかったことを意味します。これは、接続で更新が無効になっている可能性があります。

ヒント: データを更新したい他のユーザーとこのブックを共有していますか? データを提供するデータ ソースに対するアクセス許可を要求する通知を表示して、同僚がデータ更新エラーを回避するのに役立ちます。

テーブルのプロパティには、データ更新で使用されるクエリが表示されます。

データ更新は、最初にデータを取得するために使用したクエリと同じクエリを再実行することです。 テーブルのプロパティをテーブル ウィンドウで表示すると、クエリを表示したり、変更 PowerPivot があります。

  1. データ更新で使われたクエリを表示するには、[PowerPivot]、[管理] の順にクリックして [PowerPivot] ウィンドウを開きます。

  2. [テーブルのプロパティ>をクリックします

  3. クエリ エディターに切り替えて、基になるクエリを表示します。

クエリは、すべての種類のデータ ソースに対して表示されません。 たとえば、データ フィードのインポートに対するクエリは表示されません。

データ更新を取り消す接続プロパティ

Excel では、データ更新の頻度を決定する接続プロパティを設定できます。 特定の接続で更新が許可されていない場合、[すべて更新] を実行するか、接続を使用する特定のテーブルを更新しようとすると、キャンセル通知が表示されます。

  1. 接続のプロパティを表示するには、Excelで [データ接続と接続>をクリックして、ブックで使用されているすべての接続の一覧を表示します。

  2. 接続を選択し、[プロパティ] を クリックします

  3. [使用状況]の [更新コントロール] で、[すべて更新] で [この接続を更新] チェック ボックスがオフの場合は、 PowerPivot ウィンドウで [すべて更新] を試す際に取り消しが表示されます。

SharePoint Server 2013 でデータを更新する

SharePoint Server 2013 では、サーバー上での無人データ更新のスケジュールを設定できますが、これを行うには、SharePoint 環境に PowerPivot for SharePoint 2013 がインストールされ、設定されている必要があります。 SharePoint の管理者にお問い合わせいただき、スケジュール設定されたデータ更新ができるかどうかをご確認ください。

Power Query を使用すると、クエリを再作成することなく、クエリを更新してテーブルに最新のデータをインポートできます。

重要: 

  • Excel 2010   Power Query は Excel 2010 には含まれていませんが、Power Queryアドインをダウンロード、インストール、アクティブ化することができます。

  • Power Query アドインをアクティブ化するには、[ファイル] タブの[>オプション] >クリックします。 下部の [管理 ] セクションで、ドロップダウン リストから [COM アドイン] オプションを選択し、[移動] を クリックします。 [Power Query] チェック ボックスを オンにして 、[OK] をクリックします。 Power Query リボンは自動的に表示されますが、表示されない場合は、Excel を閉じて再起動します。

クエリを更新するには、次の方法を実行します。

  1. クエリ エディター リボン で、[ プレビューの更新 ] をクリックします

[クエリ エディター] リボン

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブッククエリを読み込みまたは編集せずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query]リボン タブの [外部データの取り込み] セクションで、[その他のソース] タブ>選択します。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

Excel ブックが Access データベース内のテーブルまたはクエリに接続している場合は、最新の情報を表示することができます。 これを行 うには、[更新 ] コマンド ([ データ ] タブ) を使用します。

  1. ワークシートで、Access データを含む任意のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの[接続] グループで、[すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします

データ接続を更新する

接続を更新する方法または頻度を制御するには、次の操作を行います。

  1. Access データを含む任意のセルをクリックします。

  2. [接続] グループで 、[すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[ 接続のプロパティ] をクリックします

非常に大きなデータ セットの場合は、バックグラウンドで更新を実行することを検討してください。 これにより Excel の制御が戻り、更新が完了するまで数分以上待つ必要がなくなります。

接続のプロパティ

  1. [使用状況 ] タブ で、変更するオプションを設定します。

更新の状態を確認する、または取り消す

ブックが大きなデータ ソースに接続されている場合は、更新に予想よりも時間がかかることがあります。 更新を確認する、または取り消す場合は、次のいずれかの操作を行います。

  • クエリの状態を確認する    Excel のステータス バーに、クエリが実行中であることを示すメッセージが表示されます。 メッセージをダブルクリックして、クエリの状態を確認します。

  • 背景の更新を停止する    バックグラウンドで実行されているクエリを停止するには、ステータス バーでクエリのステータス メッセージをダブルクリックして [外部データ更新の状態] ダイアログ ボックスを表示し、[更新の停止] をクリックします。

  • クエリを停止する    バックグラウンド更新がオフになっているときにクエリの実行を停止するには、Esc キーを押します。

Excel ブックが SQL Server データベース内のテーブルまたはクエリに接続している場合は、最新の情報を表示することができます。 これを行 うには、[更新 ] コマンド ([ データ ] タブ) を使用します。

  1. ワークシートで、データを含む任意のセルSQL Serverします。

  2. [データ] タブの[接続] グループで、[すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします

データ接続を更新する

接続を更新する方法または頻度を制御するには、次の操作を行います。

  1. データを含む任意のセルSQL Serverします。

  2. [接続] グループで 、[すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[ 接続のプロパティ] をクリックします

非常に大きなデータ セットの場合は、バックグラウンドで更新を実行することを検討してください。 これにより Excel の制御が戻り、更新が完了するまで数分以上待つ必要がなくなります。

接続のプロパティ

  1. [使用状況 ] タブ で、背景の更新を有効にするなどの変更するオプションを設定します。

更新の状態を確認またはキャンセルする

ブックが大きなデータ ソースに接続されている場合は、更新に予想よりも時間がかかることがあります。 更新を確認するか、キャンセルするには、次のいずれかの操作を行います。

  • クエリの状態を確認する    Excel のステータス バーに、クエリが実行中であることを示すメッセージが表示されます。 メッセージをダブルクリックして、クエリの状態を確認します。

  • 背景の更新を停止する    バックグラウンドで実行されているクエリを停止するには、ステータス バーでクエリのステータス メッセージをダブルクリックして [外部データ更新の状態] ダイアログ ボックスを表示し、[更新の停止] をクリックします。

  • クエリを停止する    バックグラウンド更新がオフになっているときにクエリの実行を停止するには、Esc キーを押します。

OLE DB データ ソース内のテーブルまたはクエリに接続している Excel ブックでは、最新の情報が表示されます。 これを行 うには、[更新 ] コマンド ([ データ ] タブ) を使用します。

  1. ワークシートで、OLE DB データを含む任意のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの[接続] グループで、[すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします

データ接続を更新する

接続を更新する方法または頻度を制御するには、次の操作を行います。

  1. OLE DB データを含む任意のセルをクリックします。

  2. [接続]グループで、[すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[接続のプロパティ]をクリックします

非常に大きなデータ セットの場合は、バックグラウンドで更新を実行することを検討してください。 これにより Excel の制御が戻り、更新が完了するまで数分以上待つ必要がなくなります。

接続のプロパティ

  1. [使用状況 ] タブ で、変更するオプションを設定します。

更新を確認またはキャンセルする

ブックが大きなデータ ソースに接続されている場合は、更新に予想よりも時間がかかることがあります。 更新をオンまたはキャンセルするには、次のいずれかの操作を行います。

  • クエリの状態を確認する    Excel のステータス バーに、クエリが実行中であることを示すメッセージが表示されます。 メッセージをダブルクリックして、クエリの状態を確認します。

  • 背景の更新を停止する    バックグラウンドで実行されているクエリを停止するには、ステータス バーでクエリのステータス メッセージをダブルクリックして [外部データ更新の状態] ダイアログ ボックスを表示し、[更新の停止] をクリックします。

  • クエリを停止する    バックグラウンド更新がオフになっているときにクエリの実行を停止するには、Esc キーを押します。

マップに使用するデータが変更されたら、3D Maps で、データを手動で更新できます。 手動で更新すると、変更はマップに反映されます。 この方法を次に説明します。

  • 3D Maps で、[ホーム]、[データの更新] の順にクリックします。

[ホーム] タブの [データの更新]

Power Map にデータを追加する

3D Maps Power Map に新しいデータを追加するには、次の手順に従います。

  1. 3D Maps で、データを追加するマップに移動します。

  2. 3D Maps ウィンドウを開いたまま Excel をクリックして、追加するワークシートのデータを選びます。

  3. Excel のリボンで、[挿入]、[マップ] の矢印、[選択したデータを Power Map に追加] の順にクリックします。

[選択したデータを Power Map に追加] コマンド

3D Maps は自動的に更新され、追加のデータが表示されます。

手動で更新する

  1. ピボットテーブル内の任意の場所をクリックします。

    ピボットテーブル ツール が表示され、[オプション] タブと [デザイン ] タブ が追加 されます。

  2. [オプション ] タブ の [データ ] グループ で、次のいずれかの操作を行います。

  3. データ ソースに合わせて情報を更新するには、[更新] ボタンをクリックするか、Alt キーを押しながら F5 キーを押します。

    ピボットテーブルを右クリックし、[更新] をクリックします。

  4. ブック内のすべてのピボットテーブルを更新するには、[更新]ボタンの矢印をクリックし、[すべて更新] をクリックします

    Excel のリボンのイメージ

    更新に予想以上の時間がかかる場合は、[オプション]をクリック>更新>更新の状態を確認します。

    更新を中止するには、[更新の取り消し] をクリックします。

列幅やセルの書式設定が調整されないようにする

ピボットテーブル データを更新したときにデータの列幅やセルの書式設定が調整されないようにする場合は、次のオプションをオンにします。

  1. [オプション ] をクリック > オプション] をクリックします

    [ピボットテーブル ツール] の [オプション] タブの [ピボットテーブル] グループ
  2. [レイアウトと書式] タブで、[更新時に列幅を自動調整する] ボックスと [更新時にセル書式を保持する] ボックスをオンにします。

ブックを開く際にピボットテーブル データを自動的に更新する

  1. ピボットテーブル内の任意の場所をクリックします。

  2. [オプション] タブの [ピボットテーブル] グループにある [オプション] をクリックします。

    [ピボットテーブル ツール] の [オプション] タブの [ピボットテーブル] グループ

  3. [ピボットテーブルオプション] ダイアログボックスの [データ] タブで、[ファイルを開く際にデータを更新する] チェック ボックスオンにします。

1 つの Excel Microsoft Officeブック内のデータは、2 つの異Excel Services場所から取得できます。 データはブックに直接保存するか、データベースやオンライン分析処理 (OLAP) キューブなどの外部データ ソースに格納できます。

データが外部データ ソースから取得された場合、ブックの作成者または管理者は、多くの場合、外部データ ソースの検索、ログイン、クエリ、アクセスの方法を説明する Office データ接続 (.odc) ファイルで接続情報を定義しています。

外部データ ソースに接続している場合は、更新操作を実行して更新されたデータを取得できます。 データを更新すると、最後に更新された後にデータに加えた変更など、最新バージョンのデータが表示されます。

データの更新について

次の図は、外部データ ソースに接続されているデータを更新する際の基本的なプロセスを示しています。

外部データを更新する基本的なプロセス

  1. 更新操作は、最新のデータを取得します。

  2. 接続は、多くの場合、接続ファイルに保存され、外部データ ソースからデータにアクセスして取得するために必要なすべての情報を定義します。

  3. OLAP、SQL SERVER、OLEDB プロバイダー、ODBC ドライバーなど、さまざまなデータ ソースにアクセスできます。

  4. 最新のデータが現在のブックに追加されます。

セキュリティに関する懸念事項について

外部データ ソースに接続し、データを更新しようとすると、潜在的なセキュリティの問題を認識し、セキュリティの問題について何が可能かを知る必要があります。

多くの場合、データ接続ファイルには、外部データの更新に使用される 1 つ以上のクエリが含まれる場合があります。 このファイルを置き換える場合、悪意のあるユーザーは、機密情報にアクセスして他のユーザーに配布したり、その他の有害なアクションを実行したりするためのクエリを設計できます。 したがって、接続ファイルが信頼できる個人によって作成され、接続ファイルがセキュリティで保護され、信頼できるデータ接続ライブラリ (DCL) から取得される必要があります。

管理者が接続ファイルの作成、信頼できる場所の作成、接続ファイルのセキュリティ保護を行う方法の詳細については、「Microsoft Office Excel 2007 ヘルプと Office SharePoint Server サーバーの全体管理のヘルプ」を参照してください。

セキュリティ メモ: 通常、外部データ ソースにアクセスするには、ユーザーの認証に使用される資格情報 (ユーザー名やパスワードなど) が必要です。 これらの資格情報が安全かつ安全な方法で提供され、これらの資格情報が誤って他のユーザーに公開されるのを回避します。

データの更新方法を制御する

次の 1 つ以上の操作を行って、外部データ ソースのデータを更新する方法を制御できます。

  • 開くときに更新する   Microsoft Office Excel 2007ブックの作成者は、[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで [ファイルを開いた場合にデータを更新する]チェック ボックスをオンにして、ブックを開いた際に外部データを自動的に更新するブックを作成できます。 ([データ]タブの [接続]グループで [接続] をクリックし、接続を選択し、[プロパティ] をクリックし、[使用状況] タブをクリックして、ファイルを開く際に [データの更新] をクリックします)。 この場合、ブックExcel Services表示して新しいセッションを作成する前に、常にデータが更新されます。 ブックの作成者が [ファイルを開く際にデータを更新する] チェック ボックスをオフにすると、ブックにキャッシュされているデータが表示されます。つまり、ユーザーが手動でデータを更新すると、ユーザーは現在のセッション中に最新のデータを表示しますが、データはブックに保存されません。 Excel Services でブックを表示するときに常に最新のデータが表示される場合は、Office Excel を使用して [ファイルを開く際にデータを更新する] チェック ボックスをオンにします。

    Office データ接続ファイル (.odc) を使用している場合は、[接続のプロパティ]ダイアログ ボックスで [常に接続ファイルを使用する] チェック ボックスも設定します ([データ] タブの [接続] グループで、[接続] をクリックし、[プロパティ] をクリックし、[定義] タブをクリックし、[常に接続ファイルを使用する] をクリックします)。

    信頼できるファイルの場所サイトの設定、短セッション タイムアウトと外部データ キャッシュの有効期間は、更新操作にも影響を与える可能性があります。 詳細については、管理者または SharePoint Server サーバーの全体管理のヘルプ Microsoft Officeを参照してください。

  • 手動更新   

    注: 手動で更新できるのはピボットテーブル レポートのみです。

    1. ピボットテーブル レポートのセルを選択します。

    2. 新しいExcel Web Accessツール バーの [更新 ] メニューで、[選択した接続の更新 ] をクリックします

      注: 

      • OLAP データ ソースの再クエリの原因となる対話操作では、手動更新操作が開始されます。

      • この [更新 ] コマンドが表示されない場合は、Web パーツの作成者が [選択した接続の更新] の [すべての接続の更新] プロパティ をオフ にしています。 詳細については、Web パーツの カスタム Excel Web Accessを参照してください

  • すべての接続の更新   リンク バー Excel Web Access、[更新] メニューの [すべての接続の更新 ] をクリックします

  • 定期的な更新   このオプション Office Excel 2007ブックの作成者は、ブック内の接続ごとにブックを開いた後に、指定した間隔でデータが自動的に更新されるという設定を行います。 たとえば、インベントリ データベースは 1 時間ごとに更新される場合があります。そのため、ブックの作成者がブックを定義し、60 分ごとに自動的に更新されます。

    Web パーツの作成者は、このプロパティがブックの作成者によって定義されている場合、[Excel Web Access 定期的なデータ更新を許可する] プロパティをオンまたはオフにして、この定期的な更新操作を有効または無効にできます。 時間間隔が経過すると、既定では、次の更新通知プロンプトが Web パーツの下部にExcel Web Accessされます。

    接続の一覧<のデータを更新>。 (Now)(Always)(もう聞かしない)

    またExcel Web Access Web パーツの作成者は、[定期的なデータ更新プロンプトの表示] プロパティを設定して、Excel Services がセッション中に定期的なデータ更新を実行するときに表示されるメッセージの動作を制御できます。

    • いつも      メッセージが表示され、間隔ごとにプロンプトが表示されます。

    • 必要に応じて      つまり、ユーザーはメッセージを表示せずに定期的な更新を継続することができます。

    • ぜんぜん      つまり、Excel Web Accessメッセージやプロンプトを表示せずに定期的に更新を実行します。

    詳細については、Web パーツの カスタム Excel Web Accessを参照してください

  • 更新を取り消す   更新操作には予想よりも時間がかかる場合があります。キャンセルすることができます。 更新操作が行われると、メッセージ Excel Services メッセージが表示されます。 [ キャンセル] をクリックして操作を中断すると、より便利な時間に更新操作を完了できます。 更新操作をキャンセルする前にクエリによって返されるデータが表示されます。

ブックを開いたときに、外部データ範囲を自動更新できます。 また、外部データを保存せずにブックを保存すると、ファイル サイズを小さくすることができます。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループで、[すべて更新] をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    接続のプロパティ

  1. [使用] タブをクリックします。

  2. [コントロールの更新] で、[ファイルを開くときにデータを更新する] チェック ボックスをオンにします。

  3. クエリ定義は含めて、外部データは含めずにブックを保存するには、[ブックを保存する前に外部データ範囲からデータを削除する] チェック ボックスをオンにします。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループで、[すべて更新] をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    接続のプロパティ

  3. [使用] タブをクリックします。

  4. [定期的に更新する] チェック ボックスをオンにして、更新操作の間隔 (分) を入力します。

保存されるパスワードは暗号化されないので、お勧めできません。 データ ソースに接続するときにパスワードが必要な場合、外部データ範囲を更新する前にパスワードの入力を必須にすることができます。 次の手順は、テキスト ファイル (.txt) または Web クエリ (.iqy) から取得したデータには適用されません。

大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた強力なパスワードを使用してください。 これらの文字を混在させていないパスワードは強固とはいえません。 たとえば、Y6dh!et5 は安全性の高いパスワードです。 House27 は推測されやすいパスワードです。 パスワードは、8 文字以上にする必要があります。 理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

パスワードは忘れないようにしてください。 パスワードを忘れた場合、Microsoft でパスワードを回復することはできません。 紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループで、[すべて更新] をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    接続のプロパティ

  3. [定義] タブをクリックしてから、[パスワードの保存] チェック ボックスをオフにします。

注: 各 Excel セッションで初めて外部データ範囲を更新するときにのみ、パスワードの入力が求められます。 次回 Excel を起動すると、クエリを含むブックを開き、更新操作を行うときに、改めてパスワードの入力が求められます。

非常に大きなデータ セットの場合は、バックグラウンドで更新を実行することを検討してください。 これにより Excel の制御が戻り、更新が完了するまで数分以上待つ必要がなくなります。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループで、[すべて更新] をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    接続のプロパティ

    注: バックグラウンドで OLAP クエリを実行することはできません。

    注: データ モデルのデータを取得する接続タイプに対してはクエリを実行できません。

  3. [使用] タブをクリックします。

  4. バックグラウンドでクエリを実行するには、[バックグラウンドで更新する] チェック ボックスをオンにします。 待機中にクエリを実行するには、このチェック ボックスをオフにします。

    クエリを含むマクロを記録した場合、クエリはバックグラウンドで実行されません。 クエリをバックグラウンドで実行するように記録されたマクロを変更するには、Visual Basic エディター でマクロを編集します。 QueryTable オブジェクトの更新メソッドを BackgroundQuery := False から BackgroundQuery := True に変更します。

ブックが大きなデータ ソースに接続されている場合は、更新に予想よりも時間がかかることがあります。 更新を確認するか、キャンセルするには、次のいずれかの操作を行います。

  • クエリの状態を確認する    Excel のステータス バーに、クエリが実行中であることを示すメッセージが表示されます。 メッセージをダブルクリックして、クエリの状態を確認します。

  • 背景の更新を停止する    バックグラウンドで実行されているクエリを停止するには、ステータス バーのクエリステータス メッセージをダブルクリックして [外部データ更新の状態] ダイアログ ボックスを表示し、[更新の停止] をクリックします。

  • クエリを停止する    バックグラウンド更新がオフになっているときにクエリの実行を停止するには、Esc キーを押します。

関連項目

Power Query for Excel のヘルプ

ブラウザーでブックの外部データを更新する

Excel で数式の再計算、反復、または精度を変更する

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×