Excel スプレッドシートから Outlook に連絡先をインポートする

スプレッドシートに多数の仕事上の連絡先情報または個人的な連絡先情報が入っている場合、若干の準備を行うだけで、それをそのまま Windows 版の Outlook 2013、Outlook 2016 にインポートできます。 3つの主要な手順があります。

  1. Excel ブックを .csv ファイルとして保存します。

  2. 連絡先をインポートします。

  3. Excel のスプレッドシートの列を対応する Outlook のフィールドにマッピングします。

手順 1: Excel ブックを .csv ファイルとして保存する

Outlook にはコンマ区切り値 (.csv) ファイルをインポートできますが、複数のシートを持つブックはインポートできないので、手順 1 で Excel ブックを .csv ファイルとして保存します。 この方法を次に紹介します。

  1. ワークブックで、インポートする連絡先情報が含まれたワークシートをクリックします。

  2. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。

  3. ファイルの保存場所を選びます。

  4. [ファイルの種類] ボックスで、[CSV 形式 (カンマ区切り) (*.csv)] を選び、[保存] をクリックします。

    "選択したファイルの種類には、複数のシートを含むブックは含まれていません" というメッセージが表示されます。 CSV ファイルの制限を参照しています。元のブック (.xlsx ファイル) には何も起こりません。

  5. [OK] をクリックします。

    "CSV として保存すると、ブック内の一部の機能が失われる可能性があります" というメッセージが表示されます (カンマ区切り)。 これは CSV ファイルの制限のみを指し、無視することができます。

  6. 現在のワークシートを CSV ファイルとして保存 Excel には、[ はい] をクリックします。 元のブック (.xlsx ファイル) が閉じます。

  7. CSV ファイルを閉じます。

これで、Excel の作業は終了しました。 Outlook インポート プロセスを開始できます。

注: 一部のロケールでは、既定で使う区切り文字が異なります。 たとえば、ドイツ語の既定の区切り文字は、セミコロンです。 しかし、Outlook では、フィールドの区切り文字としてセミコロンはサポートされません。 そのような場合は、次の手順に進む前に、CSV ファイル内のすべてのセミコロンをコンマに置換することが必要になります。

手順 2: 連絡先をインポートする

注: .csv ファイルを Outlook 2013 の Outlook.com アカウント (または別の Exchange ActiveSync アカウント) にインポートする場合、「連絡先を Outlook.com アカウントにインポートする」を参照してください。

  1. Outlook リボンの上部にある [ファイル] を選択します。

    Outlook 2016 のリボンの外観。
  2. [開く/エクスポート]、[インポート/エクスポート] の順に選びます。

    Outlook pst ファイルを作成するには、[ファイル]、[開く/エクスポート]、[インポート/エクスポート] の順に選ぶ

  3. [他のプログラムまたはファイルからのインポート] を選び、[次へ] をクリックします。

    インポート/エクスポート ウィザード

    ヒント: パスワードを入力するように求めるメッセージが表示され、パスワードを設定していない場合は、[キャンセル] をクリックして次のウィンドウに移動します。

  4. [テキスト ファイル (カンマ区切り)] を選択し、[次へ] をクリックします。

  5. インポートする .csv ファイルを探して選びます。

  6. [オプション] で重複する連絡先が存在する場合は、既存の連絡先を置き換えるのか、重複する連絡先を作成するのか、それとも重複する連絡先はインポートしないのかを指定します。

  7. [次へ] をクリックし、連絡先のインポート先にするフォルダーを選びます。 既定では [連絡先] が選択されているはずですが、選択されていない場合は、スクロールして見つけてください。 保存先に別のフォルダーを選んだり、新しいフォルダーを作成することもできます。

  8. [次へ] をクリックします。

  9. ["MyContacts.csv" をインポートする]の横にあるチェックボックスがオンになっていることを確認します (ファイル名を指定していることを前提とします)。

  10. この後、CSV ファイル内の必要な列を Outlook の連絡先の各フィールドに "マッピング" する必要があるため、まだ [完了] はクリックしないでください。 マッピングは、計画どおりに連絡先がインポートされるようにするために役立ちます。

手順 3: CSV ファイルの列を Outlook の連絡先フィールドにマッピングする

  1. [フィールドの一致] をクリックします。 [フィールドの一致] ダイアログ ボックスが表示されます。

    • [インポート/エクスポート元] の下に、インポートする CSV ファイルに含まれている列の名前が表示されたボックスがあります。

    • [インポート/エクスポート先] の下には、Outlook で連絡先に使用される標準のフィールドが表示されます。 CSV ファイル内の列に一致するフィールドには、[元のフィールド] の下にその列が表示されます。

    • [名前]、[]、および [] は標準の Outlook 連絡先フィールドなので、ファイル内の連絡先情報にこれらの連絡先名のいずれかがあればそのまま進めます。

      excel から outlook の連絡先フィールドへのマッピング

  2. 手作業でのマッピングが必要な場合もあります。 たとえば、このインポート ファイルでは、連絡先の携帯電話番号が "Cell Ph." という名前の列に入っています。 この名前と完全に一致するフィールドは Outlook にはありません。 しかし、次のようにして、Outlook 内の適切な対応フィールドを見つけることができます。

    1. 右側のウィンドウを下向きにスクロールすると、[その他の住所] が見つかります。これには、横にプラス記号 ([+]) が表示されています。

    2. プラス記号をクリックしてこの項目を展開すると、この列にぴったりの [携帯電話] が見つかります。

  3. 左側のウィンドウの [Cell Ph] をドラッグして、右側のウィンドウの [携帯電話] の上にドロップします。

    これで、[Cell Ph] が [携帯電話] の行の [元のフィールド] 列に表示されます。

    [Cell ph] が Outlook の "携帯電話" フィールドにマッピングされている

  4. 左側ウィンドウの残りの値を右側ウィンドウの Outlook フィールドに 1 つずつドラッグします。 たとえば、連絡先の住所タイプに応じて、[住所] を [番地 (自宅)] または [番地 (会社)] にドラッグできます。

  5. [完了] をクリックします。

    連絡先が Outlook にインポートされます。

  6. Outlook 2016 で連絡先を表示するには、ナビゲーション バーでの下部にある [ユーザー] アイコンを選択します。

    ページの下部にある [ユーザー] アイコンを選択します。

関連項目

Outlook のメール、連絡先、予定表をインポートおよびエクスポートする

  1. 既存の連絡先フォルダーにインポートする場合は、手順3に進んでください。

  2. Outlook で新しいフォルダーを作成するには、[連絡先] フォルダーを右クリックし、[ 新しいフォルダー] をクリックして新しいフォルダーの名前を入力し、[ OK]をクリックします。

  3. リボンの [ファイル] タブをクリックし、メニューの [ 開く ] をクリックします。

  4. [インポート] タブをクリックします。 インポート/エクスポートウィザードが開きます。

  5. [他のプログラムまたはファイルからのインポート] を選択し、[次へ] をクリックします。

  6. [テキストファイル (Windows、カンマ区切り)] をクリックし、[ 次へ] をクリックします。

  7. 表示されたファイルが適切なファイルではない場合は、[ 参照 ] をクリックして、手順3で説明したフォルダーを参照し、そのファイルをダブルクリックして選びます。

  8. 新しいフォルダーにインポートする場合、[オプション] の設定は重複していないため、無効になります。 新しいフォルダーにインポートしない場合は、最も論理的な選択範囲を選択します。 確認できない場合は、[ 重複の許可 ] をクリックし、[ 次へ] をクリックします。

  9. 作成した [連絡先] フォルダーまたは別の連絡先の種類のフォルダーをクリックし、[ 次へ] をクリックします。

  10. スプレッドシートの1行目の列名が Outlook フィールドに正しく対応付けられているかどうかがわからない場合は、[ ユーザー設定フィールドのマップ ] をクリックして確認します。

  1. 既存の連絡先フォルダーにインポートする場合は、手順3に進んでください。

  2. Outlook で新しいフォルダーを作成するには、[ 連絡先] をクリックし、[連絡先] フォルダーを右クリックして、[ 新しいフォルダー] をクリックし、新しいフォルダーの名前を入力して、[ OK]をクリックします。

  3. [ ファイル ] メニューの [ インポートとエクスポート] をクリックします。

  4. [他のプログラムまたはファイルからのインポート] を選択し、[ 次へ] をクリックします。

  5. [テキストファイル (Windows、カンマ区切り)] をクリックし、[ 次へ] をクリックします。

  6. 表示されたファイルが適切なファイルではない場合は、[ 参照] をクリックして、手順3で示されたフォルダーを参照し、そのファイルをダブルクリックして選びます。

  7. 新しいフォルダーにインポートする場合、[オプション] の設定は重複していないため、無効になります。 選択されていない場合は、最も論理的な選択範囲を選択します。 確認できない場合は、[ 重複の許可 ] をクリックし、[ 次へ] をクリックします。

  8. [連絡先] フォルダーまたは作成したその他の連絡先の種類のフォルダーをクリックしてインポートし、[ 次へ] をクリックします。

  9. スプレッドシートの1行目の列名が Outlook フィールドに正しく対応付けられているかどうかがわからない場合は、[ ユーザー設定フィールドのマップ ] をクリックして確認します。

    注: [ マップ] フィールド を使用できない場合は、インポート先として連絡先以外の種類のフォルダーを選択しています。 [戻る] をクリックして、適切なフォルダーを選びます。 マッピングに問題がなければ、[ OK ] をクリックして [ ユーザー設定フィールドのマップ ] ダイアログボックスを閉じ、[ 完了] をクリックします。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×