Excel グリッドに対してデータ セットが大きすぎる場合の対応方法

区切りテキスト (.txt) やコンマ区切り (.csv) ファイルなど、Excel で大きなデータ セットを含むファイルを開いた場合は、"このデータ セットは Excel グリッドに対して大きすぎます。このブックを保存すると、読み込まれなかったデータが失われる可能性があります。" つまり、データセットが Excel で使用できる行または列の数を超えているので、一部のデータが読み込まれません。 

"このデータ セットは Excel グリッドに対して大きすぎます。 このブックを保存すると、読み込まれなかったデータが失われる」

 データが失うことを避けるために、追加の予防措置を講じすることが重要です。

  • データの取り込みを使用して Excel for PC でファイルを開く - PC 用 Excel アプリがある場合は、Power Query を使用してデータ セットを読み込み、ピボットテーブルで分析できます。

  • Excel でファイルを 保存しない - 元のファイルの上に保存すると、読み込まれなかったデータが失われる可能性があります。 これは不完全なデータ セットにもなっているのに注意してください。

  • 切り捨てられたコピーを保存する - ファイルを保存する必要がある場合は、[ファイル] の [コピーを保存] >移動します。 次に、元のファイルの切り捨てコピーである別の名前を入力します。

Excel のグリッドの制限を超えるデータ セットを開く方法

EXCEL for PC を使用すると、[データの取り込み] を使用してファイル インポートし、すべてのデータを読み込み込みできます。 データには Excel の行数と列数を超えるデータは表示されませんが、完全なデータ セットが存在し、データを失わずに分析できます。

  1. Excel で空白のブックを開きます。

  2. [テキスト /CSV ファイル] タブ に> ファイルを >し、[インポート] を選択 します。 [プレビュー] ダイアログ ボックスで、[ピボットテーブル レポート 読み込み> 選択します

  3. 読み込まれたら 、フィールド リストを使用して、ピボットテーブル内のフィールドを配置します。 ピボットテーブルは、データ セット全体を使用してデータを集計します。

  4. また、ピボットテーブル のデータを並べ替える、またはピボット テーブルのデータをフィルター処理することができます

Excel ファイル形式の制限の詳細

Excel を使用する場合は、使用しているファイル形式をメモすることが重要です。 .xls ファイル形式の各シートの行数は 65,536 行に制限されます。.xlsx ファイル形式のシートあたりの制限は 1,048,576 行です。 詳細については 、Excel および Excel の仕様と制限でサポートされているファイル形式 を参照してください

Excel の制限に達するのを防ぐには、.xls 形式ではなく .xlsx 形式を使用して、はるかに大きな制限を利用してください。 データ セットが .xlsx の制限を超えているとわかっている場合は、代替の回避策を使用してすべてのデータを開いて表示します。

ヒント: Excel でデータ セットを開いた場合は、すべてのデータがインポートされたのをクロスチェックしてください。 ソース ファイルの行数または列数を確認し、Excel で一致を確認できます。 この操作を行うには、行または列全体を選択し、Excel の下部にあるステータス バーにカウントを表示します。

関連記事

ブックをテキストまたは CSV ファイルに

テキスト (.txt または .csv)

外部データ ソース (Power Query)

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×