Excel のステータス バーのオプション

Office プログラムの下部にあるステータスバーに、ステータスバーに表示されるように選択されたオプションの状態が表示されます。 既定では、多くのオプションが選択されています。 ステータスバーをカスタマイズする場合は、それを右クリックして、目的のオプションをクリックします。

Excel のステータスバーには、次のオプションがあります。

注: 使用している Excel のバージョンによっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

オプション

次の情報がステータスバーに表示されます。

セルモード

既定で選択されています。このオプションを選択すると、ステータスバーの左側に現在のセルの編集モードが表示されます。 次のいずれかのモードが表示されます。

  • 一般的な状態を示す準備ができました。

  • Enter キー を押すと、コンテンツ入力モードが示されます。 セルを選択して入力を開始するか、F2 キーを2回押したときに表示されます。

  • 編集 して、セル内編集モードを指定します。 セルをダブルクリックするか、F2 キーを押すと、セル内のデータの入力や編集ができるように表示されます。

  • [ 数式セル選択モードを示す] をポイントします。 数式を開始し、数式に含めるセルをクリックすると、その数式が表示されます。

フラッシュフィルの空白セル

既定で選択されています。このオプションは、 フラッシュフィル 操作の後に空白のままになったセルの数を示します。

フラッシュフィルの変更されたセル

既定で選択されています。このオプションは、 フラッシュフィルによって設定されたセルの数を示します。

署名

既定で選択されています。このオプションは、作業中のブックにデジタル署名が行われたことを示します。

情報管理ポリシー

既定で選択されています。このオプションは、作業中のブックのコンテンツへのアクセス許可を制限するために Information Rights Management (IRM) が使用されていることを示します。

アクセス許可

既定で選択されている場合、このオプションをクリックすると、現在の閲覧および編集のアクセス許可が表示されるセルモードインジケーターの横にアイコンが表示されます。

このアイコンは、ドキュメントへのアクセスが制限されている場合にのみ表示されます。 Excel 2007で制限を適用するには、[ Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 ]、[ 準備]、[ アクセス許可の制限]、[ 制限付きアクセス] の各オプションをクリックします。 その他のバージョンでは、[ファイル>情報] をクリックして、[>ブックの保護> アクセス >制限付きアクセス制限する] をクリックします。

キャップス ロックです

このオプションを選択すると、capslock キーがオンになっていることを示す文字 ロック が表示され、大文字での入力が許可されます。 このオプションは既定でオフになっています。

Numlock

このオプションを選択すると、numlock キーがオンになっていることを示す num lock が表示され、テンキーのキーを使用してワークシートに数値を入力することができます。 このオプションは既定でオフになっています。

Scrolllock

既定で選択されています。このオプションでは、スクロールロックがオンになっていることを示す スクロールロックが表示さ れ、方向キーを使用してワークシートでスクロールできるようになります。

小数点位置を固定

既定で選択されています。このオプションでは、ワークシートに入力したすべての数値が小数点以下に固定されて表示されることを示す [ 小数点以下の桁数 ] が表示されます。 [ Excel のオプション] ダイアログボックスの [詳細設定] タブの [編集オプション] で [小数点位置を自動的に挿入する] チェックボックスをオンにした場合は、このオプションがオンになっています ( Excel 2007で、[ Microsoft Office ボタンexcel のオプション]、[詳細設定] の Office ボタンの画像 をクリックします)。 その他の Excel バージョンでは、[ ファイル > オプション > 詳細設定] をクリックします。

上書き入力モード

このオプションを選択すると、 上書き 入力が表示され、セルの編集モードでセルの内容を編集しているときに、上書き入力モードを有効にします (セルをダブルクリックするか、F2 キーを押す)。 このオプションは既定でオフになっています。

終了モード

既定で選択されている場合、終了モードが有効になるまで end が押されたことを示す 終了モード が表示されます。 END キーを押しながら方向キーを押すと、選択範囲が矢印キーの方向に移動し、データの開始と終了が停止して、ワークシートの先頭または末尾に移動します。

マクロの記録

既定で選択されています。このオプションでは、クリックするとマクロの記録を開始できるセルモードインジケーターの横にボタンが表示されます。

選択モード

既定で選択されています。このオプションでは、次のいずれかのセル選択モードが表示されます。

  • 方向キーを使用してセル選択範囲を拡張するには、F8 キーを押しながら選択範囲を拡張します。

  • 方向キーを使用して、隣接しないセルまたは範囲を選択範囲に追加するには、SHIFTキーを押しながら F8 キーを押します。

Page Number/ページ番号

既定で選択されている [ページレイアウト] ビューまたは [印刷プレビュー] 表示で作業している場合は、選択したワークシートのページ番号とワークシート内のページ数が表示されます。

AVERAGE

既定で選択されています。このオプションでは、数値を含むセルから計算された平均値が表示されます。

個数

既定で選択されています。このオプションでは、選択したセルの数が表示されます。

数値カウント

このオプションを選択すると、選択したセルのうち、数値を含むセルの数が表示されます。 このオプションは既定でオフになっています。

Minimum

このオプションを選択すると、選択したセルの最小値が表示されます。 このオプションは既定でオフになっています。

Maximum

このオプションを選択すると、選択したセルの最大の数値が表示されます。 このオプションは既定でオフになっています。

合計

既定で選択されています。このオプションでは、選択したセル内の数値の合計が表示されます。

アップロードの状態

既定で選択されています。このオプションは、スプレッドシートのアップロード状態を web に表示します。

ショートカットを表示する

既定で選択されています。このオプションでは、 標準 表示、 ページレイアウト ビュー、および改 ページプレビュー の各ボタンが表示されます。 これらのボタンをクリックして、現在のビューを変更することができます。

ズーム

既定で選択されています。このオプションは、 ズーム レベルを表示します。 [ ズーム ] をクリックして [ ズーム ] ダイアログボックスを開くと、使用する倍率を指定できます。

ズーム スライダー

既定で選択されています。このオプションを選択する と、ズームスライダーが 表示され、[ 縮小 ] と [ 拡大 ] ボタンが表示されます。 その後、スライダーをドラッグするか、[ 縮小 ] および [ ズーム ] ボタンをクリックして、ワークシートの内容を拡大してより詳しく表示したり、より多くのコンテンツを表示したりすることができます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×