Excel のテーブルの概要

Excel のテーブルの概要

関連するデータのグループを簡単に管理および分析するために、セルの 範囲 を Excel のテーブルに変換できます (以前は Excel リストと呼ばれていました)。

Excel のテーブルとして書式設定されたデータの例

注: 

  • Excel のテーブルを what-if 分析コマンド群の一部であるデータ テーブルと混同しないようにしてください。 データ テーブルの詳細については、「データ テーブルを使って複数の結果を計算する」を参照してください。

  • 共有ブックでは、テーブルを作成したり、挿入したりすることはできません。

Excel のテーブルの要素について

テーブルには、次の要素を含めることができます。

  • 見出し行:    既定では、テーブルには見出し行があります。 すべてのテーブルの列でフィルター処理が有効になっているので、テーブルのデータのフィルター処理または並べ替えをすばやく行うことができます。 詳細については、「データのフィルター処理またはデータの並べ替え」を参照してください。

    フィルターを並べ替え、またはテーブルに適用する

    表の見出し行をオフにすることができます。 詳細については、「 Excel のテーブルの見出しのオンとオフを切り替える」を参照してください。

  • 縞模様 (行):    別の網かけまたは行の縞模様は、データをより適切に区別するのに役立ちます。

    ヘッダー データはあるが先頭行で選択されていない Excel のテーブルには、ヘッダー オプションがあるため、Excel では列 1、列 2 のような既定のヘッダー名が追加されています。

  • 集計列:    テーブルの列の 1 つのセルに式を入力することで、そのテーブルの列内の他のすべてのセルに式を直ちに適用する集計列を作成できます。 詳細については、「 Excel テーブルで集計列を使用する」を参照してください。

    テーブル内にオートコンプリートする単一の数式を追加して、集計列を作成する

  • 集計行    テーブルに集計行を追加すると、Excel によって [合計]、[平均] などの関数を選ぶための [オート Sum] ドロップダウンリストが表示されます。 これらのオプションのいずれかを選択すると、テーブルが SUBTOTAL 関数に自動的に変換されます。これにより、既定でフィルターで非表示になっている行は無視されます。 計算に非表示の行を含める場合は、 SUBTOTAL関数の引数を変更することができます。

    詳細については、「 Excel のテーブルのデータを集計する」も参照してください。

    集計行​​の数式ドロップダウン リストからの集計行の数式の選択例

  • サイズ変更ハンドル:    テーブルの右下にあるサイズ変更ハンドルを使うと、必要なサイズになるようにテーブルをドラッグすることができます。

    サイズ変更ハンドルをドラッグして表のサイズを変更する

    表のサイズを変更するその他の方法については、「行と列を追加して表のサイズを変更する」を参照してください。

テーブルを作成する

スプレッドシートでは、必要な数のテーブルを作成できます。

Excel で表をすばやく作成するには、次の操作を行います。

  1. データ内のセルまたはセル範囲を選択します。

  2. [ホーム]、[テーブルとして書式設定] の順に選択します。

  3. 表のスタイルを選びます。

  4. [テーブルとして書式設定] ダイアログボックスで、範囲の最初の行を見出し行にする場合は、[ヘッダーとしてテーブル] の横にあるチェックボックスをオンにし、[ OK]をクリックします。

また、 Excel でテーブルを作成する方法についてもビデオをご覧ください。

テーブルデータを効率的に操作する

Excel には、テーブルのデータを効率的に操作するためのいくつかの機能があります。

  • 構造化参照を使用する:    A1、R1C1 などのセルの参照を使用する代わりに、式内でテーブル名を参照する構造化参照を使用できます。 詳細については、「 Excel テーブルでの構造化参照の使用」を参照してください。

  • データの整合性を確保する:     Excel では、組み込みのデータ入力規則機能を使用できます。 たとえば、テーブルのある列でのみ数字と日付を許可することを選択できます。 データの整合性を確保する方法の詳細については、「セルにデータの入力規則を適用する」を参照してください。

Excel のテーブルを SharePoint サイトにエクスポートする

SharePoint サイトへのアクセスを作成する場合は、それを使って Excel のテーブルを SharePoint リストにエクスポートすることができます。 この方法では、他のユーザーが SharePoint リストのテーブルデータを表示、編集、更新することができます。 SharePoint リストへの一方向の接続を作成して、SharePoint リストのデータに加えられた変更を反映するように、ワークシート上のテーブルデータを更新することができます。 詳細については、「Excel テーブルを SharePoint にエクスポートする」を参照してください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

テーブルの書式を設定する

excel のテーブルの互換性の問題

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×